« 冬の大六角形とカノープス | トップページ | 早番、入梅の車通勤 »

2008年6月 2日 (月)

往く春(銀塩版)

 ちょっと水蒸気が多い夜でした。
現像の上がりをわくわくして待った割りには、凡庸な一コマorz
5月25日撮影。

Spring_fixdoun

ASAHI  PENTAX  6×7  /smc PENTAX 67 FISH-EYE 1:4.5 35mm開放 露出約6分
エクタクロームE200 一段増感  固定法 21時過ぎ頃

追尾編 

Spring_falldown

機材は同じ 露出約6分 SPACEBOYで追尾


かに座に火星が居る。えさ捕獲中と見える。
しし座レグルスのそばに土星。これもちょっと違和感。

前照灯を強化した走り屋さんが決まったように6分おきくらいに走って(天体屋としてはorz)、露出が稼げなかった。

水道凍結防止帯による露取りヒーター↓は、触っても暖かさを感じにくかったが、結果として露は付いていないので、有効のようだ。
エネループ10本駆動通電時、帰ってきてから測定したら、電圧12.5V、電流300mA程度・・・発熱は3.7W程度と思われる。

Heater_fisheye

(このすぐ後K10Dでも撮ったのですが、2コマ以降から魚眼の前玉に露がつき始めた。)

作品はいつも貧弱ですが、中判リバーサルの透明感はまだまだ捨てがたい。しばらくこの方向で、踏み込んでみようかな。

|

« 冬の大六角形とカノープス | トップページ | 早番、入梅の車通勤 »

コメント

ここのところ全く銀塩から遠ざかっていますが、いいですねぇ。
遠征先の道路端で撮影するときは、車道側に車を停めて遮光対策しています。
それもうまくならないロケ地では、体で光を遮蔽しています(笑)
#下手をすると自分が写る恐れがあります(爆)

>水道凍結防止帯による露取りヒーター
私は使い捨てカイロです。冬季はともかく、この時期は効果的です。
先週末は始めから湿気が多く、カイロを全てのレンズに貼り付け、布バンド(肘サポーター)で止めました。
これで↑ひと晩全く問題ありませんでした。
ただ、フードがない魚眼(PELENG全周魚眼)は写野に入らぬようカイロを貼り付けるのに苦労しました。

>追尾編
#やはり星は点像でないと(と、同僚から言われたことがあります)
重いロクナナには、やはりSPACE-BOY級が必要でしょうねぇ。
自分もロクナナを初代P型で追尾させた記憶があります。
超小型TG-SDには無理と思われます。
(バランスをとれば、広角付きデジ一眼2台搭載可能)

ともあれ(ロクナナはともかく)休止中の645を復活させなくては..

投稿: Ken28 | 2008年6月 2日 (月) 18:10

>Ken28様

このときはだいぶ道路から離れたのですが、魚眼なのでライトを遠くから拾います。
が、現像が上がってから見てみると思ったほど影響はないような気もします。
こういう見切りは、銀塩はその場で確認できないので臆病になります。

>露対策

使い捨てカイロが有効なら、手軽でいいですね。DSLRや135銀塩レンズは寸胴なのでやってみようと思います。
ただ、67用魚眼は前玉が一段太くなっていて、直に温まるようには装着しにくいです。
(凍結防止帯のくぼみと67魚眼の銘板の段差があつらえたようにうまくフィットします。)

>TG-SD

やっぱり67は無理ですか。
一度SPACEBOYと67かついで山に登ってみます。
もうこりごり、となるか。
できた作品を見てさらに奮い立てるか。
クマの餌食になるかorz
今年のひとつのテーマとしたい所存です。

投稿: 豚磨 | 2008年6月 2日 (月) 22:02

追伸

当方も645の活用が滞っています。
魚眼があればなぁ。

投稿: 豚磨 | 2008年6月 2日 (月) 22:04

やはり銀塩のクリアーな画面はいいですね。

こちらはさっぱり晴れない日が続いていましたが、そのまま梅雨入り
になってしまいました。(--;

投稿: ich | 2008年6月 3日 (火) 06:38

>ich様

>銀塩
現像があがってみるまで予想が付かないので、はらはら、どきどきです。
あがってみると、多くの場合、どきどきはかなり落胆を含んだものに変わりますが(笑)

すっきり晴れない日が多かったですね。
先日は当地でオキシダント注意報なるものも発令されたり(-。-)

去年より20日も早く梅雨入りですorz

投稿: 豚磨 | 2008年6月 3日 (火) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/41401057

この記事へのトラックバック一覧です: 往く春(銀塩版):

« 冬の大六角形とカノープス | トップページ | 早番、入梅の車通勤 »