« 再び御座山 | トップページ | 山に赤道儀決行の日(その1) »

2008年10月24日 (金)

PENTAX K-mに触れてきた

 いよいよ発売日。たまたま焼き増しのついでがあったので、拝顔しにいった。
最初は正直、技術的には、現状持ち駒の焼き直し位で新鮮味にかけるなぁ、と思っていたのだが、PENTAX HPでは開発担当者の熱き思いが日を追って追記され、案外いいかも、と気になってきた。

Pkm

C社5DMkⅡなどは発売前からカタログを手にとることができたが、K-mはつい先日まではぜんぜんなかったので、キ○ム○はPENTAXには冷たいのかな、などと勘ぐったりもした。さすがに今日は、カタログは用意されていた。

 ガラスケースの中に、実機はあった。
勇気を奮って、店員に「触らせてください。」というと、

あいにくそうな表情を浮かべて、
「まだ、ないんです。」
でも、あそこにはありますが・・・というと、
「えっ、もう来てたっけ。(ちょっとびっくりという表情)」
その程度の扱いというのは、ちょっと悲しかったが(苦笑)

「ちょっと待って下さい。初期設定もしてませんので。」(笑)

 持ってみる。*istDより心持ち軽い。アルカリ電池のせいもあるだろう。
小さすぎて困ることもない。

 シャッターを切る。けっこう、シャキシャキ、音も動作も軽快だ。

 AF。最後の微調整でカクカクと小刻みになるのは相変わらずだが、刻みの幅は小さいし、収まりもK10D比、有意に速くなった感じ。明るいコントラストのある被写体にはギューッと一発で収束することもあった。少なくとも、K10Dに対するK20Dの改善よりわかりやすい。
DA Lレンズは合焦は決してダルくなかった。(誰も言わないが、QFSがないことも合焦性能の向上に一役買っているのでは)
あるいは5点測距にスペックダウンした分、信号処理は相対的に余裕が出たのかな。
できれば、DA Lレンズはドイツのサイトで誤植だったKAF3にすればよかったのに、と思う。
あえてスーパーインポーズがないのは、実用的には問題なくても、ちと淋しいのであるが。

 ファインダーは、KissFよりは広い。が50歩100歩ではある。ガラスプリズムの*istDには当然ながら及ばない。

 軍艦部のサブ液晶パネルがないので、いろいろな設定は与えられた短時間では出来なかった。
慣れれば問題はないと思う。

 個人的に残念なのは、ケーブルスイッチが使えないこと。KissFのように、リモコン受信は割愛しても、ケーブル端子をつけて欲しかった。せめて、バルブ時、”リモコンを一度押して開き。もう一度押して閉じ”にファームウェアで変更できるようにして欲しい。
「お母さん達向けのカメラで、星を撮るとは想定してませんからねぇ(笑)」と店員。
あと、「画像加工で遊べる幅が増えてます。」

 さてK200Dキットの価格を聞いてびっくり。Wズームキットでも、下級機のK-m標準ズームキットより安く、一段とお手ごろ感拡大。K200Dはすっかり立場がなくなった?のか。
あらためてK200Dを握ると、少し持ち重りはするけどしっかりした剛性感。
「ケーブル端子もついているし、K200Dでご検討を。」と店員。(苦笑)
きっと、K-m登場で、ますます売りにくくなったのでは。
でも、お値段と天秤にかけると、うーん、微妙だ。(それでもK-mの新しさにやや心が傾くのであるが。)

”燃費”がいいのも美点。そして、電池の種類ごとに違う特性に応じて切替できるのは、なかなかマニアック。一概に「お母さん達向け」といえないのでは。

 今日は画質は確認できなかったが、PENTAX HPの作例や雑誌の評価を見ると期待できるのではないか。
 ライバルに比べてライブビューのようなこれといった飛び道具がない、地味なのは否めないが、画質が期待通りなら、思った以上にお買い得なのではないだろうか。
 

|

« 再び御座山 | トップページ | 山に赤道儀決行の日(その1) »

コメント

今日が発売日だったんですね。
雑誌などでも評判は悪くないようですが、個人的には食指が動き
ません。
K10D、*istDsと2台のKiss。
現在の所有機では対応できない部分をこのカメラが埋めてくれる
とは、残念ながら思えないのですよね。(--;

投稿: ich | 2008年10月24日 (金) 22:49

>ich様

私もK10Dを手放していなければ、あまり関心もなかったかもしれません。
ファミリー向けのKissFでも星は撮れるし。

しかし、どうもKissF、昼間の写真で好きな発色になりません。使いこなしも完璧ではないのですが。
まあ、この個体のトラブルかもしれませんが。
また、銀塩からのKマウントレンズが退屈そうに鎮座しています。
小型の1000万画素のKマウント機も欲しい。。。と、どこかで物欲の芽が育っています。
この物欲の芽は、中古の6×7用広角レンズにすり替わってしまうかもしれませんが(笑)

投稿: 豚磨 | 2008年10月25日 (土) 00:30

大分肩身の狭い売り方をされているペンタですが、K-mは置いてありました。
感想は、小さくなったことはいいのですが、今ひとつ提案が足りないと感じました。
たとえばデザイン面。
ポップUPストロボは必要だとしても、デコが出っ張っているのはマイナスでしょう。
ここは思い切ってホットシューを削除してでも、新しいデザインを展開すべきではなかったか・・・
そんな余裕無いかもしれないが、斬新な割りきりが新しい価値を生むこともありますよね。

でも面白い表現機能もあってそれなりに楽しめるカメラかもしれません。

投稿: らすあるはげ | 2008年10月26日 (日) 11:56

本日、金沢の量販店へ行きましたが、K-m実機の確認を忘れてました。(汗)

同機にはバルブ時のレリーズ端子が無いようなので、今のところパスです。
何のためにバルブ可能にしたのか?聞きたいところです。
#バルブ露光時にレリーズ無いと駄目でしょ。
(ROM更新により赤外線リモコンでもバルブのOn-offできるようになれば検討します)
こんなこと↑をいう人には開発中の天体用デジ一眼にせよ、ということなのでしょうかね?
(できれば、K10D並みの価格で..無理か。)

投稿: Ken28 | 2008年10月26日 (日) 18:08

>らすあるはげ様

>小さくなったことはいいのですが、今ひとつ提案が足りない
私も正直のところ、同感です。
ファンとしては、これでPENTAXが体力をつけて、次に飛躍して欲しいので、売れて欲しいな、とは思いますが。
普通に使うには、きっといいカメラでしょう。
しかし、一歩踏み込んだときにも応えてくれる、それが一眼レフの意義だとも思うのです。

>Ken28様

普通に使うには、地味にいいカメラだと思われます。
確かに、バルブ、使いづらい。
ママの使うカメラには、いらないのか。
KissFもファミリーの使う(想定の)カメラだけど、バルブは使える。
そう考えると、コンセプトの違うカメラに一生懸命自分の趣味方面を重ねなくて良いのかも。
しかし、3機種しかない展開の中で、消去法で選択枝がなくなるのもつまらない。
小型軽量は、こだわり人のサブカメラにもなりうるので、うまくやってもらいたいです。

投稿: 豚磨 | 2008年10月28日 (火) 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/42891489

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX K-mに触れてきた:

« 再び御座山 | トップページ | 山に赤道儀決行の日(その1) »