« それでもBレリーズ | トップページ | PENTAX K-mで星を撮ってみた »

2008年12月17日 (水)

明けても暮れても

保護者懇談会が終わって。

Yuuyake

PENTAX  K-m / smc PENTAX-M  1:2.8  28mm / F4   0.5sec  ISO100  鮮やか

うーん、このレンズ好きかも。
画角も銀塩時代の本当の意味での標準、使いやすい。
現代版にリニューアルしてくれたらなぁ。

満月期に限って何で好天になるのか。
夕刻までは素晴らしく晴れるのに、何で夜になると雲が立ち込めるのか。
泊り勤務明けの日に限って、なぜ抜群に晴れるのか。

それでも、星空の冴える季節。
寒さに打ち勝って、また出かけてしまうのだろうな。

K-mファームウェア1.10配布。Bレリーズに関しては進展なしだが、遊び心のカメラとしては、順当。
そして、
K-m白バージョン??なんだかなァ。と思うと同時に、・・・欲しかったかも。(爆)
このメーカーには、過去にロクナナⅡ61リミテッドなんてのもあったことだし、相変わらずの”良き”体質である(?)。

|

« それでもBレリーズ | トップページ | PENTAX K-mで星を撮ってみた »

コメント

私は白バージョンに惹かれました(^^;。
人の多い場所で撮影する時に、黒ボディよりも目立ってしまうのか、という問題はありますが・・・。

投稿: Legin | 2008年12月18日 (木) 00:28

>Legin様

シルバーではなくて思い切った白。この世のものとは思えない光彩に、そしてその企画に、驚きを隠しえません(笑)


金属カメラの頃は2500円高いブラックにあこがれたのですが。
うーん、人前では勇気が要るなぁ(^^;)

投稿: 豚磨 | 2008年12月19日 (金) 11:33

カラーバリエーションモデルは、出すと思っていましたが、白は予想外でした。
天体望遠鏡のカラーリングをイメージした製品が出たら萌えそうです。(笑)
もちろん、カスタムファンクションでタイム露出可能で!

投稿: ich | 2008年12月19日 (金) 12:44

女性をターゲットにした場合、カラーバリエーションは欠かせないと思います。
さすがにホワイトカメラは驚きです。
ちょっと違和感を感じますが、Panaの新型小型デジ一眼も赤、青が出てますし、コンデジになると、更に多色ですね。(そのうち、柄入り登場かな?)

話を戻して、夕暮れの景色がきれいですね。
星好きとしては、どうしても完全夜景撮影が主になりますが、次第に黒さを増していく黄昏時の画像が好きです。

投稿: Ken28 | 2008年12月19日 (金) 20:55

>ich様

 うーん、一目見たとき、脳内も真っ白でした(笑)
PENTAXの望遠鏡とおそろいの微妙な薄グリーンはいいですね。Hα透過強化型で、Tレリーズ可で。
そんなLimitedだったら、ウハウハです。

>Ken28様
 
 いよいよDSLRも白物家電でしょうか(笑)
豹柄に、チャトラに、ミケもあれば完璧?・・・ちょっと脱線しすぎましたm(_ _)m

>次第に黒さを増していく黄昏時
スローな曲を思い浮かべながら、ゆっくり暮れる空を眺めながら過ごすひとときは、とても幸せです。

 

投稿: 豚磨 | 2008年12月20日 (土) 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明けても暮れても:

« それでもBレリーズ | トップページ | PENTAX K-mで星を撮ってみた »