« ADAPTER K FOR 645 LENS | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2009年6月26日 (金)

別所線

休日なのに、会社の会議室に行かねばならず、ついでに上田電鉄に何年かぶりに。
全線乗ったのは、30年ぶりぐらい。
 ここ数年存続問題にゆれているから施設も朽ちていっているのかと思ったら、レールや枕木もいたるところ更新され、車両もワンハンドルの都会的な電車(1000系)が入ってきていた。

 ASAHI PENTAX K2で試写。
そそるファインダー。ちょっとしたピントのずれもすごくよく検出できる。
細工をしない単純マット部のボケ味がすごくいい。
像も大きいけど、隅々まで良く見える。
撮影行為がこんなにも楽しかったのか。
しばらく、新しいDSLRはいいや。
 
 遠くから踏み切りの音がする。
 きたぞ7000系。
 パシャーン、パシャーン、K2快調。

Bessholine

ASAHI PENTAX K2/SMC PENTAX 55mm 1.8 絞り優先AUTO 
CENTURIA200

あっというまに、24コマおわり。
さっそくキタムラで現像。
出来たネガは、すべてのコマで濃度が揃っていた。
とてもうれしい。
 

|

« ADAPTER K FOR 645 LENS | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

コメント


別所線乗車は私も忘れてしまうほど・・謝
今年の夏は別所線も5000円切符で賑わうのではないでしょうか。

背景の山々がいいですねぇ

太郎山に根子岳、そして百名山の四阿山(アズマヤサン)

フィルムを詰めたばかりのK2で24枚を撮り切る

そしてすぐさま現像

さぞ気持ちの良かったことでしょう。

投稿: baja | 2009年6月26日 (金) 07:49

>baja様

別所線は、まだまだ生きています。
ずっと存続していって欲しいと思います。
例年フリー切符がでる(はずの)秋ごろには、各駅を回って、別所線シリーズを立ち上げようか、と思っています。
TB企画「緑」に発射できそうな画像もありましたが、スキャナのACアダプターが死んだようですorz
せっかく銀塩で楽しもうと思った矢先にorz

あ、背景の方角の山々、私は疎いです。今後一つづつ登っていきたいです。
新しい目標ができました(感謝)

投稿: 豚磨 | 2009年6月27日 (土) 00:02

K2の黒かっこいいですよね。
K-7に踏ん切りがつかないまま、
いつの間にやら、Leica Ⅲfというバルナック型にまで行ってしまいました。
官能的感触性能に魅了されてしまうと、デジタルは興ざめしてしまいます。
めんどくさいわずらわしさを楽しめるのも趣味の成せる業なのかもしれませんね。

投稿: でぱいゆ | 2009年7月 3日 (金) 03:29

>でばいゆ様

K2のころのカメラって、ほんと、仕上げに手間がかけてあります。
塗装の色艶、エッジの微妙なライン、多数の行程を経て世に出た、もうなんというか、工芸品です。
塗装のはげかけた真鍮の色もまたよし。LX(アルマイト)すら凌駕します。

>Leica Ⅲf
これは、ある種究極の選択かと。(羨望)

私も、どうせならもう少しフィルムでいこうか、そのための増備(67Ⅱ?!)を思案中でした。
ただ、近場のお店では、問屋に”コダックのページが無い”そうで、困惑していました。
メーカー自身は、製造をやめてはいなかったので、なんとか手には入りました。
135エクタクロームE200 36EX・・・1,290円。うーん、じわじわと値上がっている?
SDカード2GB、へたすれば4GBも買えそう、と思うと複雑。
67Ⅱを買う勇気はちょっと減退です(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年7月 4日 (土) 07:38

フィルムってじわじわ高くなって来てますね。
うちは、専ら35mmのモノクロだけど、Kodakの100ftロールをパトローネに巻き巻き使ってます。
フィルム代半分くらいで済みますから。
でも、フィルム詰める作業も、これまた愉しいんですよね。

投稿: でぱいゆ | 2009年7月 4日 (土) 08:50

>でばいゆ様
白黒だと、長巻から巻き込んで使えますよね。
高校のときの部活を思い出します。
確かに、安く上がりますね。
自分で現像するのも楽しいし。
デジタルで新機種追うのもくたびれたし?、こころのリカバリーにいいなぁ。

投稿: 豚磨 | 2009年7月 5日 (日) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45453909

この記事へのトラックバック一覧です: 別所線:

« ADAPTER K FOR 645 LENS | トップページ | 梅雨の晴れ間に »