« 惨敗、ペルセウス流星群 | トップページ | 夜の御座山(2) »

2009年8月18日 (火)

夜の御座山

 8/17-18の行動記。仕事は一交明け。
夏の甲子園で、地元が勝った。最後の一球まで気が抜けない。
などなど、行動開始が遅くなる。

 久しぶりに晴れたが、透明度は10段階評定で5ぐらい。あまりそそる空ではないが、ダメ元でちょいといってみるか、あの山へ。

 赤道儀なし、KissX3メインのお気軽機材なら、寝袋追加でも、そう苦もなく登れるだろう。

 しかし・・・栗生登山口についたのは17:00。
au携帯は圏外であった。
黎明薄暮に行動するという、熊も気になる。
ラジオ+鈴+風鈴(笑)
いざというときにそなえて、熊よけスプレーも。
なぜか、中波、NHK第二だけ感度良好なので株価に基礎英語に気象通報に(笑)

それに、装備一式を入れたザックがクソ重い。赤道儀なし、ロクナナじゃないのに。
OptioW60だけで身軽だった前回の楽勝感はどこかにいっちまった。
明けはへばる。
2040m峰到着前に、日が落ちる。

Ogup2577

ここの前後は、くさり場があるが、特に困難というほどのことはなかった。
というより、躊躇していても日が暮れるだけ。

2040m峰のあとのくさり場も無事超えて、やせた尾根をたどたどと歩いていると、
突然「バシュー」と聞き覚えのない音。が、すぐに止んだ。
次の瞬間、のどを襲う鋭い刺激で何が起きたか理解できた。熊よけスプレーが枝に引っかかり、少しだけど自分に放射したorz

刺激に咽びながら、暮れ行く空を撮る(笑)

Ogup2578

山頂近くの小屋には、なんとか足元が見える18:45ごろ到着。
au携帯は電波状態不安定。(圏外~時としてアンテナ2本立つものの、通話するとダメ。)
山頂にいってみると、10段階で評定7程度の空にはなっていた。
ちょっと救われた。

|

« 惨敗、ペルセウス流星群 | トップページ | 夜の御座山(2) »

コメント

仕事明けの山行、敬服いたします。とてもそのような元気は無い自分です。
>クマ避けスプレー
当地では、平地にある市の行政センターに早朝クマ公がやってきてドアのガラスを叩き割って侵入したのを守衛さんが目撃、という事件がありました。
クマが時間外に住民票でも取りにきたんかい?と思わず口から出てしまいましたが、当地の守衛さんはクマ避けスプレーも常備しなければならなくなるかも知れません。
ともあれ、何事もなくてよかったですね。
2000m級の山上での星空(画像)を楽しみにしています。

投稿: Ken28 | 2009年8月18日 (火) 21:25

書き忘れました。連投失礼します。
地域によって差はあると思いますが、
当地では、携帯電話の先駆けはau(前身はセルラー)でした。(携帯電話が弁当箱並み?だった時代)
当時、特に携帯電話を必要とした山間地等の現場で仕事をする人たちは皆セルラーを使っていました。
各社が携帯電話事業に参入してからも、しばらくは繋がりやすさでauを選ぶ人が多かったように思います。
(自分は、これに逆らって当初J-Phone(現SB)にしてえらい目に遭いました。)
同番移行を待ってauに鞍替えしたのですが、次第に各社の通信状態に差が無くなってきており、そのままSBにしていればi-phoneを持っていたかも?とまたまた後悔しています。(苦笑)

投稿: Ken28 | 2009年8月18日 (火) 21:53

>Ken28様

 なぜか仕事明けに限って天気がよくて、モチベーションが勝つときは山行になります。
でも、荷の重さが堪えました。
 欲張って銀塩のPENTAX MX、重いFA☆24や結局使わなかった魚眼タクマー55/1.8や予備の電池ごろごろが重量かさみ、機材の厳選も痛感しました。

>クマ
 こちらでも、最近出没が有線で放送されたり、軽井沢の観光スポットに堂々と現れたりと、山奥でなくても油断できない状況になっています。ドーナツ化現象とか呼ぶようです。
労なくして餌を得る、堕落したクマにはクマッタものですorz

>SB
 前職の関係で、できればSBを贔屓したいのですが、先日実弟がiphoneをもって当地を訪れたのですが、現在でも電波状況が良くなく、通話できませんでした。以前はauは比較的山間に強いという評判があり、事実、相方の実家(だいぶ山奥)ではauのみが使える状況がありました。当地でもauは通話品質も良好です。

投稿: 豚磨 | 2009年8月19日 (水) 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/45964145

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の御座山:

« 惨敗、ペルセウス流星群 | トップページ | 夜の御座山(2) »