« ♪こんな夜に発車できないなんてorz | トップページ | 肉離れ »

2009年2月25日 (水)

ルーリン彗星09225

 前超勤+後超勤の長い泊まり勤務を明けたが、天気はどんより。

帰宅後、冴えない気分で玄関の段差を踏み外し、解明できない力学が働いて左ふくらはぎを後部から強打。
当初、単なる打ち身かと思っていたのだが半日たっても痛みが引けない。普通の歩行にも差し障る。松葉杖ほしい。
 天気が回復すれば、赤道儀しょって山に行くはずだった。グスン。これでは山どころか日常生活にも差し障る。
 PTAのちょっとした打ち合わせを済ませて、組合の会議。跨線橋を使っての電車の乗り換えも、駅から自宅までの道のりも、苦痛に満ちたものだった。「エレベーターがなくてとっても大変だったわよ。」という人の気持ちがわかったのだけが収穫だったorz

 が、駅を降り立ってみると、星が見える。ボケ気味ではあったが、晴れている。
ルーリン彗星はたしか、地球に最接近のころだったなぁ。
これは行くしかない。幸い、右足は無事、AT車なら問題なし。

Euip225

が、これだけ組み立てるのも難儀だったorz
組み立てると、日も回って2/25に。

  さて、彗星。

Lurin225w

PENTAX K-m/smc PENTAX-M  1:2.8 28mm  F4/1:01より71sec  ISO400  RAW
SPACEBOY赤道儀で追尾

↑実は、これは雲が出始め、撤収する間際の画像。
しし座の足元に土星。その割とそば。
7×50ファインダーでは確認できるが、肉眼では無理だった。

300mm望遠レンズでは、なんとか土星と同一の視野に写せる。

Lurin225m

PENTAX K-m/Super-Multi-Coated TAKUMAR6×7  1:4 300mm開放/0:35より235sec
ISO400  RAW   長秒時NR ON SPACEBOY赤道儀で追尾

さらに、主砲で狙った。

Lurin225ne

KissFa/タカハシMT-160+レデューサー D160mm F4.8/ 0:10から253sec  ISO800
長秒時NR ON 高感度NR ON  RAW
EM-200赤道儀で恒星時追尾

恒星にあわせて追尾すると、4分ぐらいでも彗星が移動していくのがわかる。
イオンテールが逆側に出ていたが見えなくなった。ので、そういうものかと思っていたが、もっと強力な撮影をしている人のを見ると、依然として2本の尾が出ているようだ。

撮影体制に入ってから一時間ほどすると、雲がやってきて空を薄く厚く覆いつくしてきた。あまり強力な撮影はできなかったが、ともあれ、前回で見納めでなくて良かった(笑)

|

« ♪こんな夜に発車できないなんてorz | トップページ | 肉離れ »

コメント

土星とルーリン彗星の最接近遭遇を見ることができませんでした(涙)でも、このサイトで堪能させていただきました。ありがとうございます。

投稿: みっちゃん | 2009年2月25日 (水) 22:00

さすがにMT160画像は迫力がありますね。
彗星はついつい長い尾(全体の撮影)に目が行きがちですが、大口径による(たとえ一部であっても)尾の細かな流れにも憧れます。
(マックホルツ彗星の時に痛感しました)
とはいえ、当地でも運良く見られてラッキー、という感じの天候でした。
(透明度悪くて肉眼確認できませんでした)
実質的に先週末(21-22日)の観察が一番条件が良かったように思います。
#今週末辺りまでがチャンスかなぁ?

投稿: Ken28 | 2009年2月25日 (水) 22:05

前エントリで気になっていましたが、足の具合は大丈夫ですか?

今週に入ってから、天候に恵まれず彗星の観察も果たせていません。
大口径の迫力も魅力ありますが、土星に絡んだ画像は撮りたかったなぁ。残念。

投稿: ich | 2009年2月25日 (水) 22:56

>みっちゃん様

 ほんの一時間ほどでしたが、観測、撮影することができました。
手持ちの300mmでちょうど収まったのもラッキーでした。
晴れている間もボケ気味で、土星が満月のように広がっています。
きれいに晴れた日に、極上の空の得られるところに行ってじっくり撮りたいのですが、与えられた範囲でのチャンスを生かすしかありません(笑)

>Ken28様

 自分も、過去に、長焦点でも狙っておけばよかったと思う彗星がありました。
尾の微妙なグラデーションや蛇行のような乱れなどは長焦点がいいです。
 しかし、今回は見かけ上の動きが速く、コンポジットはあきらめました。
彗星核追尾など、考えなければなりません。
情景的な描写の300mmでも撮ってみました。
肉眼では見えませんでした。この日は、御地も同様な天候状況のようですね。
21-22日のときは、慣れると肉眼でも見えましたから、天気はあの日が一番良かったと思います。
私は観測器具が運び出せなかった、あの日です。_| ̄|○

>ich様

 整骨院で診てもらいました。左ふくらはぎの肉離れ、とのこと。トホホ。
痛みのピークはルーリン彗星の見ごろと重なり、ほぼ日常生活に支障なくなるのは半月、完治は2ヶ月とのことorz
せっかく自分的には3連休なのですが、腐っています(笑)
 そんな中でちょっとだけ天よりチャンスをいただきました。
大口径を生かすには、追尾を考えないといけません。が、この件に関しては、何年も進歩せず。なんとか自動ガイドというのもやってみたいとは思っていますが。

投稿: 豚磨 | 2009年2月26日 (木) 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44172189

この記事へのトラックバック一覧です: ルーリン彗星09225:

» 【ルーリン彗星】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
ルーリン彗星 についてブログの検索結果をまとめると… [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 16:28

» 最接近日の鹿林彗星 [星空雑記簿.。.:*・°☆]
運良く晴れてはくれなかったが、雨雲・薄雲の間から拝むことはできた。透明度が悪く、肉眼では確認できなかった。冬の時期だから、見えただけでも吉としたい。 [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 18:32

« ♪こんな夜に発車できないなんてorz | トップページ | 肉離れ »