« 堀辰雄文学記念館 | トップページ | 通勤記録09423 »

2009年4月19日 (日)

痛快底抜けギャグ

 せっかくの自転車日和だったが。
 PENTAXの新型DSLRの夢も語りたいが。

今日はこれにハマッていた。

Sokonuke1

腐食が進行した玄関の床板。ついに今朝、踏み抜いてしまったorz
築40年弱。
冬季、洗面台の水道部分が凍ってひび割れ。
知らぬ間にちょろちょろと水浸し。
それが凍って、しばらく気づかず。
気温が上がると、水浸し。
といった、寒冷地特有のサイクルの中で、腐食は進行した。

肉離れの原因も、踏み抜くまいとへんな力をかけて、ではないかと回想している。


しょうがないから全部とって、

Sokonuke2

新しい板を買ってきて、切って・・・。

Sokonuke4

最後の一枚は、なかなかしんどい。経年変化で寸法が狂って、3mmほど幅を狭くしなければならなかった。
下水配管用の穴をまるくくり抜く作業中、スピーカーボックスを作りたくなったのは、豚特有の連想。

Sokonuke5

まあなんとか格好にはなった。
来週は家庭訪問で先生も来るし(^^;

|

« 堀辰雄文学記念館 | トップページ | 通勤記録09423 »

コメント

おおー。見事ですね。
私の場合、変な工作(笑)はともかく実用的な作業は全然。
屋内の電気工事くらいなら(資格もあるので)可能なんですが。(^^;
我が家は築70年とも80年とも言われていますが、それこそあちこちガタが来てます。
踏み抜きそうな箇所もあちこち・・・。自分でやるのは別としても何とかしないといけないなぁ。

投稿: ich | 2009年4月20日 (月) 12:06

>ich様

 家電製品の相次ぐ故障、DAレンズ二つ不具合、自転車のパンクに引き続き、弱り目に祟り目は続きます(笑)
木工はスピーカーBOXの趣味からのフィードバックです(笑)
たまには趣味を実益に還元しないと・・・。
この床は、いつかは外注か自分でやるかはともかく、やらねばならないと思っていました。
中学校の家庭訪問もありますし、切羽詰ればやれるものです(苦笑)

投稿: 豚磨 | 2009年4月20日 (月) 22:35

年度が替わるといろいろありますね..思わぬ事も。
つい知り合いの大工さんに頼んでしまうところですが、ご自身で解決されるとはさすがです。

我が家は築100年以上(それも現在地に来てから<実際は別場所で建てられたらしい)のあばら屋。根本から何とかしないと..。
雪国故、大黒柱はえらく太い(20cm以上)のですが、もちろん耐震構造のはずもなく、地震が来たらひとたまりも無さそうです。
実は、この太い大黒柱を廃材としてしまうのも憚られて...否、嘘です。
一番の課題は、やっぱり資金問題とやる気です。(汗)

投稿: Ken28 | 2009年4月21日 (火) 23:17

>Ken28様

この物入りな時期にいろいろ壊れるので困ります。
日曜大工で一応、経費を削減しました。
今住んでいる建物は50年以上前、40年ほど前、30年ほど前の建て増しのものです。
いずれも耐震性は低いものと思われますorz
また、一箇所新しくすると、その周囲がみすぼらしく、また、寸法の狂いも一目瞭然となります。
思い切って新しくするべきなのでしょうが、やっぱり資金問題が一番ですorz

投稿: 豚磨 | 2009年4月22日 (水) 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44726251

この記事へのトラックバック一覧です: 痛快底抜けギャグ:

« 堀辰雄文学記念館 | トップページ | 通勤記録09423 »