« DPP | トップページ | 昼の龍 »

2009年7月22日 (水)

どたばた日食観測

 朝起きたときは大雨。「終わった。」と思うとともに、ある種安堵の気持ち。
しかし食開始2時間前には雨は上がり、なんとなく雲も薄く切れ切れになってきた。
わずかな望みを託して、PENTAX  75SDHF望遠鏡をメインに準備を始める。

 が、そうなると困るのが減光手段。
普段、夜の天体しか対象にしていないので、準備が悪いorz
ND400を2枚重ねで、と先月キタムラに発注をかけたものの、全然間に合わないとのつれない返事。

 仕方が無いので対物を50mmに絞り、R64フィルターとKissX3のHαの感受性のなさの相乗効果で、減光効果を狙う。気休めに偏光フィルターもつける。それでもダメなら穴の周りを黒く塗ったCDの穴でさらに絞る。ピーカンならこれらでは、とても無理だが。
 眼視観測用に、スカイライトフィルターにろうそくのすすをつけたのも、一応用意。←危険だからやめろという時代だが。
そんなこんなで食の開始はここらでは9:53ごろだけど、据付が10:00を過ぎてしまったorz

↓観測風景。地面に影が出ないorz

Ec09722

*istD ISO200 50mmF8で同じ風景↑を撮ってみたところ、同じように曇り空だったが食分が進むにつれて、SSが遅くなった。あたりが薄暗くなるのが目でもわかった。
10:18  1/160
10:36  1/50
10:53  1/30
11:06  1/30
11:23  1/60
11:50  1/125

肝心な日食画像は・・・雲だらけでダメだ。
うす雲はついに途絶えることは無かったが、それでもごくたまに、雲の切れ間が出た。

共通データ:PENTAX  75SDHF望遠鏡(口径50mm又は15mmに絞る)直焦点
/Kiss X3/ISO100、Avオート、ピクチャースタイル「モノクロ」/R64,PLフィルター
4752×3186ピクセルのうち2400×1600ピクセル分をトリミング

10:05:07  1/4000sec

Ec100507


11:38:04    1/250sec

Ec113804


12:10:55    1/1600sec

Ec121055


12:13:57    1/4000sec

Ec121357

12:18:12    1/500sec

Ec121812

  幸か不幸か、雲が適当に減光してくれて、写すことが出来た。
同じオート任せなのに露出が違うのは・・・ライブビューのときとファインダー測光のときとの違いだと思う。たぶん。
最大食分の前後が厚い雲に覆われ、まったく観測できなかったのは残念。
「確かに日食だ。この目で見たぞ。」その確認はできたのだが。やはり皆既が見たい。
ああ、死ぬまでに皆既日食を見なければ。


 もっと早くから準備しよう。
高い金かけて、「もし曇っちゃったら・・・」とか、心が貧しかったので行動が遅れ、皆既帯には出かけられなかったが、ダメもとで出向かない限りは、行き会えない。
ちょっと前、「ダメだったら、観光だと思って行けばいいね。でもフェリー満席だし・・・」と、ある知り合いは話をしてくれた。

 が、その人は、ついに屋久島に観測にいくことにしたという。(羨)
フェリーのキャンセル待ちを粘り強く待って、あるお休みの日にPCに向かって10分に一回は予約画面を見て、ついに待望のキャンセルが出たのだという。
皆既継続は2分とのことだが・・・晴れたのだろうか。

早い準備と情熱なのだなぁ。

|

« DPP | トップページ | 昼の龍 »

コメント

こちらも同様に朝から雨模様の天気で、「こりゃダメだなー」と思っていたのですが、11時頃になって、総務の女子社員が「見えますよ。雲越しですけど」というので、窓から様子を伺うと、厚い雲がときたま薄れる度に、ごく短時間ながら三日月状の太陽が確認できました。

遠征された方は場所によって明暗が分かれたようですが、確かにダメもとでも出かけないことには始まりませんね。

投稿: ich | 2009年7月22日 (水) 22:06

ほー、佐久でも見えたのですかー。
こちらで拝見できよかったです。

NHKの硫黄島生中継を見ていてカンドーしてました。
肉眼で見ないというのもなんだかですね。

投稿: baja | 2009年7月22日 (水) 22:17

>ich様

前日も、天気がよさそうな可能性があるなら、東京にNDフィルターを調達にいこうかなと、思っていました。
しかし、当地は昨日の時点では、天気予報は絶望でした。NDフィルターの調達もやめました。
しかし直前になって薄日でも差すなら、観測体制にせざるを得ません、この趣味やっていると(笑)
有給申し込み簿に「日食観測のため」と書くのは少々勇気が要りました(笑)

「ダメもとでも行く!」知り合いの心意気に激しく同意しましたが、すでにとき遅し。KissX3買うつもりなら、いけたかもなぁ(笑)

>baja様

松本球場からは、最大食分のときに薄日が差したようです。そうとわかっていたなら、せめて松本ぐらいなら行っていたのですが(笑)
(佐久長聖が負けた、あの試合です。)
硫黄島、船の上から、NHKのは私も後から見ました。
行った人にしかわからない感動の、一端は伝わってきました。
部分日食と皆既日食とは、まるで感動のレベルの違うものらしいです。
命のあるうちに、いつかは皆既日食のナマを見てみたいものですが。

投稿: 豚磨 | 2009年7月22日 (水) 23:06

似たような状況だったようですね。
こちらは望遠鏡すら出さず、雲フィルター頼みの望遠レンズで手持ち撮影。
何ともはや手抜き観察で、後はテレビ中継を観てました。(汗)
部分日食は頻度も高いし、形の変化を観るだけだし、見られただけでもOKとしたいと思います。
NHKテレビの中継像(拡大画像)は、内部コロナの(無数の)流線の一部がはっきり映っており、久々にジャワ日食の感動を呼び起こしてくれました。
皆既日食は、今回ポイントによって明暗が分かれましたね。
特に、あれほど話題になっていた悪石島は、ものすごい土砂降りだったのには驚かされました。あらためてリスクが高い現象であることを思い知りました。
同時に、船上観察がかなり確率が高い方法であることも思い知らされました。
資金と時間が都合つけば、また出かけたくなりました。

投稿: Ken28 | 2009年7月22日 (水) 23:47

>Ken28様

 北西から南東に向かって、同じような雲のじゅうたんが満遍なく流れてきましたので、Ken28さんのところやichさんのところも同様なのかなぁ、と思っていました。
わたしなど、大雨のときは、「ああ、これで観測しなくてすむ。」と二度寝するほどの体たらく(笑)
 雨が上がって、さあ準備がいけません。UVフィルターにろうそくのすすをつけた間に合わせのNDフィルター製作中に、フィルターが割れるし。
 いままで日食ということにあまり興味が無く、以前は、すっかり忘れて中古カメラ屋に入り浸っていたり。
でも、今回は、春ごろまでは、皆既帯に遠征しようかな、と思っていました。かねてから貴ブログのジャワ日食を見て、いいなぁと思ったからです。悪石島も検討しました。晴天率が難しそうでした。費用と天秤にかけて、断念しました。
 でも、今後はこういったチャンスがあったら、ダメ元で、できるかぎりチャンスに近づいてみたいです。
金環食は、ずいぶん皆既食とは楽しみがトーンダウンしますが、2012/5/21にはわが県でも見えるところがあるようですし、2035/9/2には当地でも皆既帯に入るようですが。後者は、生きているか、微妙なところですorz

投稿: 豚磨 | 2009年7月23日 (木) 22:00

広島でも観望できました。
薄曇で、食の始まりから終わりまで、ほぼ見れたと思います。

銀塩フィルムの切れ端で作った日食グラスが役に立ちました。
仕事だったので写真撮影はできませんでしたが・・・。

自宅では、ご近所が集まってきて、にわか日食観望会になったようです。

フィルムはダメとかTVで言ってましたが、
銀塩モノクロフィルムなら、赤外線をカットするのでOKで、
C41プロセスとかカラーフィルムのような染料系のフィルムでは、赤外線素通しで、
日食網膜症になってダメみたい。
銀塩やっててよかったあ。
2035/9に、今年の日食観たことを、子どもたちが思い出してくれたらうれしいな。

投稿: でぱいゆ | 2009年7月23日 (木) 23:50

>でばいゆ様

広島では、ほぼ一部始終見れたのですか(羨)
白黒フィルムなら、赤外線をカットするのですね。
何かのときのために、覚えておくことにします。

当方、原始的なろうそくのすす付きスカイライトフィルターですが、
中央から端に向かって徐々に薄くなるグラデーション型なので(笑)、
雲の厚さに応じて最適な濃度を選んで観測できました。(負け惜しみ・・・笑)

子どもたちも一応関心を示してきて、どうやって減光したかはやはり興味を持ったみたい。
2035/9のときは、子が親に、親はじじいに。生きていたら、日食を追い求める夢のあるじじいになっていたいと思うのですが。
子たちは、果たして日食を語るような親になっているでしょうか?

投稿: 豚磨 | 2009年7月24日 (金) 21:13

おはようがざいます! いよいよお待ちかねの龍神祭りですね! このまま天気がもってくれるといいですね! では、現地でお会いしましょう! 

投稿: 浅間やん | 2009年7月25日 (土) 08:01

どーも。曇天の屋久島から帰ってきました。
行く前からの予報どおりで覚悟は出来ていたのですが現場では落胆しました。
皆既時間帯あたりは夜のようになりました。
約2分間だったのですが
「ああ・・・今この雲の上では真っ黒な太陽が・・・」
と思うと悔し涙がこみ上げてくるような思いでありました。
高いツアー代を払うわけでもなく(鹿児島屋久島往復高速船代のみ)
何日も暑いテントで日食の日を待つでもなく、
経済的ダメージも肉体的ダメージもほとんどなかったのですがやはり精神的ダメージは大きかったです。
また今度、敗戦報告をしに伺います。

投稿: 運転士しなちく | 2009年7月25日 (土) 17:11

>浅間やん様

今年もリアルにお会いできましたね。
特製フード、カッコよかったですよ。DAのグリーンの帯があるレンズでフードがあんなかっこいいのあったっけ、と話を聞くまでは、脳内が???でしたよ。
今年は*istDもKissX3も、ISO感度思いっきり上げて撮ってみました。
あっ、まだ夜の部もありますね。再び撮影に出向くかな。それでは。

>運転士しなちく様

屋久島到着ほとんど即折り返し、お疲れ様でした。
曇天だったのですね。残念でした。
でも、皆既時間帯は夜のようになった、という経験は、そこに出向かないと出来ないことですし。
(だから尚更、落胆だったのかもしれませんが)
でも、「ダメ元でも出向かない限りは、行き会えない。」ということは、今回はっきりと心に刻みました。
次のチャンスは、私もなんとかしたいものです。
あまり遠いところだと無理ですが・・・。

投稿: 豚磨 | 2009年7月25日 (土) 18:47

そのときの様子、
デジカメで動画撮影のをネットにアップしました。
稚拙な絵ですがご覧くださいませ。

http://www.sinatiku.com

『日食ダメでした』の記事よりリンクを進んでください。

投稿: 運転士しなちく | 2009年7月25日 (土) 20:26

>運転士しなちく様

拝見しました。
確かに皆既日食が進行中と実感する、急速な明るさの変化ですね。
あれよあれよと夜みたいになる光景に、子どもたちの驚く声が印象的でした。
うーん、それだけに、上空の雲が恨めしい。。。

投稿: 豚磨 | 2009年7月25日 (土) 23:35

例のNHK中継の船から帰ってきました。ミクシーの方に写真をアップしてきました。
そちらでは部分食見えたんですね。
静岡は曇ってだめでした。北硫黄島に出かける前に、友人に日食めがねを渡しておきましたが、2012年までお預けです。2012年は自宅から楽勝です。
皆既日食は毎年あるからいつでも見れる。でも、見るには意志が必要ということでしょう。
私が決意したのは1999年8月のヨーロッパ皆既日食でした。
皆既帯へ行くには、仕事やら費用やら考えれば、人間の都合なんて日食は考えてくれません。
でも、5回行って感じるのは、「行く」っていう意志が何より重要ということです。あとは何とかなるもんだなと思うことが多いです。

投稿: miyu | 2009年7月27日 (月) 21:56

>miyu様

ミクシーの写真、拝見しました。
天気にも恵まれ、すばらしい作品の数々。さすがですね。
特に、皆既中たっぷり露出した、月の模様が写っているものは、初めてです。
何回も経験されて、そのようなトライをされる余裕のようなものを感じます。

 こちらでは、雲間の、部分日食のほんの一部分といったところです(苦笑)

 昨晩、件の屋久島”出兵”の知り合いにリアルに会って、"敗戦"報告をお聞きしましたが、雲の下で暗くなって、再び明るくなってきたときの落ち込みようは、表情を再現してくれましたが、相当なもののようです。
でも、うたれ強くなった、少々のことではめげない精神力が得られた、と語ってくれました。

やはり、、「行く」っていう意志が何より重要ということ・・・ですね。

投稿: 豚磨 | 2009年7月28日 (火) 22:08

豚磨 さま
 見ていただきありがとうございます。次号星ナビにも載るかもっていう話です。

一応、PENTAX党として、使ったカメラとレンズについても書いておきます。

皆既中の全体の光景はDA Fisheye Zoom 10-17mm + K200D(絞りF8)
太陽の拡大は DA*300mm +K7(絞りF5) です。
どちらもオートブラケットで絞り優先自動、ISO200でダイナミックレンジ拡大ON。
DA300mmで日食は初めてでしたが、ダイヤモンドリングではゴーストが出ましたね。太陽が画面中心から外れたのは太陽にゴーストがかからなかったのは不幸中の幸い(船が揺れたせい)。過去の日食はFC-65やFC-50で撮ってきたのですが、今回は船が揺れるということで300mmを選択しました。カメラレンズは枚数多いから、やはりダイヤモンドリングはゴースト無しっていうのは困難だろうなあと思います。
 フィッシュアイの方はちょっと絞ったのでシャープな感じでした。-1.5や-3.5補正のものがちょうどいい感じでした。

 K7の連写は過去に比べてかなり速いし振動も少ない、音も静かって感じでした。

 実は、ペンタ党といいながら、望遠と対角魚眼以外はリコーのGX200ですべて撮っています。24mm相当の広角と、外付けファインダーが使える点で活躍してます。老眼進行中の身には液晶モニターはつらいのです。これはビデオカメラ代わりにもしてます。ここ半年は常用カメラと化してます。水準器付きカメラってのはこれで初めて体験し、その便利さにはまってましたが、K7で同等の機能がついてうれしく思ってます。

 K7のライブビューも太陽撮影に多用しました。船が動いてすぐどっかへ行ってしまうので、ライブビューで監視してました。皆既中にファインダーなんてのぞいていたくないですからねえ。やはり肉眼で見なくちゃ。できれば液晶モニターが動いてほしかったなあ。天頂の太陽を見るのはきつかったし。星を撮るときもモニターは動くようにしたいですねえ。これは次期カメラに要望ですね。

投稿: miyu | 2009年7月30日 (木) 16:11

>miyu様

>次号星ナビにも載るかも
すごいですね。いつか、そういう写真を撮ってみたいです。

太陽なら、極端な長秒時は不要だし、K-7のいいところが生かされたようですね。HDRも皆既中使えそうな気がします。
私も、ライブビューにはご厄介になりましたし、ライブビュー使ったときの画像は適正露出でした。
ただ、減光処置が不十分なので、連続ライブビューは心配でした。
確かに天頂近いと、ライブビューも姿勢が窮屈ですね。バリアブルアングルがあればなぁ、と思ったことは確かにあります。
(でもカメラが不細工になるのがちょっといやなのですが)

PENTAX 75SDHFは快調でしたよ。いい筒です。

投稿: 豚磨 | 2009年7月31日 (金) 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45708593

この記事へのトラックバック一覧です: どたばた日食観測:

» 雲中の部分日食 [星空雑記簿.。.:*・°☆]
とりあえず記録用(Web掲載用)に、デジ一眼E-410(琢磨135mm望遠付き)を準備した。 [続きを読む]

受信: 2009年7月22日 (水) 23:17

« DPP | トップページ | 昼の龍 »