« PENTAX K-mで星を撮ってみた | トップページ | それでもBレリーズ(光電編) »

2008年12月22日 (月)

冬の銀河 KissF編

 天体用に改造してしまって、通常の写真には極めて使いにくくなってしまったKissF、自称KissFaなのですが、澄んだ星空ではいかほどか、試してみた。

Ginga_win_kissf

KissFa/smc PENTAX-DA FISH-EYE 1:3.5-4.5 10-17mm ED[IF]/広角端 開放 263sec ISO800  RAW DPPで現像
12/19 22:51~

 彩度は、KissFのデフォルト、ちょっと淡白だがHαはほんのりと出ている。
もう少し色気も欲しい気もするが、なかなか大人の色再現で、嫌いではない。
 折りよく流星が観測された。明るかった。ふたご座流星群ではないようだ。

 RAWで追い込むとKissFもなかなかいい。

|

« PENTAX K-mで星を撮ってみた | トップページ | それでもBレリーズ(光電編) »

コメント

ご自身で改造されたカメラだから、感慨も並大抵のことではないでしょう。
素晴らしいです。

眼では見えないHα光だから写らなくて当たり前ではありますが..
#天文人としてはやっぱりそれなりにHα光が写って欲しい。
そういう意味でみると、
a)IRC改造機は、写りすぎ?
b)銀塩エクタクロームは、ちょっと写りすぎ?
c)ノーマルDSLRは、物足りない?
改造KissFaの写りは、ちょうどbとcの中間辺り?というところでしょうか。
しかし、空の条件さえ良ければノーマル機でもちゃんと写る>空の条件が満たされぬ場合はIRC改造機が欲しくなる>(自作改造を諦め)物欲へ>猛省

投稿: Ken28 | 2008年12月24日 (水) 17:44

>Ken28様

 改造後、SDカード認識不良を起こしています。改造し、フレキシブル基板をソケットに差し込む際、破損をおそれ爪楊枝で挿入していたのですが、差込不足があとから発生した模様です。
 テスタのリード棒でしっかりと差し込みなおして以来、不調は直ったようです。

 KissFa、ローパス改造としてはもう少し派手な出方を期待するのですが・・・C)とB)の間といってもだいぶC)よりです。
ただ、素材はよさそうな画質ですので、ちょっと処理で工夫をすればいいのかもしれません。
 また、ピント位置のずれにより、ピントリング∞から繰り出さなければならないことは、IF方式のレンズでは問題ですが、フランジバック調整中です。(ジャンクキスよりマウントの座金移植し、もう少しまで来ました)
 直焦点や望遠レンズでは、ローパスに閉じ込めてしまったゴミもちょっと気になります。後日再手術かな・・・\(;゚∇゚)/。

いろいろ試行錯誤中ですが、金がないゆえの楽しみ方です。
しかし・・・今や冷却DSLRまで自作してしまう人もいるのですね。ついていけませんが( Д) ゚ ゚

投稿: 豚磨 | 2008年12月24日 (水) 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/43498206

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の銀河 KissF編:

« PENTAX K-mで星を撮ってみた | トップページ | それでもBレリーズ(光電編) »