« 通院(肉離れ) | トップページ | ETC »

2009年3月31日 (火)

ちいさい春みつけた(?)

 変な声で鳴く猫その1

Wcat

 変な声で鳴く猫その2

Puma


 ここからは、春分の日には槍ヶ岳のすぐそばに日が沈んだ。数日でずいぶん太陽の見かけの位置も変わるものだ。

Yuuk

いつか、穂高連峰や槍ヶ岳にも登ってみたいものだ。
PENTAX K-m/DA50-200

|

« 通院(肉離れ) | トップページ | ETC »

コメント

>変な声:
そういえば、ちょっと前に家の近所でも聞いたような。
望遠鏡を保管している納屋の2階に猫が入り込んでいて、少々不安。(^^;
こんなんだから、肝心なときに・・・<自業自得
最近は田圃に水が入ったこともあって蛙の声が喧しいです。

雄大な夕日ですね。海に沈む当地とはまた違った魅力的な光景です。

投稿: ich | 2009年3月31日 (火) 23:07

>ich様

いつだったか、ウォーリーを探せ流に、こねこちゃんがいっぱいのエントリー、ありましたね。
私のところでは昔、買ったばかりのCDラジカセ、猫にマーキングされ、基板腐食でお陀仏orz

もう田んぼに水が入るのですね。( Д) ゚ ゚
蛙の声は、まだまだこちらではありえません。こちらではまだ日陰には雪があったりします。

夕日、この日は不思議な焼け方で、デジカメ向けて撮っている人がほかにも何人かいました。
海への夕日、あこがれます。

投稿: 豚磨 | 2009年4月 1日 (水) 11:30

すばらしいジャンプ!それを見た怪我のおじさん、羨ましい。

夕日の写真にもレールが! さすが。

投稿: suge | 2009年4月 1日 (水) 20:41

>suge様

 体のバネを巧みに使って、身長の3倍はあろうかという高さへジャンプするさまは、正直今の自分にはうらやましかった(笑)

 へたれ鉄野郎は、主題とは無関係な場面でもレールを入れたりします(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年4月 2日 (木) 08:17

愛犬生存中は、自宅で夜間観察のお供をしてくれました。
その愛犬が亡くなって10年経った今、近所のネコ数匹が自宅で夜間観察のお供?です。
遠巻きにささっと通るのやら、(2,3mの距離をおいて)しばし様子を伺うのやら..
ネコにしてみれば『こんな夜中に何しとるんじゃ?』としか思ってないような(笑)

投稿: Ken28 | 2009年4月 5日 (日) 16:57

>Ken28様
 
あの「星雲星団ガイドブック」の藤井旭氏の、愛犬チロのような心温まる情景が思い浮かびます。
そこへいくと猫は自由奔放、一枚目の画像の猫には、買ったばかりの魚眼ズームの前玉をぺろりと舐められました(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年4月 5日 (日) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44524241

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさい春みつけた(?):

« 通院(肉離れ) | トップページ | ETC »