« 冬の大六角形 | トップページ | 飯盒炊爨・・・覚書 »

2007年12月18日 (火)

ポーラースター

ロクナナ魚眼による星野です。

Polar_fix

ASAHI PENTAX 6×7/smc PENTAX67 FISH-EYE 1:4.5 35mm絞り開放 露出約20分
エクタクロームE200 一段増感 固定法 撮影19・12・2

追尾編

Polar_guide

ASAHI PENTAX 6×7/smc PENTAX67 FISH-EYE 1:4.5 35mm絞り開放 露出約20分
エクタクロームE200 一段増感 SPACEBOYで追尾 撮影19・12・3

わが町も北天はまあまあの暗さ。ポジのスキャンも無理にレベル補正しなくても、スキャナ任せがほぼベスト。実は、冬の大6角形のときは、何とか空の暗さを出そうと、難儀しました。
・・・

進学して、東京のとある学生寮にお世話になることになった。
四畳半に2人の、今からすれば2度と御免の環境でしたが、親元を離れた生活と、好きな分野の学校学部に入れたことで、気持ちははつらつとしていた。

1年先輩のオーディオからは、よなよな音楽が流れる。
わけのわからない電磁気学の宿題にへろへろの頭には、最初は、正直ちょっとうるさい
な、と思ったのです。

しかし、何回か聞いているうちに、八神純子の曲は印象に残った。
透き通った彼女の声は、いつしか一服の清涼剤となっていた。
♪・・・私のポーラースター・・・
この曲を聴くと、今でもあのころのはつらつとした日々を思い出します。

いつも、昔は良かった調ですみません。m(_ _)m
PP TB企画歌に寄せてにTBします。

|

« 冬の大六角形 | トップページ | 飯盒炊爨・・・覚書 »

コメント

澄み切った夜空、星空の様子がよく伝わってきます。
懐の大きい(しかも中判)銀塩カメラの特徴がよく分かるというか、生かされていますね。
#う~む、今夏以降、銀塩カメラで1コマも撮ってない..(猛省)

投稿: Ken28 | 2007年12月19日 (水) 13:14

>Ken28様

2日ほど前は、一段と冷えました。
すばらしい夜空が覗いたのです。あいにく勤務で写真は取れませんでしたが。
ああ、きれいだなぁ、という感動が先にあって、銀塩でじっくり撮る。
たまにはいいと思います。

うちでは645が失職中です。
55mmの広角レンズと込みで買い取り価格を見てもらったら6k円・・・とほほ。
大事に使うことにしました。

投稿: 豚磨 | 2007年12月19日 (水) 22:53

良いですね~、67魚眼!
トレイルも点像も緻密な描写で見応えがあります。
今度はもっと絞ってぜひ弧を描く北極星も見せてください♪

投稿: Fuuma-mfuk | 2007年12月20日 (木) 00:01

>Fuuma-mfuk様

画質はいいけど、67にこだわると重いカメラ。それをを支えるために重い架台、三脚。
それを運び込むザックも大きくなり、荷物の目方はさらに増えてorz
それでも、できあがった作品を見ると疲れも吹き飛ぶ・・・ような良い作品を生み出してみたいものです(笑)
赤道儀ばかりにこだわらず、固定法も、長時間露出をはじめ、もっともっとやってみたいテーマはあります。が、
今のテーマは「川の流れのような天の川を求めて。」なのです。
南天の暗い場所へどうやっていこうか、思案中。。。

投稿: 豚磨 | 2007年12月21日 (金) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/17403336

この記事へのトラックバック一覧です: ポーラースター:

« 冬の大六角形 | トップページ | 飯盒炊爨・・・覚書 »