« 梅雨明けと夏の銀河 | トップページ | 夏の銀河(3) »

2009年7月17日 (金)

夏の銀河(2)

 前エントリーの続き。
街灯のある県道沿いでは、明るいレンズではISO1600でもかぶり気味。
熊やその他の大型獣に出くわすのがちょっと怖い(という先入観)で臆するのですが(笑)、
もっと奥の、御座山登山道入り口付近まで行ってみた。さすがに不気味なほど空は暗い。
 天の川は肉眼でも、よりいっそう明らかに。

Kiss X3/ISO3200  30秒 DA10-17FISH-EYE(おそらく望遠端F4.5)

Washi16fe_32

もっと光を。禁断の?ISO6400を発動。
広角端F3.5ならISO3200でも戦えたはずなのだが。
さすがにここまでやるとノイジーだが、鑑賞距離から眺めればこれもありなのではないだろうか。

ISO6400  30秒

Washi16fe_64

ノイズの問題はおくとして、固定法でこれだけ写れば、ぐんと撮影スタイルも柔軟になるのではないか。
いままでの機材では、考えもしなかったことだが。
こうなれば、やっぱり山に登るしかないな(笑)

|

« 梅雨明けと夏の銀河 | トップページ | 夏の銀河(3) »

コメント

これは、すごい!>X3,ISO6400,30sec
所有カメラでは、中古EOS20D,ISO3200が精一杯です。
(しかも、もっとノイズが乗る)
#やっぱ、畳と○○は新しいほど..(略)

あー、早まって新ペンに走らねば良かった気がする..
#最新X3(とレンズ?)が買えたかも..

それにしても、北陸は梅雨明け宣言まだ出ません..orz

投稿: Ken28 | 2009年7月17日 (金) 20:50

>Ken28様

DA 10-17の魚眼ズーム、広角端ならF3.5なのでISO3200で勝負したかったのですが、キヤノンのズームリングとまわす方向が逆だったのでF4.5の望遠側にしてしまったようです。
やむをえず使ったISO6400ですが、時と場合によっては切り札のひとつとして残しておいてもいいかな、と思いました。

キヤノン、やはり新しいほど高感度には進歩が感じられます。
でも、自分は、心情的には反体制派なのです(笑)。

こちらも梅雨明けしたはずなのに、きょうは前半大雨orz

投稿: 豚磨 | 2009年7月17日 (金) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の銀河(2):

« 梅雨明けと夏の銀河 | トップページ | 夏の銀河(3) »