« X3試写 | トップページ | 定期通院09710 »

2009年7月 7日 (火)

X3を買う価値はあったのか

ダークノイズだけで見ると、K-mのほうがきれいに感じたりする。
ペンタファンとしては、ある意味うれしい気もするが、せっかくX3買ったのにショボーンな気も無きにしも非ず。
ノイズ感が目立つハーフトーンで見てみた。

条件:K-m、X3ともに、長秒時NR OFF、高感度NR デフォ(k-m=微弱、X3=標準)
ピクチャースタイル K-m=ナチュラル、X3=スタンダード、AWB、JPEG最高画質
レンズK-m+DA55-300ED  X3+EF75-300ⅢUSM

月と流れる雲   ISO1600  ともに300mmF6.7/3sec

K-m

Km16ex1

X3

Kx316ex1


流れる雲ISO3200  ともに300mmF8/1.5sec
K-m

Km32ex1


X3

Kx332ex1

壁ISO3200  ともに300mm F8/3sec
K-m

Km32ex2

X3

Kx332ex2


 ノイズの粒は、X3のほうが1.5倍ほど高画素なのにもかかわらず、きめが細かい。
K-mのISO3200は、非常用と見たほうがいいか。一方X3はISO3200でも、使ってもいいかも、という気になる。
この一段高感度が使える、という点では、やはX3を買ってよかった、と思う。
あわよくば、山に赤道儀を持っていかずに済むかもしれない。ヌルーい趣味には最適だ。
が、写真としてみる場合、K-mも意外と健闘していると思う。
ノイズの粒がシャープ感を与えている。

「月」のときは、X3のライブビューはピント出しに役立った。
「壁」のX3はまさに塗り壁だが、これはおそらく、ピントが合っていないかレンズの性能のせいだと思う。
壁のときは、X3のライブビューはピント出しには無力だった。光学ファインダーでも、ピントの山がまるでわからないorz
さすがにAFは、どの場面でも、どちらも合焦出来なかった。

一方、K-mはいずれの場合でも、光学ファインダーでピントがつかめた。まあ、レンズの性能が(最近のデジタル専用設計だから)いいせいもあるかも。

同一光学系で比較してみないとフェアとはいえないが、一長一短かな。
K-m、なかなかかわゆいし。これは売りになんか出さないで、ずっと手元においていこう。

|

« X3試写 | トップページ | 定期通院09710 »

コメント

釈迦に説法は承知ですが・・・。(笑)
ダークノイズは、カメラの特性の一端を示すものではありますが、最終的には実際の撮影結果(天体写真ならその後の画像処理の結果も含めて)がどうか、ですよね。

ISO3200の画は、なかなかだと思います。今のところ、天体でも星景写真の方に魅力を感じているので、短時間露出が可能な高感度域での画質は一番の関心事になっていて、X3は十分魅力的に感じられます。

投稿: ich | 2009年7月 9日 (木) 06:20

>ich様

 仰るように、ダークノイズはいわば静的なものだと思います。オーディオでいえば、楽音を流さずにボリュームを上げてノイズを聞いているようなものです。
やはり楽音を流して、その音がノイズを含めて音楽的に(好みを含めて)良い音かというのが大事ですね。

 その意味では、ISO400あたりでの透明感からして、X3はなかなかいい線行くのではと期待しています。
ISO3200が満天の星空でどこまで通用するのかは、やってみないとわかりません。でもやってみたくて、わくわくします。
絶対的に画素の大きいのには、勝てないかもしれないけど・・・。
やっぱD700投入、なんて事になっていたりして。金欠だから、それは無いと思うけど(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年7月 9日 (木) 17:47

タイトル変更の理由を伺おうと思っていましたが・・・自己解決しました。(笑)
D700導入のあかつきには、また悩む必要がありそうですね。(爆)

投稿: ich | 2009年7月10日 (金) 23:27

>ich様

C=3番目が答えです。
昔は列車愛称番号50番台は臨時列車、Pがいいやつ出してくれるまでの暫定的措置という気持ちでしたが、そのうち35号になっちゃうかも。
D700投入の暁には、253ニコンさんだったりして(爆)

投稿: 豚磨 | 2009年7月10日 (金) 23:47

亀コメントで恐縮です。
うーん、確かにX3のファインダーは見難いのですが・・元々Kiss全般にファインダーは見難いですし、それにAFはX2よりかなり高精度で高速になって5D2並なのではないでしょうか?
ライブビューもモニタの解像度はX2より遥かに良くなってますから、そんなに悲観しなくても充分に買う価値はあったと僕は思いますよ。実は僕も次はX3か50D後継機種を狙ってます♪
全てのシーンでどの機種にも勝る性能を求めるのはKissにはちょっと荷が重いかもしれませんね、難しく考えずに気軽に使えるのもKissの良い所だと思いますし。またPENTAXのカメラだからこそ撮れるシーンや色彩も多々あると思いますし、得意な場面で使い分けするのがベストなのかもしれませんね~。

投稿: Fuuma-mfuk | 2009年7月21日 (火) 22:33

>Fuuma-mfuk様

ダークノイズを撮った段階では、正直、翌日お店に返そうかともちょっと思いました。
でも、実際に星を撮ったときから、そんな懸念は吹き飛びました。
高感度性能でこれ以上を求めるのだったら、5D2とかD700とかになってしまうわけだし、充分満足しています。
ファインダー(素通し的、明るい、ピントはわからない)は、ライブビュー(0等星ならピント出しに使える)と補完することで、これまた星には問題なく使えます。
今では、よい買い物をしたと思っていますよ~。

投稿: 豚磨 | 2009年7月21日 (火) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45568291

この記事へのトラックバック一覧です: X3を買う価値はあったのか:

« X3試写 | トップページ | 定期通院09710 »