« EF 300mm 1:4Lテスト(1) | トップページ | 独鈷山 »

2009年8月29日 (土)

EF 300mm 1:4Lテスト(2)

 今度は夜の部。ただ、天気は晴れず、夜景で。
共通KissX3、ISO100、AWB

EF 300mm 1:4L  F4 開放、15sec

T3l3004

拡大

T3l3004tc中央  右端中央付近 T3l3004te



Super-Multi-Coated TAKUMAR6×7  1:4 300mm F4開放 15sec  (アダプタ使用)

T3_673004

拡大

T3_673004tc 中央  右端中央付近 T3_673004te



smc PENTAX-DA  1:4-5.8  55-300   ED   F5.8開放 30sec (アダプタ使用)

T3_55300

拡大

T3_55300tc 中央 右端中央付近 T3_55300te

 EFはさすがにシャープでクリアー。端ではわずかに輝点の周りに同心円状のハロがでる。

 6×7用レンズは、ピントリングを∞に回し切っても、合焦できなかった。合焦位置では、もっとシャープだと思われる。 6×7用300mmは、画面の一様性に優れるし、非EDのわりには健闘している。が、色にじみはさすがに大きい。

 55-300ズームは一般撮影には、価格の割りに定評あるレンズだが、厳しい条件では、周辺光量や周辺部の流れで差が出る。

 EF300/4L、早く、星撮りに使ってみたい。

|

« EF 300mm 1:4Lテスト(1) | トップページ | 独鈷山 »

コメント

これは羨ましい!
いわゆるサンニッパばかりに目を奪われていましたが、F4開放値のまま十分星撮りできそうですね。
手持ちの300mmクラスはFS60Cしかありません。
しかも、口径60mmだし、このレンズ、もの凄くそそられます。(羨)
星像による通過儀式が楽しみです。
我がフォーサーズだと150mmF4クラス..
#そ、そう言えば、ピントリングの甘いED180mmF2.8があるなぁ。
(E-P1側の条件規制がクリアできれば、の話ですが..苦笑)

投稿: Ken28 | 2009年8月29日 (土) 18:04

>Ken28様

開放では、軽微ではありますが、青ハロが出ます。
かといって、半絞りでも絞るのはもったいない気がします。
暗い空で思い切り露出をかけてみたいです。

そもそもPENTAXが75SDHF望遠鏡のリアコンを最後まで発売していてくれたら、このレンズはいらなかったかもしれません。
いまさら たら、れば は無意味ですが(苦笑)

E-P1も、涼しくなるこれからの季節は星撮りも楽しみですね。
ED180mmF2.8なら換算360mmF2.8の夢のようなレンズになりますね。

投稿: 豚磨 | 2009年8月29日 (土) 21:00

周辺部の状態を見ると、顕著に差が出ますね。
星を撮ると一番気になるところですが、これなら大いに期待できますね!

…そういえば、タイトルも変更されたんでしたね。
順番は変りましたが「5」が残っていて良かったです。(笑)

投稿: ich | 2009年8月30日 (日) 06:39

>ich様

 まだDSLRが本格普及する前の時代のレンズなので、買うときは一種の賭けでもありました。
実際、画面中央では、普及ズームの55-300のほうが青ハロが少ないかな、とも思います。
しかし、画面周辺までの乱れの少なさ、そして、抜けのよさなど、Lを冠することはあるだけの内容だと思います。
 あとは、使いこなす人間の力量ですが(笑)

>タイトル

 まだまだ「5」のほうでアップする画像も多いと思いますし、星に銀塩も捨てがたいですし、Pとも心穏やかに付き合っていく所存でございます。

投稿: 豚磨 | 2009年8月30日 (日) 16:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46061011

この記事へのトラックバック一覧です: EF 300mm 1:4Lテスト(2):

« EF 300mm 1:4Lテスト(1) | トップページ | 独鈷山 »