« キハE200復活 | トップページ | さらば、すばるよ~。 »

2008年3月 2日 (日)

TATSUNO QUALITY

最近、オリンパスのレンズ広告の片隅に、この文字列を見つけた。
最初は、レンズのマイスターに龍野さんという人でもいるのかと思ったが、描かれている山並みが、長野県の辰野町を想起させる。

オリンパスのHPを見ると、やはり地名(オリンパスの辰野事業所がある)にちなんでいることがわかった。

娘の出生地でもあり、昔は辰野の近所に住んでいたこともあり、前職のときは業務でOMの生産ラインを見学したこともあった。ちょっと懐かしく思った。

ZUIKO DIGITALは一からDSLR用に構築された。
オールドレンズも楽しむペンタックスとはある種対極にある。

K20Dが発表になって、喜びもつかの間、また、なにか悶々としたものがある。
自分でも、なぜかはよくわからない。
いや、正直なところを言うと、レンズに気合が感じられない。
例えばDA☆200/2.8は、どうも、銀塩時代のFA☆の焼き直しのように感じる。
それならD-FA☆で出して欲しい。まあ、それはともかく、
結果がよければそれでもいい。雑誌に載った一枚の写真とそのコメント
「高輝度部分に多少色にじみが生じるが・・・」レンズの評価は、そんな一言で決まるものではない。
しかし、素人が雑誌を通してちょっと見ただけで感じる欠点は、☆レンズにはあって欲しくない。
トキナーとの協業はいいとして、ニコンやキヤノンにも同じ光学系のレンズが流れる。
明らかにタムロン?のレンズもある。
ペンタックスレンズならではのこだわりって何だろう。

ZUIKO DIGITALは、最初からデジタルに特化しているから、描写の評判はよいようだ。
ダスト対策も、オリンパスは最初から完成度が高いようだった。
K10DのDRははっきり言って効き目が薄い。ダストアラートもDRの効き目がイマイチなのを自ら証明しているのではと、勘ぐってしまう。

ペンタックスのレンズ群は、ここへ来てようやく基本的レンズがそろいつつある時点で、まだ批判はやめておきたいところだが・・・。
・以前のレンズを遊ぶにも、障害がある。
例:絞りリングの絞り段数がボディに伝わらない。
K10Dでは、オールドレンズは、絞込みによって露出レベルがずれる。
・いまのDAレンズは、過去の銀塩に使えない。FAJはMF時代のカメラでは絞り制御が出来ない。
等、取り付けマウントは一緒でも、互換性は不十分な一方通行である。

ということは、現行レンズに惹かれる魅力がないと、カメラごとマウント移行という危険もあるわけだ。
今の自分には、経済的に、一挙に買い替えということは出来にくく、それがある種歯止めになっている。
が、どうせ、レンズもデジタル用に新調しなくてはならないとすれば、自分自身、長らくPENTAXに踏みとどまっている保証はない。

だが、フォーサーズが良くも悪くもオリンパスを拘束している、この点がひっかかりオリンパスはOMの時代からある種の憧れはあるものの、幸か不幸かいまだ所有に至らない(笑)


ペンタックスも、地道に一から積み上げたオリンパスに負けないように、より一層魅力を磨いて欲しいものだ。

|

« キハE200復活 | トップページ | さらば、すばるよ~。 »

コメント

>オリンパスの辰野事業所:
残念ながらここには訪れたことは無いのですが、すぐ近くに取引先の工場があり、
タクシーで脇を通ったことはあります。(笑)

オリンパスへの憧れは、私も同様に持っていますが、今のところは先日の中古OM-1購入や
その前に入手した35DC、それに未報告のものも含めて銀塩時代のカメラに留まっています。
※そういえば、新婚旅行で行ったパリやローマへ持って行ったのはオリンパスのズームコンパクトでした。

DSLRに関しては、E-410が使ってみたいカメラとして存在しますが、今のところ強く欲しい
わけではありません。E-3も自分が買うカメラでは無いような気がしていますし・・・。
私の場合は、結局OM-1の時代からの想いを引きずっているだけなのかもしれません。


投稿: ich | 2008年3月 2日 (日) 03:28


TATSUNO QUALITY いい響きですね。
こういった地場で頑張る企業は応援したくなります。
車はHONDA 関連が浅間技研しかり、nissinもあり
PC、プリンターはEPSON。

でもカメラはPENTAX。
ichさんと同様過去の資産と懐古を持っているだけなのでしょうが、
それは
古いとか購入に苦労した時代を反映しているからではないでしょうか。

携帯の機種変やキャリア替えとはひと味もふた味もちがったものですね。

これはどんなものが来ても一眼レフだけは変わらないブランドだと思います。

ただしー
K20のPENTAXロゴが鼻の下伸ばしたような印象で気に入りません!

投稿: baja | 2008年3月 2日 (日) 11:10

>ich様

辰野の界隈では、やはりオリンパスは名門です。
わが子にオリンパスに就職してくれれば、と願う親御さんも見てきました。
七輪でピッチを溶かし研磨するような、下請けの小さなレンズ工場も見学しました。
最近は、遠い親戚にオリンパスの研磨部門でのマイスターがいたことも知りました。
うーん、うちではわずかに双眼鏡がオリンパスですが(笑)

フォーサーズはあまり天文に適しているとは思えません。
でも、レンズの出来はなかなか。超広角など、C、N社のレンズでも周辺は流れたりするのですが、
ZUIKO DIGITALはびしっと決まっていました。(ただし、そんなレンズはとても高価)

K20Dでいっそうの高画質を志向したPENTAX。
レンズもセンサーや画像エンジンに負けない気合を見せて欲しいと思って、ぼやいてみました。
m(_ _)m

>baja様

そういえば、他にもミヨタ(シチズン)とか、コシナとか、マミヤなど、愛すべき地場産業がありますが、
なぜか、カメラは一貫してPENTAXで通してきました。
懸念するレンズ拡充も、ペンタックス自身、急務と考えてくれているのだと思います。
私も、過去の資産が多くて、とても一度に乗り換えられるものではありませんし。
その間に、魅力的なレンズシステムをぜひとも構築して欲しいと思います。
しかし・・・最近他社にシステムを乗り換えたPPの人も多く、その人たちの多くは写真を真に親しみ、よい作品を撮っています。
PENTAXも、あまり安閑としていられないのではないかと、老婆心ながら(笑)

K20DのPENTAXロゴ
いまは、確かにそう思います。
私も、ねじマウントのPENTAXからKシリーズになったとき、違和感を覚えました。
時間がたってみると、以前のものが古びて見えるはずです、きっと。
Nikonの斜体も最初、とても違和感がありましたが、今は見慣れましたし。

投稿: 豚磨 | 2008年3月 2日 (日) 21:06

マウントは変わらなくても使えないレンズがあるということでいえばニコンもキャノンも似たようなものだと思います。
絞りリングが無い近頃のレンズは曲者ですね。
せめて、完全マニュアル撮影可能であれば、と思うのですが..。
(#使いたいレンズでカメラを選ぶ時代なのかなぁ?)

投稿: Ken28 | 2008年3月 3日 (月) 13:43

PENTAXの「レンズは資産」的考え方が気に入ってます。
発売期間が短くても、ずっと使えるようなレンズが出ることを期待しています。

うちにあるデジタル専用は、*istDSについてきた18-55だけで、
新品は、FAやFA Limitedばかり。
いつかデジタルがフルサイズになっても、使えるように・・・。

投稿: でぱいゆ | 2008年3月 3日 (月) 18:55

>Ken28様

自動化に伴って、絞りリングは過去の遺物とばかりに、早期に絞りリングをなくしたキヤノンとミノルタ。
続きたくても、過去の互換性に気を使って尾を引くように絞りリングを残したニコンとペンタックス。
なら、ずっと残して欲しい!のですが、(たぶん)コスト、および絞りA位置にセット出来ない、し忘れるという人に対応するために、なくす方向にと、何年もかかりました。
メーカーは、ようやく絞りリングを無くせた、ホッ。と思っているのではと思います。

一時的なら、絞り連動レバーに異物を介してコントロールすることも出来ますが、そこまでしても使いたいレンズはボディーを
そろえたほうがいいですよね。

このレンズのためなら、いっちょうそこのボディーを買うか、趣味としては大正解だと思います。
あとは資金繰り。。。orz
その前に、何撮りたい、まず写真撮ってから、というところが私には欠落しています。。。トホホ。

>でばいゆ様

DSLRではデジタル専用設計でないとダメ!みたいなカメラ雑誌の風潮に流されている自分。

資産といえば・・・FAよりさらに古いタクマーやジャンク再生レンズを多く抱える私(笑)
さすがに描写以前に、操作性も新しいのも欲しいです。

今、買っただけの手ごたえのあるのはロクナナ用レンズだったりします。
かといって、最新のものにはっきりとした理由で不満があるわけでもないし。。。
最近の普及DAでもちゃんとピントリングに距離指標が付いたり、手抜きのないフードが付いていたりと、ペンタックスならではの良心は感じますし。。。
自分で買える訳でもないのに、ものすごいレンズがシステムの頂点にあって、自分の手に届くショボイレンズも光って見える。。。幼稚なマニア、こういうのが一番メーカーにとって困るんだろうなぁ。
そんなやつはニコンかキヤノンへ行け!と(反省)

いつか、フルサイズ・・・ペンタックスには当面はなさそうな気がしますが、将来はわかりませんよねぇ。
銀塩のころはいくつもあったペンタの銘玉、デジタルになっても出てきて欲しいです。

投稿: 豚磨 | 2008年3月 5日 (水) 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/40331899

この記事へのトラックバック一覧です: TATSUNO QUALITY:

« キハE200復活 | トップページ | さらば、すばるよ~。 »