« 山に赤道儀・・・ 6×7編 | トップページ | MDレコーダ復活 »

2008年9月18日 (木)

Kiss Fと半月

 以前にもCanon製品を持つ機会はあったが、あくまでもPENTAXのサブ。扱いは外様。
 しかし、今回は主力機であったK10Dを売ってしまっての、真剣なお付き合い。

Kissf2week

 真剣にお付き合いし、使いこなしていくにつれ、愛情が芽生える。
PENTAXに戻っていくという求心力は、果たして自分には残っているのか。

K10Dを失って淋しいか、と自分自身に問いただすと、今のところ「別に」。
KissFは、K10Dの代わりをしっかり務めてくれているからだ。

・画質はKissFはほとんどK10Dと対等かと。
 KissFのほうが、なんとなくドライな感じはする。AWBはK10Dのほうが精度がいい感じはする。
でも、ノイズなど考えると、一長一短。

・露出の安定感。
 KissFも外れることはあった。しかし、強い光源が画面中央にあった、など原因がはっきりしている。AEロックなど使いこなしで回避できる。
K10Dの露出ばらつきは、気まぐれで対処が難しい。スクリーンの透過性が関係しているような気がする。
なお、 *istDでは露出のばらつきはほとんど気にならない。だからこそ、K10Dを使っていて"むかつく"ことが多かった。

・AFの追従性。
 秒3コマはK10Dも同じなのだが、合焦しながらの連写には、やはりはっきりとした差がある。
走る列車で実験してみたが、KissFのような入門機でもAF-C(キヤノンではAI-SERVO)が75-300mmズームの長玉で、ピントを追従させながら使える。合焦までワンテンポ遅れてシャッターが落ちることは、そりゃあありますが、そこをリカバリーして合焦を続けるのは偉い。
 K10DでAF-Cだと合焦が追いつかずピンボケ、AF-Sだとやはり合焦が追いつかず、シャッターボタンを力いっぱい押すもむなしくシャッターは切れず、チャンスを逃す。
かたや入門機、かたやPENTAXでの上級機。AF問題はやはり次期PENTAXの命題のひとつとして、避けて通るわけには行くまい。

 今までは自分は、銀塩手巻きから続いた”一発必中”の撮影しかしていなかったが、連写する中から選ぶ、という機械依存の撮影手法も選択できることになった。
しかし、秒3コマの連写で決定的一こまを得るのもなかなか難しい。そして、秒6.5コマとか8コマとか10コマとか悪魔のささやきが聞こえるわけだ。
ワンショット、連続・・・どちらで撮るか、撮影前にしっかり態度を決めておく必要がある。(PENTAXでの場合は迷いはなかった。一発必中しかなかったから)

・手振れ補正。
 レンズ内補正はスチルでは初めて。ゆらゆらと船酔いを起こしそうなファインダー内の映像も、ムービーではもう慣れっこ。おお、ONになっているな、というのはすぐ気づく。
 ボディ、レンズ、どちら側でもべつにこだわらない。が、使いたくないときは光学系はリジッドに固定されることは必須条件。レンズ内方式なら、非ISレンズにすればよい。
 
 レンズキットのようなコストの制限下でISレンズを新規に設計するのは、苦労したに違いない。レンズ構成図では非ISと同じように見えるが、前玉は一回り大きい。IS時のイメージサークルを確保したのだろうか。すべてが新設計なのだ。
しかし、新ISレンズがUSMでないのは、コスト以外に考えられない。高いレンズはIS USMは両立しているし。DCモーターが10円でUSMが1000円なら、売価が1000円高くてもUSMにして欲しかったのだが。

 さて手振れ補正機能による重量増は?
 K100Dは*istDL2比で90gほど重量化。それに比べ、キヤノンは標準ズームで10g増にとどまった。

・ダスト対策。
 いまのところ新しいせいか、KissFに目立つゴミはない。
一度レンズ交換中に入ったと思われる大き目のゴミは、数回のダストクリーニングで移動し、視野から消えた。K10Dよりは効き目はあると思われる。

・ライブビュー。
 三脚を据えての、昼間の被写体のレンズ遊びには便利。
・・・
ともかく、ライブビューできて撮像素子での評価測光ができてコントラストAFもできる。この機能が入ってこのお値段なら非常にコストパフォーマンスはよい。
PENTAXでは最上機種K20Dでしか出来ない。それも、拡大画面は粗いし、「ただ見れるだけ」に近い。

 ただし、ライブビューの有効性は、天体の星野部門ではいまのところ微妙。魚眼~広角では暗くて、液晶モニター上ではノイズが優勢で、構図も決められない。ピントあわせも、拡大状態で0等星以上の明るい星がやっとこ。
望遠系直焦点ならいいのかな? 

 
-----Canonにしてみての心の中間決算-----

 自分的には、いまのところ、DSLRはKiss系で充分と割り切れる。USMの75-300中古ズームはとてもリーズナブルだった。DA☆60-250で実現するはずだった、「最後の運動会のわが子を超音波モーターAFで」という願いは、皮肉な形で実現した。

 PENTAX主役時代に最近常にあった、なんとはなしに襲われる欲求不満。これによる財の散逸も防げそうだ。

 いや、昔はこうではなかった>自分。周りがEOS5だろうがα7000だろうがNikonF810だろうが、俺は頑としてASAHI PENTAX K2。なんの欲求不満も劣等感もなかった。機材に信頼と愛着があれば、道具としての基本さえ出来ていれば・・・スペックがどうのこうの、ギミックがどうのこうのなど、どうでもよい話だったんだがなぁ。

!!PENTAXには今一度の奮起を願う!!

と、EOS5DMarkⅡが出た。ううー。微妙な叫び(笑)

|

« 山に赤道儀・・・ 6×7編 | トップページ | MDレコーダ復活 »

コメント

(以下、無い袖は全く振れないので、夢・妄想ですが)
D700登場で心揺さぶられ、5DmarkⅡの登場でますます心が揺れます。
(何せEOSマウントだと、NもKも取付できるので..)
現時点ではD700の広く明るいファインダーに心奪われています。
5DmarkⅡ実機がD700と大差ない気持ちよいファインダーであれば、きっと5DmarkⅡへ傾くことでしょう。

世は、背面液晶のライブビュー機能に走っているようですが、一眼レフである以上、(昔人間の)自分にとっては明るく見やすいファインダーが1つの要(かなめ)と考えています。

#それにしても、我らがPENTAXさんの動向は..??

投稿: Ken28 | 2008年9月19日 (金) 19:48

>Ken28様

>5DmarkⅡ

困ったものが出てきましたね(笑)
D700は画素ピッチを大きく、高感度に強い方針ですが、Cは高画素に振ってきました。天文適正はどうなるでしょうか、気になるところです。
フルサイズ機は、ファインダーに小細工をしなくてもちゃんと見えるファインダーになるのも魅力ですね。
動向によっては、たぶん安くなる現行5Dもねらい目だったり。
まあ、私はしばらくはDSLRは買いません。(←正しくは、買えません)

PENTAXは、以前、「フルサイズよりは645Dを先に出す。」といっています。
645Dが35万で出たら、面白いでしょう。
その645Dも凍結ですから、フルサイズはまだまだ先でしょう。
いきなり出てもレンズがないし。
KissFにして、心も落ち着き、じっくり待てるような気がしてきました。
すっかりPENTAX熱が冷めていた、なんてことになっていなければいいですが。

投稿: 豚磨 | 2008年9月20日 (土) 22:21

僕は今のメインがEOS 20Dなのですが、ほぼMF専用で使っている*ist DSがかわいくてたまらないので、いっそのことK10Dの中古でも買ってペンタックスに乗り換えるかー、などと思わないでもなかったのですが、AFについて調べてみて大いに萎えました。確かに手元の*ist DSとEOS 20Dと比べても全然違うし・・・・。薄暗いとなかなか合わないよDS!20Dはバチっと合うのに!もちろん、*ist DSはKマウントMFレンズ専用ボディとしてかわいがり続けますが。

ということで、色々参考にさせていただきました。ありがとうございました。

投稿: yimamura | 2008年11月19日 (水) 16:08

>yimamura様

私のほうは、その後、どうもKiss FのJPEGでの発色が時々色があせたようになって好きでなく、写欲が減退しています。
RAWで調整すれば問題はないのですが。
その後、Kiss Fも残してありますが、*istDを取り戻したところです。が、操作のレスポンス、高感度の画質にさすがに古さを感じます。EOSの中級機に進学するか、次期PENTAXまで待つか、なかなか結論が出ませんでしたが、もう少しフィルムで遊ぶことにしました(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年11月20日 (木) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/42500411

この記事へのトラックバック一覧です: Kiss Fと半月:

« 山に赤道儀・・・ 6×7編 | トップページ | MDレコーダ復活 »