« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

ウヲノメ霜対策

67魚眼の霜対策はいろいろ考えてみたが。
・使い捨てカイロ系は、化学変化に水が介在するため、氷点下では進行が止まってしまう。
・ベンジンも極低温では同じく、立ち消えを経験した。また、形状が密着しにくく、67魚眼にはフィットしにくい。

そこで、電熱式で試行してみた。
ヒーターは長さ1.5m、電力35Wの水道凍結防止帯。100Vで35Wと言うことは、抵抗は285Ω程度。魚眼一周を巻ける長さに切ると、30Ω。エネループ10本12Vを印加すると400mA流れるはずであるが、実測360mA程度であった。電池の内部抵抗も関係していると思う。容量1900mAhのエネループでは計算の上では4時間強は持つはずである。4Wほどの発熱で霜防止に有効なのか心配ではあるが、ともかく実験してみた。

続きを読む "ウヲノメ霜対策"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

キハE200の近況

1・30、キハE200は運転されなかった。
原因は不明。

最近は、停車中もエンジンがかかっている時間が長い。
朝方は、20分停車中に3分ぐらい停止している程度なのだ。
寒くて電気暖房に多くの電力を要するからなのか、エンジンの水温を維持するためなのか。ハイブリッドのメリットが、はたからはあまり感じられない。
一方、音から判断して、回生ブレーキは停止直前まで有効に動作しているように感じる。

2月中旬からはしばらく戦列を離れて、臨時的検査に入ると予告が出ている。
デビューより半年強。いろいろと調査、手直しがなされ、今後につながっていくのでありましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

K20D発表祝・・・画素ピッチ調査

 K20DはAPS-Cサイズの撮像素子では、今のところ最多画素数であります。
PENTAX HPの体験画像からは、その綿密さには息を呑みます。
きめ細かさに関しては、ひょっとしたら中判銀塩の存在意義すら危うく思えるようにも思います。
(ただ、階調表現性、色再現性についてはまだわからない)

一方、画素サイズが小さくなると、ノイズ、ダイナミックレンジに関しては不利であることはよく言われます。
他のメーカーも含め、今回のサムスン製CMOSは画素ピッチからみて、どんな位置にいるのでしょうか。間抜けな集計をしてみました。

続きを読む "K20D発表祝・・・画素ピッチ調査"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

K20D、K200D

昨年春ころのPENTAX自らの声明にあったように、「今後の新製品は、小改良ではない。」
APS-Cしか出さないか、に対しては、そのうち撮像素子メーカーがフルサイズしか供給しないかも、などど半分ジョークで応対していたのが思い出される。
開発におけるサムスン比率を高めることも公言していた。

新聞発表まであと2日まで迫りましたが、うわさ情報によれば、K200DはK100Dの正常進化版、問題はK20D。

続きを読む "K20D、K200D"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

チャリ記録122

1.22、少し寒さが緩んだ。
ちょっと所用もあり、しばらくぶりにCS2500にまたがった。

Shike

 なにか、この天気のように気分がすっきりしない。
それは、1/17に新品で入れたLXの電池が、1コマも使ってないのにもう消耗してきていることもある。やっぱり治癒しなかった。
 2ヶ月弱乗らない車(もちろん自分が運転するわけではないが)のバッテリーが、エンジンがかからないほどに放電していたこともある。
 
 東風吹かば エンジンかかれ シエンタよ あるじなしとて 春を忘るな

続きを読む "チャリ記録122"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

男山(2)

頂上からの眺めはすばらしい。
南西、野辺山高原方向。あいにく、八ヶ岳は雲の中。

Otoko1

以後、幅600ピクセルの画像が5枚+おまけ1枚あります。あしからず。

続きを読む "男山(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男山(1)

男山は、JR小海線信濃川上駅から割と近いところにある。
標高は1851m

Otoko_map

JR駅から徒歩のみでアプローチできるのはありがたい。

続きを読む "男山(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

懐かしのME

 私の2番目のPENTAXがME。SPは一応、家のカメラという名目ではあったが、実際にはほとんど専用していた。
 高校の写真部入部ということで買ってもらったのがME。
 写真を勉強するのなら、今から考えればマニュアルシャッターのある機種だろう。
タクマーも流用できることを考えてPENTAXから選べばMXだったと思うのだが、金属羽根のシャッターに興味があり、マニュアル機ならSPもあることだし、AEも経験してみたかった。
K2は高嶺の花だったのでMEを選んだ。

 ところが、多分自転車ごとドブに落ちたことが原因かと記憶するのだが、そのAEがときどき不調になって、肝心なときに限って、露出がどアンダーになる。

S_dial

AEがだめならBと1/100しか選択の余地はないので、ひどく不自由なカメラとなった。
いつしか使わなくなって、処分してしまった。
それから月日は流れ・・・

続きを読む "懐かしのME"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

M28/2.8修理記録

絞りの粘ったsmc PENTAX-M28/2.8レンズ
今となっては、この手のレンズもだんだんと貴重になってきている。
すでに、田舎では手に入りにくい。

以前にM35/2.8レンズが同様の症状で、意外と楽勝に直せたので今回も夕飯前だろうと思っていた。が、意外とてこずった。
もちろん、今度は「遭難」しないように、都度OptioW30で記録しながら、迷いそうだったら一歩戻って自分なりに慎重に作業した。(以下十数枚も画像がありますので注意。)

まずは、前面の飾り銘板を回して外す。ゴム製の冶具、なければ程よく使ったビニールテープ巻きで代用。

Take1

続きを読む "M28/2.8修理記録"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

山岳遭難・・・ケーススタディ

登山関係の本を徐々に読み進めている今日この頃ですが、
何をそろえたらいいのか、何に注意したらいいのか、試行錯誤の途上です。
前には、ベテランについていって、天候不良で「引き返す。」という判断をリーダーが下し、従いました。が、内心それほどでもないのにどうして?と思った。
下山後、やはり天気が崩れて、「なるほどさすがだ。」と感心したものです。
しかし、天体写真を視野に入れた山登りは、単独行の機会が多くなるに違いない。
”~になる前に~する”判断が重要なのは間違いない。

こんな本を読んでみた。
ドキュメント、なので一般論と違い、文のひとつひとつに説得力がある。

Sounan

あっという間に読みきった。

続きを読む "山岳遭難・・・ケーススタディ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

平尾山

平尾山は平尾富士といういっちょまえの名前を持っている。
小学校のとき以来、35年ぶりの登山だ。

Mthirao

スキー場が拓かれ、高速道路や新幹線も見えて、35年前では想像もつかない景色。

続きを読む "平尾山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

久々にロードにまたがった

本日は、やや冷え込みも和らいだ。
加えて、ちょっとうれしいことに、TNI用のサイコンが自宅の庭から見つかった(笑)
以前、夜間走行中パンクし、パンク修理後走行しだしたところ、サイコンを落とした。
そのときは、探して回収したはずなのだが、帰宅後消息不明だった。
何のことはない、着いてから、庭で落としただけだったのだ。

Cyclecoms

一月半でタイヤの空気圧は780kPaから550kPa程度に減っていた。600kPaくらいまでは短期間に減るが、その後はわりと持つ感じがする。

空気圧を調整して、ちょっくら、隣町まで久々のロードで。

続きを読む "久々にロードにまたがった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

気分転換

電車でいけるスキー場へ。

Karu_pri_top

去年も行っているので、アクセスに困難はなかったが、混んでいて参った。

続きを読む "気分転換"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。
職業柄、年越しの夜を自宅ですごすことは少ないのですが、今年は人並みに自宅で年を越しました。

Nakasenndou

昨日は雪雲に閉ざされていましたが、気づけばいい天気。
PENTAXも新機種が噂されているし、少しは元気出るかな?

久しぶりにチャリでコンビニへ。
Dst5.5km Odo77.3km
初買い物はLR44電池(笑)

続きを読む "謹賀新年"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »