« 適材適所(2) | トップページ | X3を買う価値はあったのか »

2009年7月 6日 (月)

X3試写

 せっかく晴れたけど、満月なので、それなりに。

Washi

EOS Kiss X3/smc PENTAX -FA20/2.8  絞りF4  15sec/ISO400 JPEG 

夏の大三角、感度別。レンズ20mmF2.8、絞りは同上F4。
AWB、高感度NR 標準、長秒時NR ON

ISO800  8sec

Tana876


ISO1600  4sec

Tana1677


ISO3200  2sec

Tana3279


ISO6400  1sec

Tana6480


ISO12800  0.6sec

Tanah81

やはり、ISO3200がまあ許せる限度かな。それ以上は、「承知の上で使って」の感あり。
でも、ISO3200でいい空で30秒程度でどのくらい星が写るかは、楽しみ。
ことによると、赤道儀要らない場合も出てくるかも。

Kiss X3、背面液晶がドット数が飛躍的に上がり、細密。ライブビューもKiss Fに比べて高画質。低反射コートもされて7、昼間でも見やすくなった。いい作品が撮れたような錯覚をおこし勝ち(笑)

Moonwood

ISO400  10sec
久しぶりの、梅雨の晴れ間でした。

|

« 適材適所(2) | トップページ | X3を買う価値はあったのか »

コメント

おお、いつの間にかX3をご購入されていましたか、おめでとうございます!
試写結果拝見しました。ISO3200でも充分に美しい画像に仕上がっていますね。さすが50Dと同等の性能、高感度に強いですね~。40Dより50Dのほうがノイズが多くなったと聞きますが、やはりX3もX2よりノイズが多そうですね。
でもDIGIC4の処理はなかなか優れているようですよ。背面モニタも詳細に映し出されるようになったようですし、星にはともかくとして一般撮影にはその性能を発揮してくれそうで良いですね。

投稿: Fuuma-mfuk | 2009年7月 8日 (水) 23:38

>ふうま様

もう「デジタルでの星撮りは、基本的に観音で行こう。」と決断しました。

ピント出しにLVで楽をしたいし、LV品質もKissF比、格段に向上していますし。
こんな夢みたいなことが、こんな安いボディで出来るのは、観音さまさまです。
歴代のKissデジタルはISO1600上限でしたが、ノイズ見えても感度アップを許容したのは、キヤノンも頭柔軟になってきたかな、と思っています。

>X3もX2よりノイズが多そう
やっぱ、そうですか?
うすうす予感していたのですが。ヌルい趣味やっているんで、情報収集の段階から負け犬っぽい。
やっぱ虎よりライオンのほうが百獣の王にはふさわしいんですかね。(笑)

>星にはともかくとして
げっ、星撮りにと買ったのですが(笑)
ふうまさんのちょっと前のエントリー、よく見ておけばよかった。買ってから拝見しましたorz
P社K-7の代償規制的なものもあって、ドット数の多い液晶、動画可という点につられました。
それでもISO1600は充分実用的と思いますので、がんばって星撮ります。

投稿: 豚磨 | 2009年7月 9日 (木) 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45558915

この記事へのトラックバック一覧です: X3試写:

« 適材適所(2) | トップページ | X3を買う価値はあったのか »