« 冴えないポタリング | トップページ | 冬の大六角形とカノープス »

2008年6月 1日 (日)

早番、初の車通勤

 本日は雨。それにかなり冷たい。それでも以前ならチャリでいくしかなかった。

雨の日は無理せずに車で行こう、と考えた。
これは、チャリ通を長く続けるための逆説的判断なのだ。
お気に入りの曲を聴きながら、雨にぬれることもなく・・・今までの自分に対して、ちょっぴり後ろめたい(笑)。
下り坂の行きは所要時間はチャリと大して変わらない。

シエンタ号:(往復)
Dst18.8km Odo9534km 燃費11.5km/ℓ ガソリン消費1.63ℓ 燃料代260円 CO2発生量 3.91kg

燃料単価159円/ℓ・・・本日現在、当地GSにて。高いなぁ。さらに上がるんだって!?
ガソリン1リットルで2.4kgのCO2発生として計算

 シエンタについている燃費計測モードを見ていると、エンジンが冷間時、燃費が悪いことがわかる。暖気に従ってだんだんまともな数値になってくる。が、停車時間が長いと、またじりじり下がってくる。
 それにしても、シエンタ(4WDのせいもあるが)あまりいい燃費とは言いがたい。

 田舎のちょいのりでは、冷間時のオーバーリッチな混合気が燃費悪化の原因。EFIなどで、操作上は表向きわからなくなっているが、昔と根本的に変わってはいない。
職場で、ガソリン車の「チョーク」の話題になったとき、20~30代の人はほとんど知らないらしく、「なにそれ!?」だって。聞いたことがあるという人も、実物を見たことがないという。けっこう車に対して薀蓄のある人たちでも。
 これでは、草刈機や発発のエンジンも、まともにかからないぞよ。(独り言)

|

« 冴えないポタリング | トップページ | 冬の大六角形とカノープス »

コメント

ガソリン、170円とかいう話もありますからねー。大変です。
>チョーク
最近はキャブレター付きのエンジンなんて、本当に草刈機か
発電機くらいでしょうからね。
草刈機はともかく、ちょっと気の利いた奴ならオートチョーク
だったりしますし。

エンジンの始動といえば、思い出すのが中学の時にさんざんやった、
Uコンの模型用エンジン。
今はスターター全盛で、車用などは内蔵しているものまでありますが、
当時は大抵手でプロペラを回して始動していました。調子が悪いと、
それだけで1日終わってしまうという…。(^^;

そういえば、当時はとても買えませんでしたが4サイクルの
多気筒エンジンもあるんですよね。
実は弊社の関連会社でも作っております。(結構著名なメーカー 笑)
回すだけでも楽しそうだなぁ。

投稿: ich | 2008年6月 1日 (日) 06:18

出勤の為に無理して(嫌々、あきらめ気分で・・・)自転車を利用すると楽しくなくなるかもしれないのでこれで良いのでは!
ガソリン価格の高騰で嫌々乗るようになるかもしれないが!

投稿: suge | 2008年6月 1日 (日) 19:35

キャブレター・チョーク・混合ガソリン・ポイント点火。だんだん年齢が判る話ですねー
初めて乗ったクルマが空冷か水冷かってな所でも。。2スト四輪だったら筋金入りってな所でしょうかね(笑)

今でもチョ-クと戦う二輪整備戦士です(TωT)
キャブレターの分解が日常茶飯事な戦士でございます。。楽しい。

ガソリン、今日入れたら¥168でしたOTL。。今日からだったとはぁー!スクーターだからそれだけで微エコでしょうけどw

雨で見通しの悪いクルマ(ガラスやミラーに水滴など)は危ないですよね、バイクの時より慎重に運転したりしちゃいます。

投稿: まきげ | 2008年6月 1日 (日) 23:16

>ich様

本日のYahooニュースをみると220円なんて話もありえる、信じたくない情報がありました。。。
そうなったら、次期車検までには軽自動車に乗り換えも検討かな。

>チョーク
今日も別の社員と話をしてみましたがやっぱり、かなりの旧車ファンでもないとチョークはわかんないだろうなぁ、という見解に達しました。
一般の若い人達にとって、車も家電のような存在なってきているのでしょうか。中身への関心・こだわりはあんまりない感じですね。ないほうがある意味幸せなのかも。

>模型用エンジン
エンジンというものには昔から興味がありましたが、模型用はまたちょっと原理が違うのですね。
半分ガソリンエンジンで、半分焼玉エンジンのような・・・始動は微妙なバランスがいりそうなのは、想像できます。
少年野球についていったとき、広い河川敷のあるところでは空用ラジコンを楽しんでいる人をよく見かけました。
空への想い、ロマンがありますね。
子どもの頃プラモ人間だったので(笑)よく足を運んだ模型屋でなんとなく見覚えのあるのはO社やE社かな。そのHPをネットで覗いてみたら・・・模型にも多気筒やディーゼルとかロータリーもあったりして、なかなか奥が深そうです。
察するところ、子どもの頃の夢を具現化するような企業?お仕事?を選ばれたのですかね。


投稿: 豚磨 | 2008年6月 1日 (日) 23:37

>suge様

雨の日のチャリは、靴下や下着(中から蒸れるので)の着替えが必要で、洗濯物が増える。そのことも含めた環境評価が必要です(笑)
ほんの1~2km程度のちょいのりを自転車ですることによって、車の燃費の極端な悪化が防げるような気がします。
この車の場合、ちょいのり多用時最悪8.5km/Lだったのが11km/L程度にはなりそうorz

>まきげ様

今日、たまたま話した会社の人の現有車・・・ひとりはビートル(空冷・シングルキャブ)、もう一人は2ストジムニー(笑)
ちなみに、私は初めての車は4スト水冷になってからのアルトです。年の割りに免許取るのが遅かった?(笑)

チョーク、キャブレター分解整備、ご苦労様です。
私は、車を持つ前、ややエンジン不調なスーパーカブで都内を走っていました。
暖気してくると、ぐずぐずと吹けなくなってくる。
プラグの熱価変えたり、キャブ清掃したり、ニードル弁の位置を変えたり、ヒートシールド変えたり。
やがて地元に戻って、近所の工業高校生がホンダエコノパワーレースに出たい、というので、カブを献上しました。

ガソリンもこう高くなってくると、ますます二輪が魅力です。
欲しいものが増えて困ります(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年6月 1日 (日) 23:59

シエンタの燃費良いとは言えませんね
奥方乗車のFitは燃費には定評ありますが
乗る人によって燃費計の数値が大きく変わります

奥方街乗りで17から18km程度
私長距離22km以上

これは長距離は燃費のいいFitのほうが経済的なので
遠出はFitで運転は私としているためで、街乗りをあまり
していないので、私が運転した場合の実際の燃費はどうなのか
わかりませんでした

最近Eco運転なるもの注目されてますよね、私は以前から
急発進、急加速、アイドリング(暖機運転)なるものすべて
燃費の余分三兄弟と称して嫌っておりましたのですが

このごろの燃料高騰のことで奥方も目が覚めたようです

「発進時のアクセルワークで燃費が10%向上」
発進時時速20キロまで5秒かけてアクセルを踏むという
操作なのですが、これをやり始めたら

燃費計が20kmにまで伸びているというのです

170円台のガソリン価格、10%燃費を向上させれば
値上がり前と同じということになりますね。

この操作には難しい点もあるのです
旧道など狭い道路ではいいのですが
幹線道路でこれをやると流れがわたしの車を最初に
大名行列になることです

燃費を考え「ゆっくり走ろう信濃地を」(古)を実践すると
返って危険になることすらあります。昨日は追い越し禁止区域
早く走れと後ろの4トン車、パッシングの上にホーンですよ
前も結構車が詰まっていたのですが、これ以上いらいらさせたら
危険と考え指示器をだして左へ寄り、前に行かせました。

4トン車どんどん前にいける訳でもなく、そのまま3キロほど
私が右折する場所まで直前を走っているという有様に呆れる
のを通り越しましたですよ。

ガソリン高騰報道ばかりでなく、Eco運転、そして気持ちのEcoも
報道して啓蒙に役立ててもらいたいものです。いいこと書いたなあ笑

投稿: baja | 2008年6月 2日 (月) 09:35

これだけ高騰するとクルマ通勤は辛いものがあります。
当地は公共交通機関整備が遅れています。
今が一番燃費向上の時期ですね=ここのところ9km台/lをキープ。
(エコとは言い難いですが)私の場合、次の3つかな。
(1)暑くてもエアコン入れない=精密機器(デジ一眼等)に影響があるため
(2)同、炎天下(昼)の運転は避け、道路が空いている夜間走行に努める。
(3)努めて県外遠征は避ける=秋頃までなら当地の天候良いが..

やはり、時期車種は軽四か軽油燃料車か?
#中古にせよ、クルマ買い替えはカネがかかる..(悩)

投稿: Ken28 | 2008年6月 2日 (月) 18:49

>baja様

いいこと書いていますねぇ。

街乗りで17から18kmとは、Fit恐るべしですね。
エコランも幹線道路では流れに沿って走るしかなく、あまり自由性はありませんね。
当方初心者マークをつけてますので、しばしば早く抜きたい後続車の挙動が感じられます。
抜いても、こっちも流れに乗って走っていますので、結局近くを一緒に走ってますがね。
そういう時は「きっとあのひとUncoしたいのだろう。一刻も早くどこかへ駆け込んで安堵を得たいのだろう。うん、わかるその気持ち。」
と思うことにして、どうぞお先にと配慮することにしています。私流Uncoラン(笑)

道路交通は、さまざまな考えの人が、さまざまな条件で走っていますが、無駄なことしても所要時間変わらない、という共通認識ができればそれだけで違うのですが。

>Ken28様

9km台/l・・・車の大きさを考えたらなかなか良好ですね。
個人的には小さいのに燃費の悪い車が一番許せません(笑)

自転車の頃を考えれば、暑くてもエアコンを入れないというのは効果的な方法と思いますが、私などあるとつい入れてしまいます。

昔同じような排気量の(MTなので比較はフェアではないのですが)ディーゼルで今回と同じような距離通勤しても、暖気も含めて楽に21-23km/L程度走っていました。
ディーゼル全滅のようなやり方ではなく、排ガス低減も努力可能な範囲で設定すれば、ガソリン車ももうちょいと本気で燃費に対して努力したのではないかと>某I都知事さん
ディーゼル車をいじめても、このあいだ当地でオキシダント注意報でましたしorz

軽など燃費のいい車に買い換えるとしても、金がかかりますし。これでは本末転倒のジレンマorz

投稿: 豚磨 | 2008年6月 2日 (月) 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/41385530

この記事へのトラックバック一覧です: 早番、初の車通勤:

« 冴えないポタリング | トップページ | 冬の大六角形とカノープス »