« さらば、すばるよ~。 | トップページ | K10Dダークフレーム »

2008年3月 8日 (土)

調律

ある日、娘は言い放った。
「うちのピアノ、調律狂ってる。」
練習したくない口実でも作っている?と思うことにした。
でも、なんとなく、いやけっこうたるんだ音階なのは素人でもわかる。
蓋の中にあった記録カードを見ると、かれこれ16年ほど調律してない!
調律が必要なのは明らか。
しかし、ペンタックスにお布施をしたいオトーサンは、ここで判断を誤る。

蓋を開けて中を覗くと、弦がいっぱい張ってある。
うーん。。。

Tuning

ギターのチューニングのように、弦の張りを変えて、音程を合わせればいいのだな。
基準になる音は。。。PCの作曲ソフトで音を出せばいいではないか。
ボックスレンチの反対の四角の穴が、ちょうど弦の張りを調整するピンにはまる。
自分でやってしまえ。。。

が、中音~高音はひとつの音に3本の弦が張ってある。
さあ、いじりだしたらわけがわからないorz
(準備段階でフェルトのようなものを隣の音の弦の間につめ、3本の真ん中だけ響くようにすればいいと知ったのは、遭難の後。)

うなって いるのは今いじっている弦とPCの基準音となのか、3本ある隣同士なのか???
そして、ギターのようにウォームギアで減速されているわけではないので、回転角に対する音程の変化は非常にシビアである。
おまけに最初の調律より32年ほど経っている。弦の首がかなり錆びている。
遭難の準備は出来ていた。

経年で、高いほうの音はだいぶ音程が落ちていたのは、素人にも明白だった。
夢中で張力を上げて合わせた。
と、「ビギャン!」・・・断末魔の叫びorz
ああ、やっちまった(^^;)
ムスメのピアノ発表会は近かった。

こわれて出ないおとーがあるー。どうしよー、どうしよー♪

ギターの弦のように、ピアノの弦も売っているのでは、と町の楽器屋に行ってみた。
・・・
「デリケートな感性と多くの経験、工具も必要です。プロに任せるべきでしょう。」
自分でも予想した、当然とも思える返事が返ってきた。
しかし、せめて切れた弦は何とか張り替えて、いちおう格好にしたい。

貧すれば鈍す。ホームセンターで園芸コーナーに確か「ピアノ線」が売っていたはず。
11mで188円位。
ちょっとツヤが違うような気もするが、ピアノ線という商品なのだからいいのでは、と太さがなから合うのを買った。
見よう見まねで張り替えた。
一応、音は出るようにした。

が、一気に調律できず中途で終わってしまった。
ムスメにはすこぶる不評であった。
まだいじっていないところとかえって音程がばらついて、非常に不愉快な音になるのであるorz

寸暇を惜しんで(?)作業し、まあなんとか、一応自分なりにOKを出した。

ブルグミュラー25練習曲も途中で終わった、昔どこにでもいた、かつてのおけいこごとピアノ少年は、昔を思い出して弾いてみた。
なんか、和音の音程が”イモ臭い”ところがある。
絶対的音程は、PCと鳴き比べして、調律前より所定に近づいたのはいいとして、相対的な和音、倍音を調整する、と言う観点に立っていなかった。
特定和音のうなりの数でも調整するのだそうだ。

世の中には、その道専門のプロがいる。あらためてそう思った。
しかし、ここまできたら、うなりの理論も納得して、もう少し完璧に合わせようと思う。

|

« さらば、すばるよ~。 | トップページ | K10Dダークフレーム »

コメント

うーん ついに調律まで自分でやっちゃいますか(驚)
まあ弦の数がギターよりちょっと多いだけかもしれませんが…
不器用な私は自転車で精一杯です(笑)

投稿: 極楽蜻蛉 | 2008年3月 8日 (土) 22:20

>デリケートな感性
これが一番重要と思われる案件。

あとは。。。これから準備できますから!!(笑

\(^O^)/ガンバレー\(^O^)/

投稿: まきげ | 2008年3月 8日 (土) 23:22

さすが園芸コーナーのピアノ線、”イモ臭い”音が出るんですね。

しかしなんでもかんでもご自分でやってみるところ、感心します。

あ、今日、K20D触ってきました。
シャッター音が、パコカシャって感じでなんかチープだったけど、
AFは思ったより遅くなかったです。
ISO1600でも、ノイズがほとんど気になりませんでした。
カスタマイズしたらとても使い勝手が良くなりそうで、
なんとか手に入れたいと考えております。

投稿: でぱいゆ | 2008年3月 9日 (日) 01:09

いやはや、恐れ入りました。
自分は音感ゼロなので(音痴では無いつもりですが 笑)、楽器の調律など思いもよりません。(^^;

>特定和音のうなりの数でも調整するのだそうだ
音の響きという観点からすれば、大切なんでしょうね。

「うなり」=「スーパーヘテロダイン」なんて単語を連想しちゃいました。(笑)

投稿: ich | 2008年3月 9日 (日) 04:35

>極楽蜻蛉様

楽器店には、ギターのようなつもりではとても無理ですよ、と言われました(^^;)
低いほうから10音が1本の弦、その次の19音が2本、のこり59音が3本の弦、全部で225本の弦orz
自転車の手組みホイールのフレ取りように、根気よく完成度を高める点では似ていますが、異なった感性が要求
されるようですorz

>まきげ様

>デリケートな感性
(^^;)(汗)そんなの、もちあわせているかなぁ~。
なんとなく変な音だ、と言うことはわかりますが。
うなりの理論で理論武装して再度挑戦してみます。
でも、その前に金属疲労で弦が限界かも(寒)

>でばいゆ様

イモ臭い・・・ここでは、なんとなく垢抜けないという気持ちをこめていますが・・・多分、微妙にハーモニーが狂っているからだと思われます。
園芸コーナーにあったからではない。と、たぶん、思うのですが(笑)

K20D、実機触れられたのですね。
一般的撮影の多くの場面で、K10Dを超えたクオリティーが得られると思われます。
気の利いた機能も充実していますし。
私は・・・今回はどうもレンズ充実に回りそうな気がします。

>ich様

えらいこと、手を出してしまいました。
甘く見て遭難したようなものです。
貧乏暇なし、と言いますが、残業のつきようも無い職種ですので、お布施をするには、
必要経費を浮かすしかなく、しかし結局かえって金がかかったり・・・(爆)

16年調律してない、といったら調律に2~5万円かかるといわれて(^^;)
アップライトピアノの相場をネットで調べると1万2千円程度なので、あせりました。

それぞれの職人のプロの世界の深さを垣間見る結果になりました。

今のピアノの状態は、ラジオでいうと、調整の悪いスーパーヘテロダイン→スーパーヘンテコダイン状態。
うなり、ハーモニクスはかつての研究分野だっただけに、引っ込みがつきませんorz

投稿: 豚磨 | 2008年3月10日 (月) 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/40428338

この記事へのトラックバック一覧です: 調律:

« さらば、すばるよ~。 | トップページ | K10Dダークフレーム »