« 夏の銀河(4) | トップページ | どたばた日食観測 »

2009年7月21日 (火)

DPP

 梅雨は明けたはずなのに、外は雨。
明日の部分日食も、当地ではお天気、どうも厳しそう。
KissX3に付属のRAW現像ソフトDPPで、この間の天の川をいじってみた。

KissX3/DA10-17魚眼(10mm)開放/ISO3200 30sec /RAW+JPEG
JPEG撮って出し

X31032jg

 空が微妙にマゼンタっぽいし、イマイチ天の川が遠慮気味。
DPPで
・WB微調整をした。
・トーンカーブを立ててみた。
・また、それによって目立つノイズを輝度ノイズ、色ノイズともにNRを強め(15/20)にかけてみた。

RAWより現像

X31032dppnr

天の川ははっきりしたけど、色が死んだ?
モニターの調整にもよるけど、画像処理によって、得るもの、失われるもの・・・(笑)

固定法ではコンポジットできないので、画像処理もほどほどがよいのかな。

|

« 夏の銀河(4) | トップページ | どたばた日食観測 »

コメント

この間はレスありがとうございました。
X3にアダプターでN、P、O、YCとなんでも付きそうですね。
これでもし今年のペルセ群が新月だったら多分購入するでしょう。(笑)
ただちょっと悩みますね。ペンタ党としては・・・・


投稿: らすあるはげ | 2009年7月21日 (火) 21:46

>らすあるはげ様

キヤノンEFマウントは口径が大きくてフランジバックが短いので、適切なアダプターがあれば多種多様なレンズが装着できます。
天文はキヤノンと割り切るのに、私は約4年の時間を要しています(笑)
でも、自分の中では(いまのところ気持ちの上では)臨時の措置です。
今後、キヤノンの純正のレンズを増やすのか、ペンタのボディを再び増備する日が来るのか、時間をかけて決めて行きたいと思っています。

投稿: 豚磨 | 2009年7月21日 (火) 22:59

>モニターによる
色に関しては、最終出力であるモニターによってまるで違う・・・苦労して色味を調整するのが馬鹿らしくなるほど(笑)・・・違うので、カラーキャリブレーションの出来る環境が欲しいと思っています。
ちなみにこのレスは工人舎のミニPCで書いているのですが、2枚の画像の違いは銀河の明るさが微妙に違うことしか判別できません。(爆)

そんな環境で評価するのは失礼かもしれませんが、どちらも自然な色合いで悪くないように見えますが。

投稿: ich | 2009年7月21日 (火) 23:25

>ich様

>モニターの調整
かいしゃのPCなど、ひどいものです。ギトギトにコントラストだけ上げてあって・・・。
あれじゃ、写真閲覧は論外、仕事にだって良くないと思うのですが(苦笑)
そっと直しておきますが、いつのまにか元通り(苦笑)

カラーキャリブレーションは本当は大事なことだと思います。
当方のPC画面、Ken28さんのブログのMonitor checkは一応クリヤしてます。
(価格.comでK-7の画像、縞縞見える見えないが話題になっていましたが、あっさり見えました)

やっているときは夢中で調整するのですが、リサイズすると、あんまり違いがわかりませんね(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年7月22日 (水) 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45697336

この記事へのトラックバック一覧です: DPP:

« 夏の銀河(4) | トップページ | どたばた日食観測 »