« 悲願の超音波モーター | トップページ | 実る田と169系 »

2008年8月28日 (木)

懐古趣味

ああ、こんな時代もあったのねー。

Tec_zenya

捨てきれない思い(?)。

Asama_memory

Komo_old1

1887年製、現役。

|

« 悲願の超音波モーター | トップページ | 実る田と169系 »

コメント

急行や特急で「まし6号車」といった号車番号を初めて見た時は、「番号は必ず1つずつ上がってゆく」という数字の序列に対する固定観念が崩れて、「そういう番号の付け方があるのか!」と子供心に衝撃を受けました(~~;。

投稿: Legin | 2008年8月28日 (木) 22:05


3:10急行能登
7:04あさま2号
東京出張の折はこの2本、朝一番の仕事に間に合わせるには能登
午前中でよければあさま。使い分けてましたねえ。
当たり前のように使っていたけど3:10って今では信じられない時間ですね。

こういうのが残ってるのですね、個人的に流用してネットオークションで・・・笑

投稿: baja | 2008年8月29日 (金) 11:00

朝一番に着く急行能登も良かったが、もうちょっとゆっくりでいいなら越前でした。
(ただ、越前だと首都圏のラッシュにぶつかり始めるという心配はありました)
もっとも、本県からだと乗車時間が長過ぎ、上野駅に到着する頃には疲れ切っていました。
上画像を拝見すると、越前は上越線経由?それとも停車せず通過?..(#忘れてます)
それから、昼頃に白山が小諸駅に立ち寄ったのですね。
朝8時過ぎ?に金沢を出て、15時頃?上野に着いたように思います。
(#違ったかな?=これも忘れている)

投稿: Ken28 | 2008年8月29日 (金) 22:33

>Legin様

>まし6号車
確かに不思議な表現ですね。
実態がどのようなものだったか、記憶にありません。
子どもの頃「氣動車」○号車という表記もありましたが、どんな乗り物かと、ものすごく興味を覚えました(笑)

>baja様

あさま2号は私もしばしば使いました。
能登は・・・そんな早い用事はなかったので、近所の駅は通過だったし。でも記憶にあります。
子どもの頃夜中に目が覚めて心細い思いをしていると、近所を走る音が聞こえて、妙にほっとしたものです。

これ、某所に放置プレイです。いつか捨てるか、日の目を見るか??

>Ken28様

長旅、ご苦労様でした。
このときはおそらく、越前は上越回りだったと推測されます。
白山は小諸は通過だった頃もありました。
ここを11:46ということは上野は14:00前後でしょうか。
所要時間も忘れてしまいました。
赤い字の列車が全部なくなってしまったのだから、
静か、というか寂れてしまうわけです。。。

投稿: 豚磨 | 2008年8月30日 (土) 06:56


>赤い字の列車が全部なくなってしまった

改めて見てみると普通列車だけ見ると
夕方16:33の次は20:03ということで
高校生たちはどうしていたんだろうと思いました。

懐古趣味ということで
「高原に列車が走った」という美保純主演の映画がありましたね

軽井沢を舞台に夕方の列車がないということで列車増発運動
になったという内容。当時映画を見た記憶だけあって
今になってネットで検索してみると、凄い役者が出ていたんだなあ
と思いました。

投稿: baja | 2008年8月31日 (日) 01:19

>baja様

>夕方16:33の次は20:03
これは1番線の時刻表なので、特急は全部ですが、各駅停車は2番(待避線)から出るものもありました。
さすがに16:33の次が20:03では、当時でも暴動がおきます。

たしかに自分の高校のときは、
10時台の次は14時台(4時間近く空白!)
下校、夕方以降の軽井沢方面ローカルは
17時台18台各一本を逃すと20:30頃までなく、
その次は終電22時頃orz

もっともその当時の小海線も・・・
128D小諸発7:42小海行きはスペシャル長大編成5両。
とはいえ岩村田までは高校生だけで千数百人以上いて、
始発の小諸ではまだいいものの、乙女、三岡、中佐都から乗る人は押し合いへしあいの地獄。
ほとんどの駅で(中込ですら)ホームの長さが足りなくて、ホームのないところをポトポト降りて(笑)
乗降に時間がかかり、恒常的に遅れは出るし、非冷房で人いきれorz
混雑緩和と増発の請願書がPTAから出されたのも、覚えています。

いまは、少しは良くなったのです(少子化の影響もあり、喜べないが)

投稿: 豚磨 | 2008年8月31日 (日) 11:25

長大編成?をぽつり、ぽつりとおまけに各駅でのんびりと停車していたのは良き国鉄時代、そのもの?でしたね。東海道線もそうだった。
今の客に合わせて運行するのが便利で良い、のか昔のダイヤに合わせて生活するのが良いのか?
二酸化炭素排出で槍玉にあってるコンビニ問題みたいなものか?全然関係無い話か?

投稿: suge | 2008年9月 1日 (月) 20:37

>suge様

その昔、終電22時ごろ、8両に数名。
それなら4両ずつに切って19時台を出してくれー、と高校生ながらにつぶやいていました。
特急に追い越しをさせるために、所々の駅でよーく停車してましたし。
1時間間隔でも長いのでしょうが、2時間以上空くと、もうチャリのほうが速い感じでしたね(笑)
ある程度の頻発がないと、もう今のご時勢、見向きもされなくなりそうです。

投稿: 豚磨 | 2008年9月 1日 (月) 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/42303623

この記事へのトラックバック一覧です: 懐古趣味:

« 悲願の超音波モーター | トップページ | 実る田と169系 »