« 別所線 | トップページ | 適材適所(2) »

2009年6月28日 (日)

梅雨の晴れ間に

 復活K2を持ってお散歩。上田電鉄 別所温泉駅界隈の続編。
共通データ:ASAHI PENTAX K2/SMC PENTAX 55mm 1:1.8 /CENTURIA200

Besshost

上田駅から11.6km、570円の旅。
ずいぶん遠くへ来ちゃったような、不思議な錯覚を受ける。
電車がのんびりだから?運賃が高めだから?(笑)

都会感覚の1000系電車と、昔ながらの駅舎の不思議な取り合わせ。
梅雨の晴れ間は蒸し暑く、太陽光線が強烈。

木陰より駅舎を眺める。木陰が幸せ。

Besshost2


2代目丸窓電車7000系の40‰登り、終着駅へラストスパート。

Bl7000s

 **余談**
  K2は、電池LR44×2が終わってもバルブ、X同調の125はメカシャッターとして動作する。
 そして、説明書には明記されてないのだが、ずっと昔のアサヒカメラのテスト記事にはダイヤルAUTO~250位置では無電源では、ほぼ最高速1000として使える旨の説明がある。
自分としては初めて、実験してみた。
シャッターダイヤルAUTOMATICで1000の指示になるように絞りを調節してから、電池を抜き取って撮ってみる↓と、その通りのようだ。
 電池、またはエレキ系統が死んでも、B、125、1000が使えれば、昼夜を問わずなんとか撮影が続行できる。これは心強い。

Besshonbtest

 さて、電車が通過してしまえばもとの静寂。
かつての留置線には、初代丸窓電車が鎮座。
時が止まったような錯覚。

Bessho5200s

梅雨はうっとうしいが、植物にとってはまさに水を得た魚。
草刈すると草がくさい。
梅雨の合間の晴れ間は、緑がまぶしい。
というわけで、

月例TBフォト企画(18)『 緑 』

にTBいたします。

|

« 別所線 | トップページ | 適材適所(2) »

コメント

2代目丸窓電車<<<どこが丸い窓?と思ったら戸袋だ。
かなり強引な丸窓電車は元東急でしょうかね?
地元の豊鉄は元東急の車両に全て換えてしまいました。その前の名鉄のお古があまりにもお古だったので使用に耐えがたかったみたいで。その名鉄もやっと古いのが見られなくなったな~。
写真に撮る時は古いのも良いけど利用する側にはつらいですからね。(名鉄のパノラマカーは古くても良い車両だったです。)

投稿: suge | 2009年6月29日 (月) 10:02

>suge様

四角い窓に楕円のマスクをはめた、なんちゃって丸窓電車ですが、不思議とほのぼのと許せます。
ここの鉄道、東急傘下に入っていたこともあり、車両は東急のお下がりです。
東急はステンレス車両の導入が早かったみたいで、その中古車は、地方の鉄道にはありがたい。
箱(車体)が腐るのが保守上いちばん困る=事実上の寿命を決めるし、補修もお金がかかります。
箱がステンレスなら、腐りにくいし、塗装も基本的にいらないし、腐る分を見越して厚くしなくてすむから軽いし、その分電気も食わないし、線路も傷みにくいし。ただし新車時は高いけど。
はやくどこそこの鉄道も、ステンレス中古車を格安で譲り受けたほうがいい(笑)
昔の重厚な車両が好きだ、という人もいますが。

#名鉄のパノラマカー・・・だったって過去形なのは?もう無いのですか?小学生のころ、一度名古屋-豊橋を乗った記憶があります。嗚呼。

投稿: 豚磨 | 2009年6月29日 (月) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45476544

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間に:

« 別所線 | トップページ | 適材適所(2) »