« ETC | トップページ | 今シーズン初ロード »

2009年4月 6日 (月)

それぞれの聖地

 4/3旅行記。
 平日である。ETCも間に合わない。金もない。
しかし、年度またがりで部活も一息つき、珍しく子ども2人ともヒマそうだ。
「東京へ行こう。」
碓氷峠は自家用車で超え、信越線横川からは鈍行で東京へ。
そう、いまは青春18きっぷが使えるではないか。

 横川駅で、真顔で「青春18きっぷください。」と機械越しに。
駅員「発売期間はおわりました。」
「えっ?」
そうだった、発売期間と使用期間は違ったorz

ならば次善の策、往復にフリー区域のついた切符。
都内の移動でそのつど130円、140円といった乗り降りが意外と出費だし、切符の購入も混んでいて面倒である。かえりの券にフリー区間が設定されていてその区間なら乗り降り自由、それでいて普通の往復と値段はほとんど変わらない(少し安いはず)

横川発7:40
横川-高崎:115系、普通に湘南色。

風は強いが、車窓はもう春爛漫の近景、ぼんやりとかすんだ榛名の山々。だが、後方を振り向くと雪を抱いた浅間山が。いつもは漠然としている息子も娘も、車窓を眺めている。

高崎-赤羽:231系。

烏川、鏑川の長大橋梁を超える。息子「どこから埼玉県?」と殊勝なこと(笑)を聞いてくる。速答できない。時刻表の路線図を調べると・・・新町-神保原間の神流川あたりであることが判明。
籠原からは5両増結の15両。それでも立つ人が増えてきた。
いままでなら退屈に感じる鈍行の高崎線だが、東京へチャリで行ってからは、熊谷からはああ、いまあのへんだなぁ、と親しみとともにある。

北本-桶川間だったか、ところどころにあるこんもりとした雑木林が、国木田独歩の「武蔵野」を想起させる。
そしてそれは武蔵野光機→リトレック66→ノリタ66→ノリタ光学→ペンタプリズムの製造シェアNo1、ノリタール→ノリタールって、肺に悪そうな名前だなぁ、などとこの豚独特の連想ループに入った。

大宮
「山手線で人身事故。・・・ダイヤが乱れております。」いやな予感。
当初なら、ここで湘南新宿ラインに乗る予定だったが、これもダメそう。赤羽まで高崎線(東北線だが)に乗ることにした。

赤羽 10時ちょっと前到達
山手線は運転再開。湘南新宿ラインは2分遅れ。2分ならOK、ウェルカム。

ところが。
来た列車は、それまで不通だった数本分の旅客を飲み込み、殺人的な混みよう。
ぐいぐいと圧迫。赤ちゃん連れのお母さんが悲鳴を上げる。この混雑で急病人も発生。
その処置でさらに遅れる。
たまらず、次の停車駅池袋で下車。山手線に乗り換え。
人身事故・・・多くの場合自殺、事情はそれぞれあろうが・・・多くの人に迷惑がかかる。
そして、この場合、鉄道も被害者なのだ。請求は遺族に行く。

とちょっとハプニングもあったが、10:20頃には渋谷に。
娘、109②へ。どこで覚えたのか、「まるきゅー」だって。

次、原宿。どうやら娘の聖地らしい。

Haraj

豚には似合わない町だ。豚は7年東京にいたが、原宿で降りたのは今回が初めて。およそ縁のない町だ(笑)

次、千駄ヶ谷から。

Kubotas

K_slugg

これは、息子の聖地。
高校で野球部に入ったら、また来よう。

今回、集合時刻・場所を決めて子どもたちを”放し飼い”してみたが、一応無事戻ってきた。


そして、新宿。
これはもう、豚にとっての聖地。

Seiti_ps

だいぶ久しぶりに来た。前回はまだ三井ビルのペンタックスフォーラムだった。
ずいぶんコンパクトになってしまったんだなー。

Seiti

ここで、モルトプレーン1.5mm厚と2mm厚を各1枚買ったのみで新宿を立ち去る。
秋葉原の中古カメラN店では、けっこうよだれもの(特にMF135判レンズと中判レンズ)があったように思ったが、ぐっとこらえ(笑)、キティー焼きを買って上野発19:30高崎線通勤快速ライナーの客になった。深谷あたりまで、息苦しいほど混んでいた。

乗り継ぎが良過ぎ、3時間後には我が家の地面を踏んだのは、鈍行の旅としては少々意外だった。

|

« ETC | トップページ | 今シーズン初ロード »

コメント

田舎の同世代の子供たちはバスに一人で乗る術、いや
”バスに乗る”という行動さえも起こさない。

廃止や路線が少なくなってしまい、もはや過疎では
バスを利用することもできなくなってしまっていること
や、我が家からは小諸まで600円位必要なことや
直通では小諸に着くことができなくなってしまっているそうです。
自身もずいぶん過去に乗ったことがあるだけで果たして自分も乗ること
ができるのか不安になります。

その点、豚磨さんのお子様たち、東京での野放し、そして帰還と
素晴らしいですねー。すごく感心しました。

そして碓氷峠越えでの東京行き、フリー切符を使って格安に行く、
そして乗り継ぎラッキーとはいえ居住地まで3時間という
時間にも驚きました。これなら高速バスにも十分対抗できるのでは
ないでしょうか。
これは懐かしさもあってやってみたい気が起こってきました。

横川駅前、駐車場の情報教えてくださいませ。


投稿: baja | 2009年4月 6日 (月) 08:28

自分も学生時代の原宿は通過のみでした。(笑)
秋葉や新宿は、そこそこ記憶があります(微妙)
ただ、三井ビル時代も含め、ペンタックスフォーラムへ出かけた記憶は一つもありません。もちろん、日光や観音の出店へも..
カメラ量販店街と確か上野だったと思いますがカメラ卸問屋へ出かけた記憶ならあります。
一番新しい記憶では(とはいえ既に6,7年前)渋谷かどこか?のカメラ店で中古銀塩ミノルタ一眼を娘に買ったことだけです。
中古カメラ店を歩いて見つけられる東京はいいなぁ!と、変な憧れがあります。(完全に今は田舎者>笑)

投稿: Ken28 | 2009年4月 6日 (月) 20:14

>baja様

 昔は路線バスは鉄道の商売敵でしたが、今は高速バスを除けば路線バスはめっきり衰退し、同病相哀れむといったところ。
マイクロバスや自家用ワンボックスのようなミニミニバスもありますが、採算はどうなのかな。福祉路線的性格が強くなっています。
土休日全休とか、一日数本とか、利用者もつらいですが。

 放し飼い・・・といっても、それほど広域ではありません。でもオヤジに連れられカメラ屋か電気屋かペンタックスフォーラムで待たされるより、自分の行きたいところを主張できるようになったのは・・・きっといいことだ、そう思うことにしよう(笑)

 横川駅の駐車場・・・JRバス発着場周辺にはあまり台数はありませんが、一度道をあがっておぎのやのある駅前に出直すとまた何台か。それでもだめなら、次の西松井田駅にもあります。こればかりは運です。横川に止められたこともありますし、西松井田まで行ったこともあります。鉄道運賃はどちらの駅でもいっしょです。

>Ken28様

原宿・・・降りる理由が見つからない>当時の自分。もちろん今もですが(笑)
ひしめく人人人。息子いわく、「おれは東京には住めない。」年寄りみたいなこと言っている。

私は、学生のころからペンタックスフォーラムにはよく行きました。
MFカメラ全盛のころ入り浸っては、ラインアップしているかなりの範囲のレンズが置いてあって、眺めては、触ってはあこがれていました。

さて、昨今の東京ですが、中古カメラ屋も店をたたむところが出てきています。
私が67用魚眼を調達したところも、やめて1年になるようです。

投稿: 豚磨 | 2009年4月 7日 (火) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/44580436

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの聖地:

« ETC | トップページ | 今シーズン初ロード »