« カノープスハント2008 | トップページ | すきま風 »

2008年2月12日 (火)

今年は製造より40年

それほどドカ雪ではないけれど、こまめに雪が補給されて、まーずかなわん。
チャリもダメ、星見もダメ、雪山は・・・そんな技術も装備も根性もない。ふさがるー。
そう、169系でも撮っておくか。
信濃追分~御代田間2603M

Feb12_08_2603m3

PENTAX K10D/smc PENTAX-DA  1:4-5.6  50-200mm  ED  F8/ かなりトリミング

 ところで、169系電車、秋にはデビュー40年を迎えます。

後姿も哀愁を帯びています。
しかし、走りそのものは軽快。

Feb12_082603m4

一枚目が115系でなくて169系であることは、そういう興味のある人には容易に区別できると思われる。
 では、二枚目の画像が115系1000台でなく169系であるというポイントは・・・。

屋根に主電動機冷却風取入れ口(扁平横長の四角い箱)がある。
かなりマニアックでやぁねーm(_ _)m
または、屋根上のクーラーの形状(169系はクモハとクハは分散型=今川焼き5丁、モハは集中型=かまぼこ1丁・・・のところ115系は全車集中型)


40年前、1968年の思い出。
この地、信越本線に堂々12両の急行電車が登場した。これこそが169系であります。
まだ特急あさまはポンコツ181系で、貧相な8両。12両化は1975年の189系までおあずけ。
白山はまだ客車急行。12両化、電車特急になったのは1971年の489系までおあずけ。
当時は「はくたか」は信越線回りのディーゼル特急で、特急のくせに25‰の坂はあえぎあえぎ上っていった。電気機関車牽引の鈍行のほうが速かった。
 「電気の力ってすごいな・・・。」
 これを夕方になると開かずの踏み切りでずっと眺めていた、はなたれ小僧は、後に電気工学を志す(笑)

Mc169_13_20081

以下、--------    -----------はマニア向け。ご注意。
-------------------------------------------------------------------------

さて、↑の写真で115系1000台でもなく、165系でもない、169系である決定的な証拠はどこでしょう。

ジャンパー栓(車両前面右下から伸びる象の鼻のような電線の束)が2本しかない。

しかし、そのすぐ根元にもうひとつ栓受けがある。
(↓水色囲み)

Mc169_13_ke_2
 
これこそが、(いまは使っていないし使う必要もないわけであるが)協調運転のための、協調ジャンパーの栓受けであります。
 
 ※協調運転:
 横川~軽井沢間の急勾配66.7‰を超えるとき、専用機関車EF63を連結した。
 その機関車からの電気指令をこの栓受けで受けて、169系自身も機関車の力に歩調をあわせて・・・登り勾配ではモーターを駆動して登り、下り勾配ではモーターを発電機として抑速ブレーキをかけて・・・12両でも無理なく峠を越えられるようにした。協調運転をしない電車は最大8両に制限されていた。

 さらにマニアなら、クモハの床下にFKBなる箱↓があるのに気づくだろう。

Fkb

気づく人は重症!(笑) しかし、これこそ169系の証。
 機関車の力に見合ったちょうどよい力を出すために=直列段での弱め界磁を構成するために=増設されたスイッチ群である。
 そのほか、この区間のためのいくつかの安全装備があります。

--------------------------------------------------------------------------

さて、自分なりに1968年で思い浮かぶものは・・・。
いすゞ117クーペ。まずこれかい!(笑) やがて、いすゞの乗用車がなくなるとは!
・スバル360ヤングSS・・・てんとうむしの晩年。翌年よりR2になる。
・アポロ5、6、7、8号。あの11号の月面着陸の前年。
・アサヒペンタックス6×7、フォトキナに出品。翌年市販される。
・ブルーライトヨコハマ・・・いしだあゆみが歌っていた。
まだうちのテレビは白黒、ウルトラマンのカラータイマーも、マグマ大使の金髪も、それと実感するにはあと3年必要だった。
十年一昔といいますが・・・さすがに40年前となると、えらく前のような。ふぁーぁ。

|

« カノープスハント2008 | トップページ | すきま風 »

コメント

デビュー40年!ですか。素晴らしい(?)です。
昔の奴だから頑丈一筋、増結 解放の手間がかかろうと知った事でない。
こう言う奴こそ親しまれるんです(本当かね)
家の近所では増結だってまったく気づかずあっと言う間に終わってしまい
スマートそのもの。こんな優秀な奴はすぐに忘れられてしまうんです。

しなの鉄道ばんざい!田舎ばんざい!(家も田舎だった)(飯田線にまだ古い奴が居た)
失礼しました、冗談ばっかりですから。


ところで協調運転後走行中に解放ってのは無かったでしょうか?

投稿: suge | 2008年2月12日 (火) 20:12

お久しぶりです。
マニアックなネタですねぇ。
思わず読み入ってしまいました(笑)

それはそうとこの秋でもう40年ですか。
新車の話も出ては消えを繰り返していますが、
さすがに車齢を考えると今のウチから記録は残しておきたいですね。
この冬は撮影に行けるかな??

投稿: しんいち | 2008年2月12日 (火) 23:37

最近鉄道ネタがなくなっていたので、なかなかさびしい思いを
していたのですが、いったんやるとなると、こういった1球入魂
のような力作ネタを披露してくるのですから、お人柄が・・・
よくわかりません(笑

さて、以前NHKで鉄マニアの番組を見ましたが、そのときに
ジャンパーフェチなるかたが紹介されていました。ジャンパー
撮影に生きがいを感じるという人で鉄マニアは奥が深いと
感心しました。今回のネタもとても参考になりました。

当方ブログのしなの鉄道カテゴリーを振り返ると169系
撮っていませんでした。みな115系でした

今年は40年ということではないですが撮ってみます。

投稿: baja | 2008年2月13日 (水) 10:02

「白山」が急行であったことは乗車経験があるので知っていましたが、「はくたか」が信越線を走っていたとは知りませんでした。
(#上越回りの「はくたか」と思っていた)
ところで、先日TVで、東京から西方面への寝台車が廃止されるとのニュースを見ました。
数年前、帝都へ寝台車「能登」で出た記憶がありますが、上越?信越?どちらを使ったのだろう?
寝ぼけていて覚えていません..(長岡回りだったのかな?)

投稿: Ken28 | 2008年2月13日 (水) 13:20

>suge様

もっともっと古い車両を抱えているところは、ローカル私鉄にはあると思います。
ただ、ここは(ローカルとしては)比較的高速で走り、年間走行距離も多めです。
40年で550万キロメートルほど走行したものもあります。
そういった観点からは、40年はそろそろ限界かと思われ。。。
頑固に見える鉄道車両にも寿命はあります。

営業列車では分割に5分、連結に10分かけていますが、都会から来た人は「何でこんなに時間がかかるのか。。。」
と不思議そうです。
新型は、ジャンパー栓などというものは見当たらず”電連”で、自動的にドッキングしますからね。

山陽本線の「セノハチ」では補機の走行中開放があったらしいですが、碓氷峠ではやっていませんでした。
急勾配で特殊な運転形態のためかと。かま飯を買うための時間の確保ではないのですが、そう思っている人もいました(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年2月14日 (木) 22:34

>しんいち様

お久しぶりです。
マニアック度は中級編かな(笑)

今のうちから写真は心がけておきたいですよね。
軽井沢へは、あまり入ってこないのがネックです。
いろいろな季節、天気の169を撮っていきたいと思っております。

投稿: 豚磨 | 2008年2月14日 (木) 22:44

>baja様

そうとう精神的にもムラがあるようですorz

>ジャンパーフェチ
いやー、そんな分野があるとは知りませんでした(笑)
小海線をはじめ、新型は、”電連”という箱で電気指令系統も自動的に連結してしまいますからジャンパーは見えず、その人たちの将来が心配です(笑)。

>169系
小諸~軽井沢間では、しな鉄HPの時刻表にある列車番号の、平日に限る日中2614M、753M、754M、2603Mしかなく、それも115系の日もあります。夜は平日に限る2670M、2783Mですが、夜ですので撮影は難しく、チャンスは意外と限られます。
ぜひ、169系があるうちに(!)チャレンジしてください。

投稿: 豚磨 | 2008年2月14日 (木) 23:04

>Ken28様

「はくたか」S40-S44途中まで、信越線まわり金沢-上野のディーゼル特急の時期がありました。
こんなサイトがありましたので、ご参考に(^^;)
http://snufking.hp.infoseek.co.jp/Tokusyu-Hakutaka.htm

>数年前、寝台車「能登」
ここ十年以内ですと、すでに横川-軽井沢間が廃止されていますので、長岡周りと言うことになります。
ただ、電車なので寝台は付いていないかと思われます。
それ以前だと、寝台「能登」は長野周りの時期も、長岡周りの時期もありまして、特定は難しいと思われます。
こんなサイトがありました(^^;)
http://members.jcom.home.ne.jp/noto/index.html
このなかの急行「能登」の歴史をごらんいただけば特定できるかと。。。
いずれにしても、信州人にはすでに懐かしく思うだけの列車になったのはちょっと寂しいものです。

投稿: 豚磨 | 2008年2月14日 (木) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は製造より40年:

« カノープスハント2008 | トップページ | すきま風 »