« 今期設備投資を考える | トップページ | Kiss Faへ »

2008年11月26日 (水)

貧すれば鈍す

 天体用に開発されたEOS 20Daのローパスを移植してあった我がKissDですが、カラーバランスのほかにピント位置がずれる、マウントをシロウト改造してPENTAX Kマウントにしてあるので、光軸の垂直性にも疑わしい結果が現れている。
 
 これを摘出して、KissFに移植すればいいのではないか。少なくともピント位置の移動はライブビューでカバーできる。と、ぼんやりした頭でKissDを捌き始めた。

Kissd_inner

 CMOSと基板を結ぶフレキがぼろぼろなので、この手術をするとKissDは死んでしまうかも。たとえうまくいってもローパスなしでは非常に使いにくいので、事実上死んだも同然なのだが。

Kissd_injuref

やはり、死んだ。前回の改造で、コネクタが外れないようにお馬鹿なことに接着剤でとめてあったので、フレキは破けた。
結果、KissDはゴミとなった。

Kissd_finish

KissDの死と代償に20Da用のローパスは取り出したのだが。

Kissd_20da

良く見ると、内面からカビのような汚染が見えるorz
外してみたらCMOSガラス側のカビであったのは、不幸中の幸いであった。

KissDの各部を、よく観察しておこう。
↓AFセンサー。

Kissd_basis

真ん中の割れたガラスは赤外カットフィルター。キヤノンの場合、AFセンサーにも赤外カットは入っている。光源の種類で合焦位置がずれると指摘のあるPENTAXにも入っているのだろうか。常識的には入っているはずだが。

Kissd_penmr

普及機を普及機たらしめるペンタミラー。
↓同展開図(笑)

Kissd_penm2

初代KissDは、内部機構が非常にのびのびと、シンプルに配置されている。
CMOSセンサーも特等席にあり、空間を広く取って放熱に細心の注意が払われている。
その分、がたいは大きくなるのだが。

 さて、この20Da用ローパスをKissFに内蔵するかどうかは、非常に迷うところである。

・ここまで犠牲を払ったのだから、当初の目論見どおりKissFaとして、使い勝手の良いアストロカメラをただで手に入れるべきである。
・うまくいっても、KissFaは夜専用。ピント位置はずれるだろうし、カラーバランスも昼用としては×→快速AFも、ISも無用の長物となる。
・これでKissFまで死んだら、どうしよう。ショックは大きい。

|

« 今期設備投資を考える | トップページ | Kiss Faへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/43229805

この記事へのトラックバック一覧です: 貧すれば鈍す:

« 今期設備投資を考える | トップページ | Kiss Faへ »