« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

後処理NRを使ってみた(2)・・・Neat Image編

  同じ後処理NRでも、ツールによって巧拙はあるかもしれない。ディテールの喪失を出来るだけ抑えてノイズを減らす、うまい話はあるのか。ichさんのところで知ったNeat Imageを試してみた。

RAW現像時、色ノイズ、輝度ノイズともNRを0にしたTiff画像をもとに、Neat ImegeのDefaultでNRをしてみたもの。

Dppminnidef

等倍の一部分

Tou_nidef

うーん、確かにノイズはきれいになるけれど、フィルムの浮動のように部分的にピンボケのようになるのは、好きになれない。
等倍で見ると、結構派手に塗りつぶししているようだ。

続きを読む "後処理NRを使ってみた(2)・・・Neat Image編"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

後処理NRを使ってみた(1)・・・DPP編

 根本的なノイズ低減・・・たとえば天文では、撮像素子を冷やす冷却カメラがトレンド。
 また、固定パターンノイズに対しては「ダークを引く」
 ランダムノイズに対しては、コンポジット。←元画像を損なわずにノイズを低減できる。
天文屋は、以前から根気よく、ノイズ低減の努力をしてきた。

 が、固定法による星景(地上風景があるので、相対的に動いてしまう)は一こまで勝負、コンポジットによるノイズ低減はできない。

 それに対して、一枚撮ったきりの画像に対してのNR、フィルターリング処理がある。 
カメラ内の高感度NRにしても、後処理NRにしても、NRを強くするほどノイズは緩和されるが、一方、ディテールの喪失感は増していく。この二律背反の適切なバランス点というものはあるに違いない。
 また、ツールによる巧拙はあるかもしれない。まずはCanonの付属現像ツールDPPで試してみた。

まずは、元画像。KissX3/DA10-17(17)F4.5/ISO6400、30secという、一般撮影ではとんでもないであろう高感度、長秒時。

まず、RAW画像をDPPで色ノイズ、輝度ノイズ緩和ともにスライダー0で現像。
KissX3の素の姿であろう画像。

Dppnrmin

等倍の部分画像

Tou_dppnrmin

さすがにノイジー。でも、この極端な条件で”素”でこの程度のノイズですむのはすごいことかもしれない。自分としては、鑑賞距離で見る限り、これでもいい。

続きを読む "後処理NRを使ってみた(1)・・・DPP編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

ファームウェアVer:1.12

 いまさらながら、*istDのファームウェアを最新(といっても2005/02/25)のものに更新した(笑)
4GB以上のメディアに対応した、とある。
このファームウェア、当時512MBのCFカードを買うのも、高くてドキドキものだった貧乏性のため、特に興味が無かった(笑)
 ふと、しみじみと*istDを手に取る。いろいろな思い出がよみがえってくる。最近のDSLRは*istDからずいぶん進化したようにも思えるし、案外*istDでほぼ完成、根本はそんなに変わっていない気もする。一般撮影する限りは。

 DA40をつけて散歩。ねこも散歩。冴えないなぁ(笑)

Nuko1

感受性減退。単焦点でリカバリーを図っている途上のおじさんorz

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

夜の龍

 KissX3の高感度特性を一般撮影でも確かめるべく、夜の祭を収めてみた。
ISO3200-6400で、人垣をこえて撮影すべく、ライブビューとした。

共通データ:KissX3/ISO6400 ライブビューによるAv AUTO/ -1/3EV補正
/ AWB  JPEG

smc PENTAX 1:1.4  50mm F2 、 1/100sec

Ryun097251

続きを読む "夜の龍"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

昼の龍

 一年に一度のお祭り。今年は*istD+DA55-300とKissX3+EFS18-55ISで参戦。
龍は薄暗い森の中から現れるので、両機とも思い切って最高でISO3200まで上げてみた。

登場   *istD/ISO3200

Ryu097252

続きを読む "昼の龍"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

どたばた日食観測

 朝起きたときは大雨。「終わった。」と思うとともに、ある種安堵の気持ち。
しかし食開始2時間前には雨は上がり、なんとなく雲も薄く切れ切れになってきた。
わずかな望みを託して、PENTAX  75SDHF望遠鏡をメインに準備を始める。

 が、そうなると困るのが減光手段。
普段、夜の天体しか対象にしていないので、準備が悪いorz
ND400を2枚重ねで、と先月キタムラに発注をかけたものの、全然間に合わないとのつれない返事。

 仕方が無いので対物を50mmに絞り、R64フィルターとKissX3のHαの感受性のなさの相乗効果で、減光効果を狙う。気休めに偏光フィルターもつける。それでもダメなら穴の周りを黒く塗ったCDの穴でさらに絞る。ピーカンならこれらでは、とても無理だが。
 眼視観測用に、スカイライトフィルターにろうそくのすすをつけたのも、一応用意。←危険だからやめろという時代だが。
そんなこんなで食の開始はここらでは9:53ごろだけど、据付が10:00を過ぎてしまったorz

↓観測風景。地面に影が出ないorz

Ec09722

*istD ISO200 50mmF8で同じ風景↑を撮ってみたところ、同じように曇り空だったが食分が進むにつれて、SSが遅くなった。あたりが薄暗くなるのが目でもわかった。
10:18  1/160
10:36  1/50
10:53  1/30
11:06  1/30
11:23  1/60
11:50  1/125

続きを読む "どたばた日食観測"

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

DPP

 梅雨は明けたはずなのに、外は雨。
明日の部分日食も、当地ではお天気、どうも厳しそう。
KissX3に付属のRAW現像ソフトDPPで、この間の天の川をいじってみた。

KissX3/DA10-17魚眼(10mm)開放/ISO3200 30sec /RAW+JPEG
JPEG撮って出し

X31032jg

続きを読む "DPP"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

夏の銀河(4)

 7/19は大雨注意報も出ていたが、夜になって晴れた。
明日も朝から勤務であるが、いっちょ行ってくるか(笑)

この間うっかり望遠端で使ってしまった、DA10-17魚眼を広角端F3.5にして、ISO3200でどのくらい戦えるか、再挑戦。

Kiss X3/ISO3200  30秒 固定法/高感度NR 標準、長秒時NR OFF/AWB
撮影地 佐久市内山峠付近

X310fe3200

続きを読む "夏の銀河(4)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

夏の銀河(3)

 ついでにローパスを20Daのものに換装したKiss FとX3の写りの違いを比べてみた。

Kiss F/ISO1600 30秒/高感度NR  ON、長秒時NR OFF
RAW、WBはDPP現像時、微調整。
FA 1:2.8 20mmはISO3200のX3と合わせるため、2.8開放

Scofa20_28

続きを読む "夏の銀河(3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の銀河(2)

 前エントリーの続き。
街灯のある県道沿いでは、明るいレンズではISO1600でもかぶり気味。
熊やその他の大型獣に出くわすのがちょっと怖い(という先入観)で臆するのですが(笑)、
もっと奥の、御座山登山道入り口付近まで行ってみた。さすがに不気味なほど空は暗い。
 天の川は肉眼でも、よりいっそう明らかに。

Kiss X3/ISO3200  30秒 DA10-17FISH-EYE(おそらく望遠端F4.5)

Washi16fe_32

続きを読む "夏の銀河(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

梅雨明けと夏の銀河

 7/15夕方からは、晴れてきた。
ちょっくらいってくるか。
翌日は普通に勤務だけど、空の暗いほうへ往復100km。
こんな風に思うのも、脱赤道儀、30秒固定法でどのくらい写るかに興味があったから。
県道の脇に車を止める。
おお、肉眼でも天の川が見える。久しぶり。


共通:KissX3/高感度NR 標準 長秒時NR OFF、AWB、露出30秒 固定法
撮影地:長野県南佐久郡北相木村
RAWをDPPで細工なしにただストレートに現像。


FA☆24mm 1:2 絞りF2.8  ISO1600

Sco24_16

続きを読む "梅雨明けと夏の銀河"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

夏の大三角

 前エントリの続き。KissX3/smc PENTAX-FA 1:2.8 20mm→F4/30sec  ISO3200

Sumtri

続きを読む "夏の大三角"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

つかの間の星空

 風が強い。雲の切れ間から見える星が、久々にきれい。
Kiss X3をISO3200で、固定法でどのくらい撮れるか、やってみた。
レンズ:smc PENTAX-FA 1:2.8 20mm
長秒時NR OFF/高感度NR 標準/AWB JPEG

F2.8開放、30sec

X32028

続きを読む "つかの間の星空"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

定期通院09710

 出かけるときは雨はなかったが、いずれ降りそうな気配だったので、小海線の客に。

Shasou

やはり雨が降ってきた。

続きを読む "定期通院09710"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

X3を買う価値はあったのか

ダークノイズだけで見ると、K-mのほうがきれいに感じたりする。
ペンタファンとしては、ある意味うれしい気もするが、せっかくX3買ったのにショボーンな気も無きにしも非ず。
ノイズ感が目立つハーフトーンで見てみた。

条件:K-m、X3ともに、長秒時NR OFF、高感度NR デフォ(k-m=微弱、X3=標準)
ピクチャースタイル K-m=ナチュラル、X3=スタンダード、AWB、JPEG最高画質
レンズK-m+DA55-300ED  X3+EF75-300ⅢUSM

続きを読む "X3を買う価値はあったのか"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

X3試写

 せっかく晴れたけど、満月なので、それなりに。

Washi

EOS Kiss X3/smc PENTAX -FA20/2.8  絞りF4  15sec/ISO400 JPEG 

続きを読む "X3試写"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

適材適所(2)

 あれ、X3、もう中古出ているのか。

実は、動画の音関係を考えるとK-7は捨てがたい。マイク外部端子付で、しかもステレオ。
それに対し、Kiss X3は内蔵マイクのみ且つ、モノラル。
音楽会のことを考えると、K-7の線も依然としてあるなぁ。
といって、K-7の納期を聞いている自分・・・おいおい。
「PENTAXは浅沼商会経由なので、今日(日曜)はわかりません。」との返答に、すこし冷静になる。

 日常はW60で大抵充分。それを補佐するのは、ある程度の高速、高感度、長秒時。冷静に考えれば、やっぱりX3だなぁ。
 ことにISO6400、12800が拡張で使えるのは、試してみたいものがある。
 レンズ付きの中古とボディのみの新品では、後者が安いことまで判明。「新品で。」

 さっそく、通過儀式。

続きを読む "適材適所(2)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »