« 田園4楽章、5楽章 | トップページ | W60の機能で遊ぶ(2) »

2008年7月31日 (木)

W60の機能で遊ぶ(1)

 ・DigitalSR・・・撮影後の画像処理で手振れを救済するというものですが、そんな虫のいいことできるのかなぁ、と頭の固いおぢさんは思う。

Ryu_mai_sin

Optio W60  1/80sec  F4.6  ISO800
薄暗い木陰なのでISO800まで感度アップしていたのにはびっくり。
その割には、良好な画質だと思う。

それはさておき、このコマを再生すると手振れ(補正)アイコンが出た。 

ピクセル等倍でみると、うーん、確かに微ぶれなのだろうか、解像の甘い感じはある。
そこで、DigitalSRを使って違いを比べた。

before↓

Before_src

after↓

After_src

うーん、確かにシャキッと感は向上じているようだ。が、固く、荒くなったようにも思える。
ぶれそのものを改善しているのだろうか。ちょっと違うように思える。
印象としては、シャープを強めにかけて、見掛けのシャープ感を改善している(?)。
いずれにしても、元の画像は残すことができるので、やってみる価値はある。

ただし、手振れ(補正)アイコンが表示していても、実行してみてから
「正しく処理できませんでした」とのたまうときのほうが多い気がする(笑)。
ぶれ量が多いときはダメと説明書にもあるけど。

説明書には、どういう条件のとき、何をしているか、欄外に注釈でもいいから書いてくれるといいと思う。そうすれば、過剰な期待とそれによるクレームは減るはずだ。

|

« 田園4楽章、5楽章 | トップページ | W60の機能で遊ぶ(2) »

コメント


DigitalSR、確かに再生画像を見ると片手マークが出ているけど、やってみると
「ごめんなさい」と表示される、少々カチンとくるが、だったら最初から手マーク
をつけるんじゃねえ、と、ブツブツ言いながらまたモニターを見ることを繰り返し
ます。 まあ、目くじら立てて言うことの程でもないといったらそれまでで、
出来たらいいじゃん、位に思っていたほうが ゆるーい おもしろーい 付き合い
方になるのではないかと思っております 

投稿: baja | 2008年7月31日 (木) 19:39

>baja様

一応、改善の必要は示してみますが、できるかどうかはやってみないとわからない!
このわくわく感を感じてね?!
なんて、意図的に企画したかどうかは不明ですが(笑)

やってみて、うまくいかないものも含めて、逆に安心しました。
ぶれた後の画像を、後処理だけでぶれ無しにできるとしたら写真ではなく写偽ですからね。

投稿: 豚磨 | 2008年7月31日 (木) 23:21

PPのKen28さんが紹介されていた、「ピンぼけ・手ぶれレスキュー 」
というソフトウエアの解説によると20ピクセルくらいの補正効果がある
ようですが、W60に内蔵されているものも、これに似た処理を行っている
のでしょうね。

写真ならぬ写偽というのは、ちょっと言いすぎかもしれませんが…。(笑)
露出補正などは日常的に行っていますが、こういう補正も含めたレタッチ
の技術は、どこまで進歩するんでしょうね。

天体写真のガイドエラー補正なんていうのは、欲しい機能ではあります。

投稿: ich | 2008年8月 1日 (金) 05:17

>ich様

機能で遊ぶというタイトルの割りに、堅苦しいことばかり書いてしまいました。
m(_ _)m

後処理というのは、限界がありまして。
レタッチ全体にいえると思いますが、効果と弊害があると思います。
承知の上で使いこなせば、便利であると思います。
撮影時のSRなら、原理的に軽減するのですが。

星の場合には、点像が点に写るようにするのですから、目標がはっきりしているというか・・・。
いやぁ、その前に、このところ天気も日程もダメで、ガイド撮影全然できていません。
天候改善レスキューってないかなぁ(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年8月 1日 (金) 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/42018596

この記事へのトラックバック一覧です: W60の機能で遊ぶ(1):

« 田園4楽章、5楽章 | トップページ | W60の機能で遊ぶ(2) »