« W60の機能で遊ぶ(2) | トップページ | W60の機能で遊ぶ(4) »

2008年8月 1日 (金)

W60の機能で遊ぶ(3)

 これは以前のモデルからあった、パノラマ合成。3枚のつなぎ撮りができる。
境界も自然とつながる。ただし、パースは付くので、遠景のほうが自然なのは必然。
W60の特長は、換算28mmからの広角なので、一段と効果的な作画ができるに違いない。

Nodoka

長閑だなぁ~。

この長いホームも、必要だったのだ。11年前までは。
12両の列車が止まれば、先頭と最後部では6mの高低差ができる。
今では、一日2往復のみ6両、あとは全部3両。。。

|

« W60の機能で遊ぶ(2) | トップページ | W60の機能で遊ぶ(4) »

コメント

レールの繋ぎ目がちょうどはずれてますが上手く繋がるのかな~?
非常に興味あり。
長~いホームは東海道線でも飯田線でも過去の物として残ってます。
運行も長~いのが多かったですね。飯田線全線走破の列車も無くなってしまったし豊橋発、熱海行きとか大垣発、熱海行きなんてのもなくなってしまった。その様な列車に乗る楽しみはもう出来ないのかな。

投稿: suge | 2008年8月 2日 (土) 19:58

>suge様

>レールの継ぎ目
うまく繋がりますよ。といっても実例がないと説得力がありませんね(笑)
カメラの振り方がまずいとそこからグニャと曲がりますが、繋がることには問題ありません。

飯田線の長いホームは長野県側では想像できません(笑)
4両の電車が2両ずつホームにかけて、小移動をして二度ドア扱い、なんて駅も私の高校生のころはありました(笑)
でも豊橋発辰野行きの各駅停車はありました。6時間以上かけて乗りましたよ。デンスケかついでツリカケモーターの音を収録しましたよ。
東京発大垣行きの夜行で名古屋に就職試験を受けに行ったりもしました。
嗚呼、今となってはなにもかも懐かしい(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年8月 3日 (日) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/42034038

この記事へのトラックバック一覧です: W60の機能で遊ぶ(3):

« W60の機能で遊ぶ(2) | トップページ | W60の機能で遊ぶ(4) »