« 月の地球照 | トップページ | EF 300mm 1:4Lテスト(1) »

2009年8月29日 (土)

TURNING POINT

*istDもさすがにまもなく6年目、いろいろと古いと感じるところが出てくる。
いままで集めたKマウントレンズ達使える、もうちょっとシャキシャキしたやつ、あったらな。
小型軽量とガラスプリズムは、はずせない。できれば専用充電池、画素は1000万あれば充分。
と、漠然とカメラ屋に。

まあ、結論はでないよな。今日の結論は*istDで充分、振り出しにもどる。
いずれこの考えはK-7に収斂していくだろう、自分でもそう思っていた。

だが、中古棚には、いくつか気になるブツが置いてある。
ME super、K10D、EFレンズいくつか。
散歩なら、いっそE-420もいいか。
いやいや、いけない。今日は単なる基礎調査。なにも買わない、金も無い。

ラーメン屋で、汗だくになりながら頭を冷やす。

ラーメン屋を出たら、まっすぐ帰るのだぞ。
しかし、意に反し?手にしたものは、

Llens

型落ちの300/4Lレンズ。
ISなし、フィルター枠損傷、保守適用期間終了で安かった。

星目的なら、手振れ補正イラネ。
ISなしでは売りづらい。
双方の利害が一致した・・・ということにしておこう。

しかし、これで当面、K-7の線はなくなる。
わきあいあいと、またPPにごいっしょさせてもらうきっかけも失うぞ。
6×7用タクマー300/4があるではないか。

ほんとうにいいのか?
自問自答は続いた。
出した結論は、

自分の目的にベストな道具を選ぶ。
本当に欲しいものを買うのが、もっとも経済的。

・・・
・・・
・・・

 その瞬間、はっきりと「主力はCanon」と自分の中でスイッチが切り替わった。
そのかわり、今後は、手持ちのPENTAXとも、心穏やかに付き合っていくことにした。

・・・
・・・
・・・

 コメントくださった皆様には申し訳ありませんが、当ブログの「PENTAXに文句」の関連エントリーは、一定期間後に消していく予定です。m(_ _)m

|

« 月の地球照 | トップページ | EF 300mm 1:4Lテスト(1) »

コメント

おー、掘り出し物ですね。ご購入おめでとうございます。
確かに、普通に売るにはIS無しでは今となると売り辛いかも知れませんね。

フィルター枠損傷というのがちょっと気掛かりですが(ブツケてるのであれば)、
早く星像で試してみたいですね。

>本当に欲しいものを買うのが、もっとも経済的。
同感です。代償だけでは、やはりどこかに無理が来ます。
まあPENTAX PEOPLEとのお付き合いはユルユルでもお願いしたい、と(一応)申し上げておきます。

私も、Nikon用の玉で保留にしているのがあるのですが、もう一度検討してみる気になりました。
そして、いつの日にかナノクリを…なんちゃって。(笑)

投稿: ich | 2009年8月29日 (土) 14:26

>ich様

ショーケースで一目見たときから、運命を感じました(笑)
幸い、遠くの夜景で試写するかぎり、ぶつけたことによる悪影響は感じられません。

ISの有無で中古価格が2倍程違っていました。商売上、大きな鍵を握っていることを、肌で感じました。
PENTAXのボディ側SRは、大きいレンズになると経済性で有利だなぁ、と逆説的に思いました。
レンズ側であれ、ボディ側であれ、天体には却って邪魔なのですが。

いままでの人生、安物買いの銭失いの連続でした。
そういう人生にも、転換期が来ました。来たのかな?

これからもCanonに固執するつもりはなく、より目的にあうものがあれば柔軟に受け入れたいと思います。
Nikonでも(笑)
そうなると、ないものを妄想して無駄に時間を費やすことはなくなりますが、今度はただ単に経済力が問題です(苦笑)

>Nikon用の玉
どんなのが飛び出すのでしょうか(笑)
うーん、ナノクリ・・・(羨望)

>PENTAX PEOPLE
謹慎期間が解けたら(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年8月29日 (土) 20:39


おぉー、この白レンズなら並み居るビデオカメラ群をも蹴散らして
徒競走、騎馬戦のシャッターチャンスも逃さず最前列いけそうな気がするー。

連写の息継ぎには参ります。秒ナンコマよりもこちらのほうが私には重要で、
100mをすべて追っていられないので、どのタイミングから始めたらいいのか
悩みます。

これで残りの運動会期待できますね。

投稿: baja | 2009年8月30日 (日) 11:46

>baja様

 ところがですねー、長い単焦点は運動会には意外と使いづらいです。
そして・・・我が家では、小学生がもういなくなってしまったんですorz
たそがれたり、わが人生・・・トホホ
ということで、これは、ほぼ星撮り専用(鉄にはつかえるかな)となりそうです。

 いままでペンタの場合は、レンズが1本くらい増えても気づかれなかったのですが、長男に「なにこれー!?重たいだけじゃん!」と(無用の長物の意・・・笑)指摘されてしまいました。。。

>連写

 機種によってちがいますが、”機関銃”クラスでないDSLRでは、連続10-20コマ、持続4-5秒が安全圏ですかね。
 カタログ値とずいぶん違うので去年C社に聞いてみましたが、「そんなはずは無い」と埒が明きませんでした。

投稿: 豚磨 | 2009年8月30日 (日) 17:18

主力はCanon・・・なんですね。さようなら管理人様。
自転車はおまけ・・になったんですね。再会できる日が来ますように管理人様。
鉄道の話題がかすかな接点になってしまったんですね、管理人様。
さよ~なら~。

ところでケーナナと土曜日から枕を共にする事になったんですがこいつは
難しい奴ですね。色々と手間隙の掛かる奴、って言うのが今日1日の感想です。
まっ、そのうち管理人様の枕元にもおじゃまするのでは と思ってますが。

投稿: suge | 2009年8月30日 (日) 19:39

>suge様

>主力はCanon

 まあ、星撮りには、そうです。そう決意しました。しかし、星撮りって機会が少ないのです。
本当にいい条件なのは、年に数回です。なので、星でないエントリのほうがずっと多いです。
また、こう決めることで、PENTAX機材とも心安らかに付き合うことが出来ます。
 なので、拙ブログでのPENTAXによる投稿機会はそれほど減らないのでは、と思います。
気分的には"脱藩者"かもしれませんが、より大人のPENTAXファンになるために精神再構築中ということで・・・大目に見ていただきたく、これからもよろしく、とお願いしたいわけです。m(_ _)m

>自転車はおまけ
 確かに、最近あまり乗ってないなぁ(笑)

>ケーナナ
 ゲット、おめでとうございます。
難しい奴・・・調教し甲斐があるわけですよね。
私はといえば、弱点はあるのを承知でなおその魅力に少しづつ陥されつつあります。
今回の白い筒で、予算的には一度遠のきましたが、いつの日か枕元に来ている、そんな予感がします(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年8月30日 (日) 22:03

おお、おめでとうございます!このレンズは星を撮るにはとても良いですね~、開放でも隅から隅までシャープで今一番欲しいレンズです。
・・が、実はトキナ12-24を先日先駆けて手放してしまったので、現在超広角を模索中です。EF300F4Lはまだまだ先になりそうです・・。
それぞれのメーカーに得意の撮影状況があると思いますので、無理をしてまでひとつのメーカーにこだわる必要もないかな?と思います。その都度スイッチを入れ替えられれば良いですね~。

投稿: Fuuma-mfuk | 2009年9月 3日 (木) 00:35

>Fuuma-mfuk様

あこがれのL単、現行商品をまともに買えば相当な出費。
これはちょっと優先順序を変更しても(本当は、あわよくばK-7に逝こうかなと思っていました)ここでゲットしておかないと、まずめぐりえない。
と、貧乏人の思考回路です。

M31とか、大き目の対象をじっくり露出をかけて、狙ってみたいです。
EM-200も、久しぶりに活用したくなりました。

今度は広角側のEFをどうするか・・・EF-SにするのかL単か・・・迷うところです。
今度の7Dがフルサイズでなかったので、しばらくKissで落ち着きそうです(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年9月 4日 (金) 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46059645

この記事へのトラックバック一覧です: TURNING POINT:

« 月の地球照 | トップページ | EF 300mm 1:4Lテスト(1) »