« Optio W30 vs W60 遠景描写 | トップページ | 通勤記録080808 »

2008年8月 8日 (金)

白駒の池、高見石

 8/7の記録。
 久しぶりに山行。たまには家族サービス?
勾配8%以上も随所にあるR299を、ほとんど麦草峠頂上の有料Pまで。シエンタに6人は後部座席の乗員が、そしてエンジン余力がきつい(笑)。

L_shirakoma

白駒池:湖面標高2,115m、面積114,300㎡、最大深度8.6m

けっこう派手な、記憶色が出るような。

Reke

ここから、高見石へ向かう。標高差は150m程度。参加者を募ったら意外や意外、喜寿のじさまを含む老若男女4名。普段張り切っている2人は白駒池周回コース。

Assent_takami

北よりの、緩和勾配コース。比較的緩やかに登るので、喜寿の御仁でも大丈夫のようだった。40分程度で到達。
小屋のむこうが丸山の裾野のようだ。

Takamiishi_assent

 赤い屋根は高見石小屋。小屋の主人は天体観測に理解があり、タカハシの望遠鏡で星を見せてくれるというのだが・・・また別の機会だなぁ。

この岩は、火山活動の名残。

さて、石の頂上に出ると、東に白駒池。

Takami_ishi

南には中山の裾野?。地形図で調べると”ニュウ”の裾野っぽい。

Takamiishi2

西に丸山。標高差から、南方の 中山 と思われる。

Maruyama

北に、北八ヶ岳の山々。手前より茶臼山、縞枯山、遠くに大岳の裾野。

Chausu_shimagare

久しぶりに安定した晴れ。山心に再び火が点った。これからのテーマは八ヶ岳。
(そういえば、浅間山の火山活動レベルが上がって2になった。)
しかし、”山に赤道儀を”は依然、実現していない。天気が、日程が、月齢が。
いつかは、そんなに遠くない将来、実現したいと願うのであった。

R299を下がって、松原湖方面との分岐にあるレストハウスからは、捲雲。秋の気配。

Rh_furusato


山歩きの後は、開業1年を少し過ぎた小海町の 八峰の湯 で汗を流す。
入道雲を見ながらの露天風呂は格別。W60の本領発揮。

Rotenn_yahho

 Optio W60、デフォルトでけっこうコントラスト、彩度が高いのでは。PLフィルターつけたようだ。ぱっと見鮮やかで、多くの人の支持を得るにはこういう調整になるのかなぁ。
好みにもよるし、調節はできるのだから文句言う筋合いではない。
 
 前面ガラスに傷の入ったW30と比較はできないが、W30本来の写りを思い出すと、もっとナチュラルな、オトナの描写だったように思う。
 それと、逆光時、ややフレアっぽくなる。(石にへばりつく夫婦の写真)
W30もそうかは比較していないが。

 そうはいってみたが、個人的には、山用には、けっこうお気に入りのトーンである。


Sienta_6

久しぶりに後部座席が役に立ったシエンタ。

 往路登りでは、ゴーストップはほとんどなかったが 燃費9.2km/ℓ まで低下。
ギヤを2まで落として積極的に走らせると、吹き上がりはまあ軽快なので動力性能はなんとか及第点。だが、標高が高くなってくると、アクセルの踏み込みに対して動力の出が鈍くなってきた。
 ワインディングは意外と手ごたえ良好。(背の低い車に比べれば低レベルの満足だが)

帰りは、下り勾配の分燃費はそれなりに挽回した。が、エアコンはかけずの値(笑)
往復トータル:Dst100.2km 輸送601.2人キロ Odo10085km 燃費13.2km/ℓ ガソリン消費7.59ℓ 燃料代1359円 CO2発生量 17.6kg

|

« Optio W30 vs W60 遠景描写 | トップページ | 通勤記録080808 »

コメント

シエンタ号には少し大変だったようですが、天気も良し、良い山行でしたね。

>エアコンと燃費
私はこの季節、エアコンは大体ONしっぱなしですが、燃費への影響は
あまり感じません。
まあ止めてみないと比較は出来ないわけですが、以前にも書いたように
冬場よりは平均値が上がることを考えても、それほどでもないのかなと。

もっとも、ストーリアのエアコンはお世辞にも容量が大きいとは言えま
せんから一般的ではないのかも。(笑)

投稿: ich | 2008年8月 8日 (金) 22:30


Co2をださないように家に篭っているか、若しくは
同じ方向への打ち合わせなど、乗り合い乗車というのが
自然になってきていますね。ガソリン高騰もエコへの関心度
があがる、または無駄を見直すよい機会だと感じます。

高見石からの白駒の池の画は定番ですね

この時期のヤッホー湯は格別ですね
青空の下露天風呂はじりじり暑かったのではないでしょうか

投稿: baja | 2008年8月 8日 (金) 23:02

>ich様

山行、おおむね好評でしたが、山でお星様の下見を兼ねてます(笑)

>エアコンと燃費
車によってあまり燃費が低下しない車種、けっこう落ちる車種があるように思います。
シエンタは間違いなく後者です(笑)

今回と途中までまったく同じ経路、しかもほぼ平坦区間のみで完結。
野球の送迎で乗客乗員計5名。往路は自然通風、復路のみエアコンは使いたい放題。
往復41.6kmで燃費12.4km/ℓを記録。このとき復路で燃費計がぐんぐん低下を確認しております。

もっとも今回は、高原で窓を開けるだけで涼風ということもありますし、燃費の前に動力がつらくて(苦笑)
キャビンがコンパクトでエアコン容量も大きくなくてもすむ車のほうが、燃費にはやはり有利に思います。

投稿: 豚磨 | 2008年8月 8日 (金) 23:08

>baja様

それにしても、ガソリンは高すぎます。
軽油ですら、以前のハイオクをしのぐ値段では。

家で篭っている。
自転車か電車、あるいはその組み合わせ・・・。

誰も「うん」といいません(笑)

ラジオ体操終わって晴れていたら、ということでゴーサイン。
シエンタにすし詰め、一人当たりのCO2は削減できたかな(笑)

若干一名、女性陣で露天風呂の石でケ○を焼いたお間抜けが折るようで(笑)


投稿: 豚磨 | 2008年8月 8日 (金) 23:22

記事と画像を拝見し、(忘れていた)山のよさを思い起こさせられました。
そういえば昔、真夏に出かけた蓼科高原がやたら涼しかったのを思い出しました。

ガソリン高騰で深夜徘徊(笑)は自粛。
(暑いのと体力・気力無しなので自転車などへの切り替えも端からその気無し)
来週末は満月なので今週末チャンスではありますが...
そういえば「原村星まつり」が始まってますね<上記の通りで行けませんが(悔)

投稿: Ken28 | 2008年8月 9日 (土) 19:33

>Ken28様

 山も行きたいのはやまやまなのですが、このところ大気の状態が不安定で躊躇しています。
富士山では落雷で犠牲者が出ましたし。ご冥福をお祈りします。
町内では、複数の箇所でクマの出没が報告されましたしorz
(意外と臆病なのです)
クマには、ある程度人の入りがある山のほうがなんとなく安心なのですが、夜はやはり不気味です。
それ以前に夜、晴れません(無念)
きれいに晴れれば、モチベーションが打ち勝つ日が来ると思いますが←いつのことやら(ため息)

ガソリンの高騰もブレーキですね・・・orz

投稿: 豚磨 | 2008年8月10日 (日) 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/42107483

この記事へのトラックバック一覧です: 白駒の池、高見石:

« Optio W30 vs W60 遠景描写 | トップページ | 通勤記録080808 »