« ルーリン彗星09302 | トップページ | 読後感想 »

2009年3月 6日 (金)

RICE

肉離れの治療は

Rest 休養
Icing 冷却
Compresson 圧迫・・・テーピングなどで血流を制限する
Elevation 患部を心臓より持ち上げる

だそうだ。
そうはいっても、仕事休んでもいられないし。

2/24に受傷して以来、回復は遅々として進まないように感じる。
起床して起立すると、患部に血流がチャージしてなじむまで痛い。疼痛。
朝の小用に間に合わせるのがつらいorz

それにむくみが出てきた。
おぞましい生態写真2枚あります。ご注意。(自戒のため、あえてアップロード)

左、これでは、まるで象さんの足orz

Mukumi1


ボエエェ。きったねぇ。スミマセヌ・・・

Mukumi2

健全な右足がむしろひ弱にみえるのだが。
パンパンに張って、妊娠線みたいなものがでてきた。ボエエェ。

早く不自由なく歩けるようになりたい。
早くDA☆55欲しい。
早くDA15Limited欲しい。
(笑)

|

« ルーリン彗星09302 | トップページ | 読後感想 »

コメント


災難でしたね
ウン十年前スキーで右大腿骨骨折、入院生活3ヶ月
歩けない”苦痛”は肉体的にも精神的にも大変でした
医療、家族あって現在があることと感謝、またそのお陰に
現在健常者でいられること自体に感謝できます

不意の出来事とはいえ、無理をしていたのでは
もう一歩考えを及ばして行動することも年齢を重ねた
現在は大切ですよ。

早くよくなって 
新レンズ 医療保険で購入できればいいですね 笑←失礼

お大事に

投稿: baja | 2009年3月 7日 (土) 09:46

う〜んこれは大変ですね。私も足首を捻挫したことがありますが、半月くらいは紫色に腫れてました。
通院するほどではありませんでしたが、結構不自由な思いをしました。
左足だったらクラッチを踏むのに苦労したかも知れません。(^^;

お大事に。

投稿: ich | 2009年3月 7日 (土) 15:00

>baja様

いつか、貴ブログで入院が話題になっていたと記憶しますが、大腿骨骨折とは。
入院3ヶ月とは、気が遠くなります。

このエントリ書いて以来、少しずつ改善の兆しが出てきました。
痛くない稼動範囲が少し広がってきました。
ただ、やはりかばうためのほかの筋肉がくたびれます。

無理な瞬発的な動作があった、結局はあわてていたのだと思います。
どんなときでも、急発進は禁物ですね、この年では(苦笑)

新レンズは、しばらくお預けかな? 予算措置が。。。


>ich様

実は、左足首は自分にとっては鬼門です。
過去2回、靭帯損傷をやっています。
一回は職場のソフトボールで酔っ払って思い切り三振し。。。
当時はMT車だったので大変でした。
二回目は執務中にorz
それ以来、とにかく足首を捻らないように気を使ってはきました。

しかし、肉離れというのは今回が初めてです。
ふくらはぎの中で、再構築が盛んに行われているのでしょう。
最初から何とか歩けるのはいいのですが、回復は靭帯損傷より遅い気がして。。。単に加齢によるものかもしれませんがorz

投稿: 豚磨 | 2009年3月 8日 (日) 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44265180

この記事へのトラックバック一覧です: RICE:

« ルーリン彗星09302 | トップページ | 読後感想 »