« 夜の龍 | トップページ | 後処理NRを使ってみた(1)・・・DPP編 »

2009年7月30日 (木)

ファームウェアVer:1.12

 いまさらながら、*istDのファームウェアを最新(といっても2005/02/25)のものに更新した(笑)
4GB以上のメディアに対応した、とある。
このファームウェア、当時512MBのCFカードを買うのも、高くてドキドキものだった貧乏性のため、特に興味が無かった(笑)
 ふと、しみじみと*istDを手に取る。いろいろな思い出がよみがえってくる。最近のDSLRは*istDからずいぶん進化したようにも思えるし、案外*istDでほぼ完成、根本はそんなに変わっていない気もする。一般撮影する限りは。

 DA40をつけて散歩。ねこも散歩。冴えないなぁ(笑)

Nuko1

感受性減退。単焦点でリカバリーを図っている途上のおじさんorz

|

« 夜の龍 | トップページ | 後処理NRを使ってみた(1)・・・DPP編 »

コメント

>案外*istDでほぼ完成、根本はそんなに変わっていない

自分も、時々*istDsを持ち出しては「これで十分いけるなぁ」と思ってしまうことがあります。もちろん、「一般撮影では」と続くのですが。(笑)

投稿: ich | 2009年7月30日 (木) 23:53

こんばんは!
ブログ用に久しぶりに*istDを使ってそのシャッター音に惚れなおしました。

投稿: HAL | 2009年7月31日 (金) 00:41

>ich様

 いま自分の唯一のPENTAX DSLR、*istD。K-mからもどってみると、ファインダーはプリズムだし、スーパーインポーズもつくし、2ダイヤルだし、シャッター音も軽快だし。
1.9段しか改善効果が無いSRならいっそはずして、そんなに画素数欲張らないイメージセンサを、恵まれた放熱条件にしてあげて・・・そんな*istDの正常進化版もあったらいいなぁ、と思う日々です。

>HAL様

 昼間の一般撮影には、*istDの描写とシャッターフィーリングが気に入っています。
夜の部のKissX3と、自分の中でうまく棲み分けできてきたような気がします。

投稿: 豚磨 | 2009年7月31日 (金) 19:57

他機種は手にした事がないのですが、一般撮影では*istDでほぼ完成というのはなんとなく判る気がします。
*istDにはPENTAXらしい実直な印象を持っていました。
僕の撮影スタイルを根本から変えてくれた思い出深いカメラです♪

投稿: Fuuma-mfuk | 2009年7月31日 (金) 20:00

>ふうま様

 出る前・・・なかなかPENTAXからDSLRが出なくて、PENTAX終わるのか、と気を揉んでいました。
 出て・・・最初からいい線突いている、と思いました。狂喜しました>*istD
このまま正常進化すれば、PENTAXすごいかも、との期待値充分でした、あのときは。

 結構苦労もしました。
ニッケル水素電池との相性・・・ちょっと寒くなるとすぐダウン。外部電源作ったり。
長秒時ダークが真っ赤っ赤・・・RAPとかいろいろ試しているうちに観音様導入。

 天体用途、差が縮まるかと待つも、むしろ差は開き。ああ。
でも、じっくり撮る一般撮影なら、*istDでもまだいけそう。少なくともブログの画像には。
記念碑に、*istDだけは残すことにしています。

投稿: 豚磨 | 2009年8月 1日 (土) 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファームウェアVer:1.12:

« 夜の龍 | トップページ | 後処理NRを使ってみた(1)・・・DPP編 »