« 昼の龍 | トップページ | ファームウェアVer:1.12 »

2009年7月26日 (日)

夜の龍

 KissX3の高感度特性を一般撮影でも確かめるべく、夜の祭を収めてみた。
ISO3200-6400で、人垣をこえて撮影すべく、ライブビューとした。

共通データ:KissX3/ISO6400 ライブビューによるAv AUTO/ -1/3EV補正
/ AWB  JPEG

smc PENTAX 1:1.4  50mm F2 、 1/100sec

Ryun097251

DA10-17魚眼開放、 1/20sec

Ryun097253


以下FA 1:2 35mmAL 開放、1/500sec

Ryun097256

1/1600sec

Ryun097255

明るい単焦点開放近くとISO3200-6400の組み合わせ(掲載したものはたまたま全部ISO6400)でSSは1/80から1/250あるいはそれ以上を得る事ができた。
夜でも実用的な画質を保って、被写体ぶれの感じられない写真が得られるのは、不思議な感じ。
さすがCanon(・・・だからなのだろうか)とは、まだ言いたくない(ペンタ歴38年)心なのだが。

 ただし、ライブビューをずっとやっていると、後半ノイズっぽいというか、そのノイズを押さえるように必死に努力した、抜け殻画質っぽくなるのが少々気になった。
説明書では、画質低下を防ぐためライブビューはこまめにOFFしてください、と正直である。

他社レンズだからAFや絞り制御が不可なのはもちろん、レンズに関するデータも残らない。
いいレンズ、いっぱいあるのだけどなぁ>PENTAX

そんななか、DCM8月号を手にした。
高感度ノイズ評価はK-7がB、KissX3はC である。
本当なんだな、DCM。(本当なら、K-7に戻る準備はあるぞ。)
評価基準が明確でないと、消費者は困るんだよな。
でも、KissX3を信じる。

|

« 昼の龍 | トップページ | ファームウェアVer:1.12 »

コメント

画像から熱気が伝わってきます。これも熱ノイズ元だったりして。(笑)

それはともかく、こういう(夜景)場面でも実用的に撮影ができるようになったのは素晴らしいですね。


>画質低下を防ぐためライブビューはこまめにOFF
Kiss用に三ツ星から出ている冷却アダプターは、こういうのに効果あるかも。
もっとも、一般撮影には電源確保が大変でしょうけど。(^^;

K-7の高感度画質は、評価が分かれるようですね。ノイズそのものは小さくないけど、解像感をあまり落とさない方向で処理するという、従来からのPENTAXの方向性に沿ったもののようですが。

いつものキタムラにもK-7が入荷したようです。(なぜか現品の展示は無いのですが)
ちょっと初期不良のような不具合報告が目立つので、いましばらくは静観ですが・・・。

投稿: ich | 2009年7月26日 (日) 04:39

>ich様

熱気と人いきれと長時間ライブビューで、KissX3からも熱気が伝わってきました(笑)
高感度でもノイズも実用レベルですし、なにより色調がノーマルですし、諧調が意外と豊かなのに感心しました。

背が低いので、人垣から撮るには手を伸ばして、今までならノーファインダーを余儀なくされました。
が、ライブビューと広視野角モニターのおかげで、思い切った撮影が出来るようになりました。
それとのトレードオフなら、ノイズの若干の増加ぐらい、許せます。
X3も小型化と高密度実装で、素子の放熱条件は良くなさそう。そんな中頑張っているなぁ、と感心します。
電源のいる冷却具は、シビアな条件では価値があると思いますが、さすがに機動性は?かな(笑)

雑誌の評価基準はいろいろありますが、自分の使用条件における性能は、結局自分で確かめるしかないようですね。
特に長秒時の絡む高感度は。
迷わず、KissX3を使いこなす方向で、やってみます。

投稿: 豚磨 | 2009年7月26日 (日) 21:11

こちらは、マイクロ一眼デジE-P1とコンデジLX3で参戦?でした。
(暗くなるとフラッシュ外付けのE-P1では苦しく、もっぱらLX3でした)
肝心の祭りですが、龍の登場はありません。
よさこいチームも来てましたが、雨と空腹に負け、早々に退散しました。

単に、お祭つながりということでTBさせていただきました。m(_ _)m

投稿: Ken28 | 2009年7月27日 (月) 00:08

>Ken28様

TBありがとうございました。
昼間は一時的に強い雨もあり・・・ああ、そういえば去年は防滴のK10D(ただしレンズは非対応)、防水コンデジW60の自分的デビューもこの祭りだったなぁ、と感慨に浸りました。
W60、今も重宝して使ってはいますが、人間が防水でないので、せっかくの祭りなのに昼間はうたた寝してしまいました。(←この体たらく)
W60は一段と高画素のW80になりましたが、もうコンデジでの高画素はいらないなぁ。案の定高感度のノイズが・・・と評価されているみたいだし。
高感度に強いコンデジには興味があります。以前から拝見していましたが、LX3はその意味で価値のある存在だと思います。

祭、氷を目の前で彫刻するのは初めて拝見しました。一時間のはかない芸術は、記録に残すには恰好のものですね。
こちら(軽井沢氷祭り)は冬、一週間ぐらい展示していますが・・・。

投稿: 豚磨 | 2009年7月28日 (火) 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45741268

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の龍:

» 太子伝観光祭 [星空雑記簿.。.:*・°☆]
暑い時期なので、1時間ほどで手際よく仕上げないと氷柱が溶け出す。 [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 23:20

« 昼の龍 | トップページ | ファームウェアVer:1.12 »