« それでもBレリーズ(光電編) | トップページ | カノープスを見つけに »

2008年12月24日 (水)

午後のキハE200

 冬の陽がやや傾いた午後、陽だまりでじっとうずくまっていたい、と思うことがある。

 この付近の小海線、並行道路から離れ、わずか向こうには新幹線の駅もあるというのに、世の喧騒から隔絶したかのようなローカル感が好きだ。

Nato_229d_2

PENTAX  K-m/smc PENTAX-DA  1:4-5.6  50-200mm  ED  鮮やか

冬の枯れた感じを出すには、カスタムイメージ「鮮やか」はちょっとミスセレクトか。
K-mは色のノリがいいので、ナチュラルでも充分かも。

このところ日々ブタ化する自分に恐れおののき、久しぶりのチャリ発動。CS2500でゆっくりと。冬はCS2500もいい。しかし、一年で600kmほどか・・・。
Dst20.33km Tm1h27m16s Av13.9km/h Mx40.0km/h Odo674.6km

|

« それでもBレリーズ(光電編) | トップページ | カノープスを見つけに »

コメント

世の喧騒から隔絶したかのようなローカル感が好・・・・。<<<鉄道好きが乗って楽しもう、と言う時にはうれしいけど余りにも乗客が少ないと心配になってしまう。←自分勝手な話で・・・。

投稿: suge | 2008年12月25日 (木) 20:04


この先光り輝く佐久平駅があるとは思えない風景
茂来山1717バックのE200も乙ですな

投稿: baja | 2008年12月25日 (木) 20:55

>suge様

 畑の中、突如鉄道車両。よーく目を凝らすと2条のレールが・・・。というような感覚の場所ですが、新幹線接続駅まで1キロちょっと、小海線の中でももっとも乗車人員の多い区間です。
 うっかり通学時間帯に乗れば、窮屈な姿勢で立っていなければなりません。
とはいえ、国鉄のころは100円稼ぐのに700円前後かかった不採算路線、田んぼの中に「乗って残そう小海線」という看板が立った時期もありました。

 小海線はJR線路日本最高地点に代表される自然条件や勾配などがきつく、今や車の開発で言えばテストコースともいえる位置づけなのでしょうか?
車両、地上施設ともに新しい試みが投入されているように見受けられます。

>baja様

 長年この地に住んだものとしては、茂来山を見るとホッとします。
この山と小海線のコンビネーションも、またいいなと思った次第です。

投稿: 豚磨 | 2008年12月26日 (金) 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/43518584

この記事へのトラックバック一覧です: 午後のキハE200:

« それでもBレリーズ(光電編) | トップページ | カノープスを見つけに »