« ルーリン彗星09225 | トップページ | ルーリン彗星09302 »

2009年2月27日 (金)

肉離れ

 2/24、家の玄関で左足を滑らせ、その後痛くびっこを引いていた。
 2/25になって近くの整骨院にいった。
Dr:「保険証拝見する前に・・・やな予感。音しませんでしたか。」
豚:「音はしなかったと思いますが。」
Dr、いきなり足首を触り始める。「ああ本当だ。アキレス腱はつながっている。じゃあ、うちで診れますから、保険証を。」
「ずばり肉離れです。痛さはここ2-3日のあいだ強まり、ほぼ痛みが引くのが半月。押しても痛くない完治は2ヶ月くらいかかります。」
いろんな周波数の電気をかけられ、いろんな周期でびりびりとする。
Nikonのローパスもイメージセンサークリーニングは(3つの周波数で)こんな感じでしびれるのだろうか、などと他愛もないことを考えていた。

ああ、山は当分無理。
ああ、せっかくできた3連休は豚のように家で体を横たえるのみ。
何もかも、排泄行為すら面倒くさいorz
あの一瞬がなかったら、と過ぎてから思う。 

こんなときは雨読、新田次郎の山岳小説、「孤高の人」を読み始めることにした。

|

« ルーリン彗星09225 | トップページ | ルーリン彗星09302 »

コメント

新田次郎の作品はかなり読みました。「聖職の碑」「アイガー北壁」「雪のチングルマ」・・・・。少し年月がたてばまた読める作品が多いので経済的で助かります(なんじゃそれは!)

肉離れ←自転車、やらないからじゃん(違うか)

投稿: suge | 2009年2月27日 (金) 09:19

>suge様

私は、「八甲田山死の彷徨」「蒼氷」につづき、3冊目です。
お恥ずかしいほどまったく本を読まなかったのですが、山をやるようになって、読んでみることにしました。
「聖職の碑」も読んでみないといけないなぁ。

>肉離れ←自転車、やらないからじゃん(違うか)

Drに、自転車今でも乗っていますか、と聞かれた(汗)
いつかここにきたとき、自転車しか乗れません、といったのを覚えていたようだ。
「今はほとんど乗っていません。」
肉離れ中も、歩きより自転車のほうがいいですよ。乗り込むとき大変ですが・・・。だって。

早速、けさ小学校の用事に、自転車で行ってみました。
足を引きずりながら歩くより6倍速い。
おお、こんなところからチャリ復活させようかな(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年2月27日 (金) 10:58

ご無沙汰しております…ってとんでもないことに(汗)
とにもかくにもおだいじに。
私は膝が悪く、冬場になると時々激痛に襲われます。
そうなると痛みがひくまで、家でじ〜っとしますです。
で、そんな時に限って外せないイベントがあったりするんですよねぇ…

投稿: Sukeru | 2009年2月28日 (土) 22:26

せっかく準備されていたのに、山行きが延期とは残念でしたね。
この手のケガは、思いがけない時に起こる(ケガは大抵そうですが ^^;)ものなんですよね。
私も運動不足状態からなかなか抜け出せません。
失礼ながら自分自身への貴重な戒めとさせていただきます。まずは、お大事に。

投稿: ich | 2009年2月28日 (土) 23:30

大変な状況なんですね。お見舞い申し上げます。
(山行中の事故でなくて良かったですね)
山ではありませんが、夜中に独り星空を求めて出歩くので他人事とは思えません。
(自分も気をつけなければ..と思います)
考えてみれば「孤高の人」も、よく似たシチュエーションと言えそうですね。
が、現代社会は組織ぐるみというか、個性尊重といいつつも単独でことを成し遂げる時代では無い気がします。
#せめて仕事offの時ぐらいは..

投稿: Ken28 | 2009年3月 1日 (日) 21:58

>皆様:レス遅れまして申し訳ありません。

>Sukeru様

 回復は遅々として進まない、そんな焦りが苛立ちになって、顔に出ております。
不自由な左足をかばうため、右足や腰や腹筋や肩や首筋まで痛くなりました。
くしゃみをするとそれらに激痛が走り・・・。
 そのくせルーリン彗星を写しに寒空に機材を組み立てたり。(笑)

 話題は変わりますが、貴ブログで拝見したDA☆55、すばらしくよさげですね。
なんとかしたい~。

>ich様

 山行きの前におきて、ある意味では不幸中の幸いだったかもしれません。
この間、天気もおもわしくありませんでしたし。

 現場検証してみると、後部を強打は物理的に考えづらく、あわてていて左足の着地時の実際の速度に対して、体感している着地のタイミングや位置がずれたため、筋肉に過大な引っ張り応力が働いたものと推定されます(苦笑)
 だいぶ足が支えるべき荷重もこのところ増加の一途でしたし、適度な運動を心がけなければ。

>Ken28様

 そうなんです。山行中の怪我だと思うと、ぞっとします。
そして、この間に妻子を置いて亡くなった「孤高の人」を読む機会を得たことは、いろいろと考えさせられるものがありました。

 夜中に独り星空を求めて出歩く、というのは、心持は「孤高の人」に相通ずるものがあるように思います。
加藤文太郎に比べたら困難の次元はまったく異なりますが。。。
 一応(笑)妻子ある身としては、臆病なくらいの山行は今後もやっていこうと決意を新たにしました。
それにしても足が痛いですorz

投稿: 豚磨 | 2009年3月 3日 (火) 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44187386

この記事へのトラックバック一覧です: 肉離れ:

« ルーリン彗星09225 | トップページ | ルーリン彗星09302 »