« 通勤記録081109 | トップページ | 在りし日の急行信州(2) »

2008年11月12日 (水)

在りし日の急行信州(1)

サウンド付きでお届けします。

急行信州7号上野発車 MP3ファイル、約3分、約3MB  (for Windows Media Player)

1984年12月27日収録。

Ue1978_2

画像は、上野駅5番線(たぶん)に入線した急行信州号。
音声収録とは別日です。1977年ごろ。
扉が開いて座席が確保できるまでは、列を外せない。そんな緊張感が・・・。

 音声を収録した1984年は、まもなくに控えた次期ダイヤ改正で、昼行の急行信州は全廃されるとのことで、サウンドを残しておこうと、デンスケかついでちいさな録再ウォークマンで録音しました。

 それからは、特急あさまが全面支配することになります。
 しかし、急行がないのに特急とは。特急とは、特別急行なのに。と心の中で反駁した貧乏学生でした(笑)

 ついでに、熊谷入駅のようす。MP3ファイル、約2分、約2MB 
 急行信州7号は、19時少し前、上野を出るわけですが、ラッシュ時間帯に重なります。
 東北線・高崎線も通勤ローカルが先行していて、なかなか持ち前の俊足を発揮できません。
 ようやく熊谷に近づいてから、先行列車から開放されたようです。駅到着すれすれまで速度を上げて、突っ込み気味に停車します。
 弁当売りの声が、ちょっと怖いくらい(笑)

|

« 通勤記録081109 | トップページ | 在りし日の急行信州(2) »

コメント


3時間かかっていた頃が記録されておるとは!
クリアに収録されてますね、なんとも懐かしい
車内放送を聞いていて、ポイントの場面では
思わず体をゆすっている自分 笑

こりゃええですよ

投稿: baja | 2008年11月10日 (月) 11:28

>baja様

コメントありがとうございます。
たぶん、大多数の人には雑音としか思えないでしょうが(笑)、
同郷ゆえの共通的懐かしさではないかと思います。
もう少し体裁を整えて、シリーズ化できたら、と思います。

投稿: 豚磨 | 2008年11月10日 (月) 23:21

毎日こちらのHP、チェックしています。
山登り、天体観測、鉄ちゃんと、僕も全く同じ範ちゅうの人間です。(笑)
僕は小諸市に在住です。年代もたぶん同じぐらいかと・・・。
でも、信州5号さんほど、アクティブに活動していませんが・・・。
さて、急行信州号、懐かしいですね。車内放送、感動です。鳥肌が立ちました。
碓氷峠越えも、雰囲気伝わります。まさに古き良き?国鉄時代です。
もし、特急あさま号の音もあったら公開して欲しいです。
これからも、楽しみに拝見します。

投稿: イワカガミ | 2008年11月15日 (土) 11:30

>イワカガミ様

はじめまして。
ご愛読いただきまして、ありがとうございます。

>全く同じ範ちゅうの、小諸市に在住、年代もたぶん同じぐらいかと・・・。
なにか、心強くなります。ネットの広がりって面白いですね。

私も急行信州号にはいろいろな思いがしみこんでいます。
ブログのタイトルにするくらいですから(笑)
国鉄という響きも懐かしいです。
もっとも、国鉄のままだったら、現在の鉄道網そのものがだいぶなくなっていたかもしれませんが。

>特急あさまの音
碓氷峠廃止の直前に、ホームビデオで収めました。が、残念ながら保存状態が悪くて再生困難なのです。
誰かやってくれる人いませんかねぇ。
これからもよろしくです。

投稿: 豚磨 | 2008年11月16日 (日) 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在りし日の急行信州(1):

« 通勤記録081109 | トップページ | 在りし日の急行信州(2) »