« 夜の御座山(2) | トップページ | 故障3兄弟 »

2009年8月20日 (木)

夜の御座山(3)

 御座山の北東~東にかけては視界はあるけれど、わりと平凡な眺め。
北東方向。雲海が広がる。雲の上に出られてラッキーであった。

共通データ:
KissX3/30sec、特記ないのはISO3200、長秒時NR OFF、高感度NR 標準、AWB
レンズ smc PENTAX-FA 1:2.8 20mm→F4またはDA10-17魚眼10mm開放
特記ないのはJPEGとって出し

Ogu5377

ペルセウス流星群を期待して・・・
だけど、収穫ゼロ。

Ogu5442

南東方向
RAW、NeatImageでNR処理

Ogu5424r_filtered

ISO6400バージョン RAW、NeatImageでNR処理あり

Ogu5423r_filtered

さそりレタッチバージョン RAW、NeatImageでNR処理、DPPでWB微調整あり
ちょっとおとなしくなってしまったかな。

Ogu5432r_filtered

と、夜空を満喫した。
小屋は無人の避難小屋。H14年に新しくなったようだ。
北相木村役場に事前に連絡、ということになっている。
星空を撮りたいので使いたい、というと、そういう用途に使ってください、とのこと。
ただし、電気も何もないので自衛手段で、と。

Ogup2584

ワンセグのTVはさすがに1局も入らない。
ときおりミシッと温度変化かなんかできしむ音がする以外、静寂。

備え付けのノートには、途中でクマを見た、などという記述も見つかる。
クマがガラスを割って襲ってきたら、などと考えると何にも出来ないので、寝袋をかぶって、やっぱり寝る(笑)。
やがて、無事に朝は来た。

Ogu5457

馬鹿面を撮って、下山。

Ogu5466

足に来ていて、登山時より5分余計にかかって1時間50分かかった。
水は重いけど、充分持ってこよう。1Lしか持ってこず、つらかった。
途中、滝の水を飲んだ。大丈夫かな。

|

« 夜の御座山(2) | トップページ | 故障3兄弟 »

コメント

やはり星景写真では高感度での撮影ができる機材が必須ですね。
色調も自然に見えますし、少なくともWEBサイズであれば、十分な画質だと思います。
フィールドに持ち出す際のサイズや重量、コストパフォーマンスからもX3は現状でベストの1台かもしれませんね。(^^

投稿: ich | 2009年8月20日 (木) 06:30

御座山(オグラサン)佐久市南部から見て一番目立つ山。
三連投の記事を読ませていただいて、これはなかなか
見ることができない星景写真にうーんとうなりました。

すばらしい

折りしもこの間日航機事故の映画をTVで見たばかり
御巣鷹山は御座山の尾根つたいになるのですね

投稿: baja | 2009年8月20日 (木) 17:07

自分もペルセ群は今季一つも画像に残せませんでした。
極大日に雲に阻まれ観察できなかったのが痛手でした。
#それにしても、2,3日過ぎても明るい流星は現れると思っていたのですが..

>北相木村役場
小さな自治体は小回りが効いていいなぁと思います。
こちら、4町4村の合併で新市となりました。
合併で改善された面も多々ありますが、不便に感じることもあります。
やはり、小回りが効かないのがネックです。
担当者も住んでいる地域の人とは限らないし。

>クマ
山のど真ん中に住んでいるクマは比較的安全だと思います。
(昼間いきなり出くわさない限り)夜は眠るらしいです。
自分は山中独りぼっちが怖くて人家に近い場所か開けた場所で星見しますが、
平地では通りかかった見知らぬヒトの方が怖い気がします。
逆に、その人も(自分を)怖いと思うに違いないですけど。

危ないのは中山間地というか、平地との境界付近のクマかな、と思います。
そうなると、自分の方が危ない場所で星見していることになります。orz

投稿: Ken28 | 2009年8月20日 (木) 20:18

連日の飲み会その他で、レス遅くなりました。m(_ _)m

>ich様

 欲をいえばD700の画素の大きいことによる本格的な低ノイズとS5Proの発色を兼ね備えたのがあったらなぁ、思いますがKiss X3もカタログスペックを飾らんがための高画素が心配でしたが、思いのほか使えるという感じです。山には軽さもうれしいポイント。外装は安っぽいけど、天体に使う分にはまったく気にならないし。
 K-7買うつもりだった差額でCD-1にしようか、ステライメージ6にしようかというコストパフォーマンスもうれしいです。

>baja様

 御座山、昼間に登ったときから、いつかはここから夜空をと夢見ていました。(大袈裟)
季節を変えて、また来て見たいのですが、今回ですら就寝時はやや寒さを感じました。
防寒対策をしっかりして、また訪れてみたいと思います。

日航機事故から24年でしたかねぇ、直線距離にすれば御巣鷹山は御座山から6~7kmほどですね。

>Ken28様

 私も結局、極大日に肉眼で数個見たにとどまりました。
去年は、極大の前は徐々に活発化し、極大すぎから2日程度は活発ですが、その後急速に低下したとのことで、
今年は活発なころ天候がだめで、成果が上がりませんでした。
ここへ来たときは、ペルセ群の活動はほぼ終息期だったと思われます。
11/18のしし座群や12/14のふたご座群は新月に近く、条件最良なのでそちらに期待することとします。

>北相木村役場

 御座山は、この村の大切な観光名所です。避難小屋としては立派なもので、その気合が感じられます。
電話対応も親切で、山もよく知っている、そんな感じのする人でした。

>クマ

 実は朝、目が醒めてから登山ノートを見たのですが・・・「登山途中で熊を見ました。」と落ち着き払った感じで記載されていたのにはちょっとびっくり。
 お互い干渉せず、共存できればそれが理想なのですが、自分には、なかなかそんな余裕はありそうもありません。
ごみ集配場や、最近ではお土産屋の味噌ばかり食い荒らした例も報道され、自分のところのようなちょっとしたいなかの山のふもとの熊との事故が懸念されます。
 

投稿: 豚磨 | 2009年8月23日 (日) 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45976151

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の御座山(3):

« 夜の御座山(2) | トップページ | 故障3兄弟 »