« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

車坂ヒルクライムに向けて(2)

 前回の反省をふまえて、もう一度チャレンジ。
今回は、実際のスタート地点からスタートしてみた。

Racestp

続きを読む "車坂ヒルクライムに向けて(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

通勤記録09426

 発達した低気圧が東進し、風はとても強い。
この日も、旧勤務地で遅番。
少しでも走行を伸ばしておきたい。

Jite09426

人生楽ありゃ苦もあるさ、というような天気

今日の脳内ソングも「行け行け飛雄馬」
往路、登りで引き足を強めたら、右足のクリートが外れた。
原因は土を良く落としていないせいだが、クリートの磨耗も結構進んでいる。
結構、風に逆らい、ムキになって漕いだ。

架線に農業用ビニールが巻きつき、25分ほど遅れた列車があった。

復路:退勤時、摂氏6度。完全に追い風に乗った。帰路(大部分登り)ではないみたいに、スピードに乗っているのを感じる。それでもそれに乗じて、結構ムキになって漕いだ。
そんな最中でも、空にはアークトゥルスが爛々と輝き、からす座さえくっきり認識できる。
帰宅時には、汗でびっしょり。

往路:Dst9.17km Tm21m48s Av25.2km/h Mx44.0km/h
復路:Dst9.20km Tm28m12s Av19.5km/h Mx40.5km/h Odo3647.1km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ここまでのPENTAX K-m感想と今後の・・・

 K-mも5ヶ月弱使って、KissFとの比較も交え、感想をまとめてみた。

○スペックをそこそこに割り切った、ある意味潔い仕様。
○その中にほぼK10Dの画質性能。
○彩度が強めだが、気持ちよい。カスタムイメージのセレクトを誤らなければ、効果的に使える。
○シャッター音が心地よい。
○内蔵ストロボやMFレンズ使用時の露出が、K10Dほど大きく外れない。

だから、以下に欠点はあげてみたものの、意外と気に入っていて、出動回数も多い。

続きを読む "ここまでのPENTAX K-m感想と今後の・・・"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

通勤記録09423

 久しぶりに以前の営業所に勤務。まれに前いた営業所にも出勤になる。
これはジテツーするしかない。願ってもないチャンス。
 そこで、出勤に先立ち、この間サドルを5mmほどあげたのに伴い、ステムを緩めてハンドルも5mmほど上げることにした。
ところが・・・再度ステムのビスを締めているとき、急に手ごたえが軽くなったorz
強く締めすぎて、ねじ山を壊してしまったのだ。この瞬間悪夢ならぬ”捨夢”かorz
ステムはいわば中枢神経。弱り目に祟り目。
だいたい、素人はねじをむやみやたらに強く締めすぎることが多い。
長いボルトとナットで、ステム外からはさみつけてともかく応急処置し、出勤。

続きを読む "通勤記録09423"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

痛快底抜けギャグ

 せっかくの自転車日和だったが。
 PENTAXの新型DSLRの夢も語りたいが。

今日はこれにハマッていた。

続きを読む "痛快底抜けギャグ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

堀辰雄文学記念館

 堀辰雄の楡の家、菜穂子、美しい村、風立ちぬを読み終わったところで、自宅からもチャリでいけそうな(もっとも、その気になればチャリで東京にだって行けるのだが)堀辰雄文学記念館に行ってみることにした。

続きを読む "堀辰雄文学記念館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通院0417(脳外科)

 3ヶ月に一度の定期通院。

雨が降っていたので、小海線226Dの客となった。
堀辰雄の「美しい村・風立ちぬ」を読みながら。

・血液検査
・血圧測定
・診断書(長野県公安委員会提出用)

続きを読む "通院0417(脳外科)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走行記録(ちりも積もれば・・・?)

4・13 近くのコンビニとスーパーまで
Dst5.94km Tm23m05s Av15.3km/h Mx36.0km/h Odo3583.4km

4.15 スーパーまで
Dst3.59km Tm13m16s Av16.3km/h Mx36.0km/h Odo3587.0km

4・16 最寄のホームセンターまで
Dst8.7km Tm27m51s Av18.7km/h Mx39.5km/h Odo3595.7km

CS2500のスタンドがいかれたので交換。
ESCAPE R3の後輪パンクのため、チューブにパッチを当てるも、バルブ付近からも漏気。
ついでに金魚の水も交換(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

日の目を見ないものの悲哀

 4/12、中学の野球の送迎と線審。
地元とは標高差が400m以上はある、春先進国に踏み込んでの練習試合。

判定にはあまり自信がないのであるが、今日の線審の相方が一塁をやってくれ、と。
一塁はたくさん来るので、気が抜けない。
が、審判は公正なジャッジに努めるのは当然だが、存在としては所詮石のようなものである。

コーチャーボックスに3年生なるも、スタメンにはならず、この日はここまで途中の起用もなかったわが子が声を上げている。
思い通りにならなくても、腐らずに続けるのだ、とちょっとだけ同情を寄せるも、ジャッジに精一杯、余裕もない。
すぐ背後には、相手方のにぎやかな応援が。
桜満開の花霞みに意識もボーッと遠のくような気がする。
地元では、まだつぼみなのだが。

Sakuragrand

続きを読む "日の目を見ないものの悲哀"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

下見

 現時点では、きわめて低レベルの走りしか出来ないが。。。
車坂峠ヒルクライム・・・なんとかサポートカーに収容されずに済むぎりぎりくらいは狙えそうか。

 いままで小学校の資源回収ともろに重なり、断念してきたが、今年はやらせてもらいます。
という気持ちに傾いてきた。
 今日は足慣らし程度で、スタートポイントの下見。
きょうも天気がよい。暑いくらい。
佐久平が一望できる。

Saku_h

続きを読む "下見"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

車坂峠ヒルクライムにむけて

 穏やかに晴れたきょう、徹夜明けではあるが、急に自転車で出かけたくなった。
 車坂峠1973mに自宅から向かった。標高差は1100m以上。
もっとも、過去2回登っている。
しかし、”冬眠”から覚めていきなり、しかも左ふくらはぎに肉離れをおこして一月半。
不安要素を抱えてのトライ。

続きを読む "車坂峠ヒルクライムにむけて"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

今シーズン初ロード

 肉離れも、ゆっくり目に歩けば、日帰り旅行にも耐えうるようになった。駆け足すると、ちょっと攣れるような軽い痛みがあるが。

 思い切って、ビンディングシューズでロードに結合して、乗り出してみた。クリート離脱もとくに問題なさそう。

 4ヶ月以上放置していたTNI号、空気圧は500kPa程度に低下していたが、意外と抜けずに残っているものだなぁ。

 5/10の車坂峠ヒルクライムに出られればなぁ、とリハビリ兼トレーニングをささやかながら開始した。
 まだ足の回復がおいつかないかな?微妙なところだ。

TNI号:Dst4.26km Tm16m38s Av15.4km/h Mx41.0km/h Odo3510.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの聖地

 4/3旅行記。
 平日である。ETCも間に合わない。金もない。
しかし、年度またがりで部活も一息つき、珍しく子ども2人ともヒマそうだ。
「東京へ行こう。」
碓氷峠は自家用車で超え、信越線横川からは鈍行で東京へ。
そう、いまは青春18きっぷが使えるではないか。

続きを読む "それぞれの聖地"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

ETC

  うちの車には2台ともETCは付いていない。
 日常のチョイ乗りと、出かけるにしても山、もともと山国だから下道ですむ。

 それに土日が休みとは限らないし(むしろ稀)、今度のいわば時限立法の高速料金割引の恩恵をあまり受けない。
 したがって、ETCを設備しても、元を取ることは自分の状況では難しい。
貧乏人はますます貧乏人になれ、ということか、とひねくれていた。

続きを読む "ETC"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »