« 夏の銀河(3) | トップページ | DPP »

2009年7月19日 (日)

夏の銀河(4)

 7/19は大雨注意報も出ていたが、夜になって晴れた。
明日も朝から勤務であるが、いっちょ行ってくるか(笑)

この間うっかり望遠端で使ってしまった、DA10-17魚眼を広角端F3.5にして、ISO3200でどのくらい戦えるか、再挑戦。

Kiss X3/ISO3200  30秒 固定法/高感度NR 標準、長秒時NR OFF/AWB
撮影地 佐久市内山峠付近

X310fe3200

↓高感度NR強

X310fe3200nrst

↓高感度NR 標準/長秒時NR ON

X310feltnr

 北相木村と比べると、空の暗さはやや劣るが、それでも肉眼で見る天の川は美しい。
ノイズは、鑑賞距離から見れば、一応合格というところ。
ISO6400では、さすがに露出オーバーだった。

また、いろいろ設定を変えてみると、ウェブ上では、わかりにくいと思いますが、
・高感度NRを強にすると、ややすっきり感は向上するが、微光星がぼやける。
・長秒時NR ONにすると、なぜかややざらつきが増す。このことは説明書にも記載されているが、不思議である。

(・K-7も30秒以内であれば長秒時NRはOFFに出来る。30秒でISO3200や6400で星を撮ったらどんなになるか、興味はある。が、買ってまで試す勇気はない、今のところ。)

|

« 夏の銀河(3) | トップページ | DPP »

コメント

これだけ写るのだったら、広角限定であれば赤道儀不要な気さえします。
しかも、滑らかで自然な発色も良い・・・(羨)

やっぱり天文用は観音製(と日光FX)に勝るモノはない、と思いつつも、
ペンタックスをはじめとして、国産他社にもがんばってほしい。
#否、みんな同じメーカーのカメラだと面白くない。つまらない。
(とか言いながら、自分はK-7を凍結してしまったし..矛盾)

新ペン、どうも現時点では長秒時NR-off画像は使いものにならない感じ..orz
(EAW現像時にダーク処理できるようになれば..多少は脈があるかな?)

ともあれ、ノイズが少ないカメラの良さを見させていただいたた思いです。

投稿: Ken28 | 2009年7月20日 (月) 07:25

広島の空は、まだ梅雨が明けず、
もう長いこと、星を見てません。

今年は、モノクロで星景写真を撮ってみようと思います。

投稿: でぱいゆ | 2009年7月20日 (月) 22:16

>Ken28様

 フィルム全盛時代にISO3200のフィルムもありました。粒子がひどく荒いけど「もっと光を」という場面では、何回かお世話になりました。
 X3で見る限り、デジタルがどうやらそのフィルム(6×7で使用でも)を追い越してしまったのかな、と実感せざるを得ません。
 K-mも30秒ならISO3200が使えるのですが、ノイズの粒子が粗くて、星景には使う気がしません。
芸術の表現としてならノイズもありだとしても、かすかな光を捉え、蓄積することで肉眼を超える写り=感動を得る=ことが目的の場合、ノイズはやっぱり邪魔です。
機種によって、また、メーカーによってずいぶんと差が出るのが現状だとしても、もうちょっと選択肢が欲しいところです。

 ただ、魚眼は星景には意外とイマイチな感じがしています。地上の風景がゆがんでしまって、脇役になりがちです。
いつもISO3200、30秒、魚眼ではマンネリになってしまいそうです。
F2.8で画質的にきちんと使える(そうすればISO1600もありなので)明るい超広角が欲しいな、とぼんやりと考えています(笑)

>でばいゆ様

こちらでも、いったん梅雨明けしたはずなのに、また逆戻り。
明日の部分日食も、半ば諦めです。ああ、湿るなぁ(苦笑)

モノクロの星景、雑誌でいくつか見ているのですが、うまく行くと渋く素敵な作品が出来るんですよねぇ。
いつか挑戦してみようかな。
PENTAX銀塩機も活躍させてあげないといけないし。

投稿: 豚磨 | 2009年7月21日 (火) 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45680490

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の銀河(4):

« 夏の銀河(3) | トップページ | DPP »