« 今日のS52 | トップページ | 湘南色169、最終日前日 »

2009年3月17日 (火)

霜切列車

3/15早朝も、霜が降りていた。
運行に苦労しているであろう人には不謹慎だが、このアークを写真に収めてみたい。

真っ暗ななか、接近を待つ。
待てど暮らせどこない。あれっ?
あっ、しまった。一時間ほど早かったorz

仕方がないので、車で一時間ほど不貞寝して、待った(笑)。
あっ、3月にもなると、この時間はもう明るい。
アークを写すには難しいかな。と思って待つと、
来ました。バリッ、バリバリとパンタグラフからアークを出しながら。


その1

K8694m

が、アークは写らなかった。
*istD/DA L18-55/RAW

目には残像効果で継続的に見えるのだが、あんがい一回一回の継続時間は短いもののようだ。
雷を写すようなものなのか。うーん。
その折り返しで再度挑戦。

K8691m_2

ブボッ、バリバリとアークが出ているのだが。

K8691m_3

PENTAX K-m/DA L18-55/RAW

やっとパンタグラフに青いアークを伴った写真は得られたが、アークに目で見るような迫力がない。(運転に気を使っている運転士、ごめんなさい。)
以前動画で撮ったこともあったが、アークを捕らえるなら、動画のほうがはるかにやさしい。

スチルでいかにこのアークを表現するかは、とても難しい。

|

« 今日のS52 | トップページ | 湘南色169、最終日前日 »

コメント

なるほど。確かに雷とか流星を写すのに近いかもしれませんね。
うまく写れば、面白い画になりそうですが。

こういうのを考えると、デジタル一眼レフの動画機能というのも
案外(?)有効なのかもしれませんね。

投稿: ich | 2009年3月17日 (火) 05:52

写真撮影、ご苦労様でした。

投稿: suge | 2009年3月17日 (火) 07:48

>ich様

ペルセウス流星群のような流星は、写っているのは30コマに1枚ぐらいのものなので、似ています。
その時間にそこに行っていれば列車自体は撮れますが、霜の降り方は自然現象なので、チャンスは意外と限られます。
D90とか5Dmk2の動画なら、写っている確率は高まりますが。。。

そうだ、流し撮りという手もあったなぁ。こんどやってみようかな。でもその前にシーズン終了かもしれない(笑)

>suge様

好きでやっているはずなんですがねぇ。
趣味でやっていることなんですがねぇ。
なんでこれほどに、はまるのでしょうか(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年3月17日 (火) 21:57

趣味なのですから他人(私)の言葉に惑わされることなく精進してください。仕事だったら1時間も時間を間違える・・・・!なんて事は無いでしょうから???

処で1枚目の写真の頂きにある黒い点は何であるか、と?

投稿: suge | 2009年3月21日 (土) 07:53

>suge様

 仕事より熱が入っているかも。仕事より創意工夫を試みているかも(笑)

>黒点
 浅間山の地熱か、ローパスのごみかはたまた画素欠陥か?と思いましたが、別のカメラであるK-mでわずかに時間の異なった撮影画像にも、位置をかえて出現しています。
カラスかそれより大きい鳥だと思われます(笑)。

投稿: 豚磨 | 2009年3月22日 (日) 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜切列車:

« 今日のS52 | トップページ | 湘南色169、最終日前日 »