« すきま風 | トップページ | DA10-17魚眼試写 »

2008年2月15日 (金)

バレンタインデーのカノープス

 バレンタインデーといっても、そんなのほぼ関係ない。
ムスメはなにやら作ったようだが、友チョコらしい。
まだ人称代名詞も it  で受けるのがふさわしいコドモ(笑)
 が、この時期チョコが増えて、あるとなんとなく口にしてしまうf(+_+)☆\(-_-#)バキッ
しかし、チャリのOdoメーターは冬場は、さっぱり伸びません。
 いざ乗ってみれば案外気分は上々なのだが、その気になるまでが問題。
すなわち 「この寒さでは、凍み死んじまう。」と億劫な気持ちが優勢な冬型の気持配置。
チャリに乗るようになって春夏秋は運動不足も解消したが、冬場の運動不足をどうするかは、課題だ。

ということで、ちょっとだけカロリー消費に、隣町の境界までCS2500を走らせた。
小諸市塩野地籍の道端で横着を決め込む。
カノープスの滞空時間が、この近所ではMAXと思われる場所なのだが・・・

Cano08214_0

PENTAX K10D/smc PENTAX-FA☆ 1:2  24mm  AL F4/30sec  ISO400
2/14 20:46撮影

ダメだ。わからない。2分露出バージョンは、完全に光害かぶり。
この画像は30秒に短縮したものだが、それでもだめだ。雲があるようだ。

今日2・14は、上弦の月が光り、条件は良くはありません。
低空の雲もすっきり退かないので、敗北かな。

「あの町明かりのいくつもの場所で、チョコがプレゼントされたり食していたりするのだろうか。」などとぼやきながら、撤収を考え始める。

それでも、おぢさんは待ちました。
しばらくすると肉眼でも、たまーに、それらしき場所が瞬いている気がするのです。

Canopus_feb14_08

カメラ、レンズは同じ。30sec  ISO250  20:49撮影

DSLRは即日開票ができ、気のせいか否か検証できるのがいい。
今日は、どうやら勝利のようだ。わずか3分経過しただけで状況が変わった。
それでもアンシャープマスク500%もかけた、ひどい画像にしないと明確にはわかりにくい。

Cano08214_2

30sec ISO250  21:03撮影

おおいぬはだいぶ西に傾いたが、まだいけそうだ。
滞空時間は確かに長そうだ。
しかし、もう寒さが限度。撤収しました。あー、弱虫(笑)

それにしても、以前はこんなに町明かりでかぶったかな?と首をひねりました。
以前は1月に撮ったが、もっと明かりはひどくなかった。
思い当たる節が。カノープス南中(少し前)は、およそ、

2・14だと20:30
1・8 だと23:00

1月上旬だと深夜帯になるので、良い子はそろそろ寝んね、消灯する家も出てくる。
ということは、

12・24なら24:00
11・23なら2:00

というわけで、晩秋に狙えば、町明かりもいくらかは暗く、長く光跡を引いたカノープスも撮れるのでは、と思った。

|

« すきま風 | トップページ | DA10-17魚眼試写 »

コメント

小諸市塩野地籍の道端で、チャリで・・・すごいなあ。
真楽寺そばですか

想像してみるに道端では怪しまれませんかね。

苦心作の写真は机上で妄想した通りの絵柄で、八ヶ岳東山麓
の線と秩父山系の山の線とがちょうど合わさった一番低いところ
が南中になっているがよくわかります。

窪みからわずか上に見えるのがカノープスですか?
窪みあたりの頂部は1500mくらいだと思いますので
本当にすれすれなんですね。

撮影地計画している農業大学近くは標高は800m程度
南中が八ヶ岳東山麓の1700m付近なのでもっと条件が
悪いですね。難しいかなこりゃ。

しかし、「良くまあ、凍み死んじまわねえで済んだなあ」
と感心。

投稿: baja | 2008年2月16日 (土) 13:25

>baja様

真楽寺の西方の坂を上りきったあたりです。
人家が途切れるので、怪しまれる心配はないと信じます(笑)

2枚目の山並みの最低部からわずかに上に光っているのが目当てのカノープスです。

高い山でも遠くから見れは、見通し角度は低くなります。
御代田のツルヤ近くでは、茂来山の少し西から顔を出します。
やってみなければなんともいえないところが・・・面白いのです。

到着直後は肉エンジンをふかしてきましたので、暖かいのですが、どんどん冷えてきます。
30分で冷凍直前な感覚です(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年2月16日 (土) 23:08

寒中の出動、お疲れ様です。

今年は諸事情から出遅れてしまいました。この週末を逃がすと、ちょっと厳しい感じかなぁ。
今晩も、昼間は晴れるものの、予報では夜は雲が多そうで困ったものです。

投稿: ich | 2008年2月17日 (日) 07:47

寒波の連続で、カノープスはおろか星見そのものが滞り気味です。
で、隣県飛騨の山間にもカノープスポイントがありそうですが、所要時間も2時間はかかりそう..
で、考えてみれば、信州の御地まで2時間余?3時間内?で到達できそうではないか。
でも、仮に21時南中としても夕方暗くなる前に出ないと..。
=今季カノープスハントは無理そう。(カノープスだけのために県外脱出するのも何だか?)

投稿: Ken28 | 2008年2月17日 (日) 12:11

>ich様

TBありがとうございます。
安房勝浦篇、一回目は雲が多いようでしたが、二回目は、すかさずチャンスを捉えていますね。
こちらとは、カノープスの明るさが違います。
なかなか、雲ひとつない快晴というのは望めないものですが、海から山からゲットできたので良しとしましょう。

>Ken28様

こちらも寒波で、なかなかすっきりと晴れません。
こまめに雪が追加されます。
赤道儀での追尾撮影ができるような天気に、なかなかなりません。
富山から観測成功できれば、画期的ですね。
信州まで2~3時間。。。野尻湖あたりから見た人もいるようです。
私のところよりは難易度が高いと思われます。
たしかに、ついでがあれば別ですが、カノープスだけでの県外脱出は”採算”が合わないとは思いますが。。。

投稿: 豚磨 | 2008年2月18日 (月) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/40134749

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデーのカノープス:

» カノープス・ハント2008~安房勝浦篇~ [ich's Notebook]
昨晩に続いてのカノープス・ハンティング。首尾のほどは・・。 K10D DA DA [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 00:10

« すきま風 | トップページ | DA10-17魚眼試写 »