« PENTAX望遠鏡は終わってしまうのか? | トップページ | 7/14の月 »

2008年7月11日 (金)

物欲の整理(3)

 まだくすぶっている物欲(笑)
 別に、そんなに欲しいものないなら、買わなきゃいいじゃん。

ただ、他社さんはちょっと活況なもので、変なほうに虫が騒ぐのです。
D700はねぇ、いいのはわかるけれど、まったく買える当ては無い。
といいつつ、
同じくらいのがPENTAXで出たら、歓喜の雄叫びを上げながら長期ローンを組むかも(笑)

ふと我に返ると・・・。 
なにか、Kiss Dで充分のような気もする。

(別に、PENTAXから優遇されているわけでもないし。
客が欲しいと思っているときに商品が世に出てこないPENTAX。
よほど気長でないと大変だ。)

Pk_eos1

smc PENTAX-FA☆ 1:2  24mm  ALとあつらえたようにしっくりくるキスデジ

運よく、PK-EOSアダプターが中古で安く手に入った。

Pk_eos2

でも、あんまりキスデジでレンズ遊びする気にはならない。
たぶん、
・ファインダーがMF用に向いていない。
・快速AFなど、EOSの快適さはEFマウントレンズがお似合い。
なのだろう。
だが、興味のある、買える単焦点EFレンズに限ってUSMじゃない。
AFDとかMMなのだ。
ジャンクのレンズEF35-105から取り外したAFD↓

Afd

AFDのレンズはEOSのものとは思えない音に興ざめなのだ。


それに、長年PENTAXで育ってきた身には、なんとなくデザインやら感触のキメがあわない。
たとえば・・・イメージスタビライザー付きのダブルズームのデザイン。
たとえば・・・CFカードのアクセスランプ(赤いLED)が強烈にまぶしく、夜など幻惑される。
まあ、マジックで塗りつぶせばいいのだけど。
ちょっとしたくだらないことだけど。
PENTAXはネオンランプで、目に優しい。

Kiss FはAD変換が12Bitなのが萎える。たぶん、14Bitと比べてもほとんどわからないのだろうけど。

K200Dをもう一度触れてみた。AD変換は14Bitで、基本に手抜きはないし。
K10Dより、ダストリムーバブルの動作が強い。少しは利きがよくなったのだろうか。
シャッター音もK10DよりK200Dのほうが個人的には好みである。
カメラ内現像設定や画像設定関係が充実している。
落ち着いてみれば、良いカメラ。

というか、smc PENTAX-DA  1:3.5-5.6  18-55mm  ALの描写が個人的にはあまり好きでない。鏡筒のつくりは同クラス他社と比べてよくできているのだが。
同レンズの改良Ⅱは、過大な期待はできないにせよ、評判は悪くない。
このⅡの標準ズームを買うついでに少し足してK200Dという考え。
が、どう考えてもここでボディもう一台はいらない。

やっぱり、いろいろ考えたが、
今期お布施は、現時点では、DA17-70SDMにしようかな、と思う。
18-55と気分的にはかぶるけど。
我が家初のSDMというのと、あと、描写の評判がよければ。我が家では24mm以下のレンズできしっと写るレンズがないので、欲しいといえば欲しい。
何か決めないと、煩悩がまとわりつき、仕事にも差し支える(笑)

ああ、やっぱりけなげなPENTAX信者から抜け出せない(笑)

|

« PENTAX望遠鏡は終わってしまうのか? | トップページ | 7/14の月 »

コメント

物欲ブログ 笑 もここまで継続できるのは「少しでも可能性がある」
ということなのでしょう。

我家経済状態と今年の景気状況では物欲の火がメラメラと燃え始めたときには
すぐに妄想脳内スプリンクラーで消火されてしまいます。

そうそう、広角のきりっと写るレンズはいいですよー
SDMには憧れます
PENTAXに落ち着いたことは歓迎されることですね。

投稿: baja | 2008年7月11日 (金) 18:42

>baja様

物欲燃料が粗悪で、すっきり燃えません。
スプリンクラーの水も充分出ません(笑)
くすぶって、目が痛い未燃焼ガスを撒き散らしていますorz

DA17-70SDMが発売延期されている間、考えが変わらないか熟成してみます。
DA16-45のように名レンズであることを願っています。

投稿: 豚磨 | 2008年7月11日 (金) 22:02

DA17-70SDM、私も期待しているのですが…。
まずは画質ですよね。視力に自信がなくなっているので、AFはどうでもいい、
とは申しませんがモーターの種類はあまりこだわりません。
欲を言えば、絞り環付きで欲しいところですけどねー。

今日、帰りに本屋で夜景撮影の本を立ち読みしましたが、EOS5DのISO1600
で撮影した星景写真は、なかなかでした。
Lレンズの広角も1本くらいは欲しいかなぁ。

水泳の北島みたいに「撮るのは僕だ」と言いたいところですが。(笑)

投稿: ich | 2008年7月11日 (金) 22:54

>ich様

DA☆16-50はどうも、市場評価はイマイチのようです。
某評論家の一言もありますが、片ボケとか、品質に関するものもあります。
10万も出して買う製品がこれでは、と正直思います。
DA17-70はそうでないことを祈っています。

>AFに関して
昨今のAF機でたとえ評価の高いPENTAXのファインダーであっても、視力に問題がなくても、
きちんとあわせるのは至難の業だと考えています。
それはMF機を使ってみるとすぐわかります。
AF素子に光を分けるためにハーフミラーを使います。
それでも暗く見えないために、スクリーンの透過性を上げます。
ピントの山を判断しジャスピンを検出できるとしたら神業だろうと思います。

したがって、AFはまともに動作しないと使えません。
もちろん駆動源の問題ではない、とは思います。
SDMにしても合焦精度に疑問を感じている専門家もいます。
SDMにして、さらにそれに対してボディ側のソフトハードすべて精査して、初めてまともなAFになると思います。
道のりは長いですが、ひとつの布石に足をかけたいと思っています。(大袈裟)

投稿: 豚磨 | 2008年7月12日 (土) 06:54

EOS5Dなら、少しは現実味を帯びますよね。
でも、圧倒的な超高感度、そのときでも実用になる低ノイズを見ちゃうと正直霞みます。

>撮るのは僕だ

個人的に銀塩MFのほうが気合が入るのは、こういったメンタル面も大きいと感じています。
何もかも・・・ブレや笑顔検出まで!・・・面倒を見てくれるデジカメも考え直して欲しいと思うのですが。

投稿: 豚磨 | 2008年7月12日 (土) 07:30

>ピント
ピント合わせは、昔ふうに前後に少しずつピントリングを回して
その中間を狙うのですが、AF前提のファインダーでは
確かにジャスピンは難しいですね。
LVやEVFに私が期待するのも、その辺が大きいのです。
経済的なことだけでなく、旧レンズで撮る楽しみは残しておきたいですから。(笑)

投稿: ich | 2008年7月12日 (土) 08:06

>ich様

昨日、銀塩AF中古カメラ、MZ-5を入手しました。
AFだけど、MFもできそうな古きよきファインダーです。
明るさはほどほどだけど、ピントの山は割と見やすいです。
最近の、明るさ優先の焦点板。PENTAXも例に漏れません。
ピントばかりかAEも外れる確率が高くなったような気がします。

LV、EVF・・・一般には低アングルの撮影とかがうたい文句ですが、
カメラ好きには、旧レンズを楽しむための合焦補助装置、TTLダイレクト露出計としてこそ有効ですね。
ゆっくりじっくり楽しむためのLV搭載。そんな趣味性の高いカメラも面白いなぁ。
そんなカメラこそPENTAXから・・・。

投稿: 豚磨 | 2008年7月14日 (月) 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/41799700

この記事へのトラックバック一覧です: 物欲の整理(3):

« PENTAX望遠鏡は終わってしまうのか? | トップページ | 7/14の月 »