« 痛快底抜けギャグ | トップページ | ここまでのPENTAX K-m感想と今後の・・・ »

2009年4月24日 (金)

通勤記録09423

 久しぶりに以前の営業所に勤務。まれに前いた営業所にも出勤になる。
これはジテツーするしかない。願ってもないチャンス。
 そこで、出勤に先立ち、この間サドルを5mmほどあげたのに伴い、ステムを緩めてハンドルも5mmほど上げることにした。
ところが・・・再度ステムのビスを締めているとき、急に手ごたえが軽くなったorz
強く締めすぎて、ねじ山を壊してしまったのだ。この瞬間悪夢ならぬ”捨夢”かorz
ステムはいわば中枢神経。弱り目に祟り目。
だいたい、素人はねじをむやみやたらに強く締めすぎることが多い。
長いボルトとナットで、ステム外からはさみつけてともかく応急処置し、出勤。

向かい風がとてつもなく強かったが、よい天気。

Jite09423


ハンドルを上げたのは、正解といえる感触。
しかし、ステムは可及的速やかに取り替えねばならぬだろう。
同じ金をかけるなら、走りにいくらかでも改善が見込めるタイヤに金をかけたかったが。

往路:折からの風で、下り坂主体の往路もペダルをこいで”力行”しなければならなかった。記録は過去最低に近い。
脳内テーマソングはなぜか「ゆけゆけ飛馬」(巨人の星オープニングテーマ)笑
確かに気合は入る。
しかし、できることなら、すがすがしい高原の春には、もうちょっとポップな長調の曲がいいのだが。

仕事中。久しぶりの古巣は、すでに懐かしい。

復路
帰りも脳内には”巨人の星”が鳴り続ける。「骨も折れよと投げぬく闘志・・・」
悲壮すぎる。もっとさわやかにいきたいのだが。自ずと、来るヒルクライムレースを意識しているのだろうか。
帰りは摂氏8度。寒い。がうっすらと汗をかいた。
特に風の影響も受けず、快調(なつもりであった)。
30分は軽く切っている(つもりであった)。が・・・。

往路:Dst9.22km Tm24m26s Av22.6km/h Mx40.0km/h
復路:Dst9.21km Tm31m16s Av17.5km/h Mx37.5km/h Odo3628.7km

最盛期にはまだ及ばないが、だんだん調子が出てきたともいえるのか?


|

« 痛快底抜けギャグ | トップページ | ここまでのPENTAX K-m感想と今後の・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44769983

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤記録09423:

« 痛快底抜けギャグ | トップページ | ここまでのPENTAX K-m感想と今後の・・・ »