« 水ノ塔山、篭ノ登山 | トップページ | 秋葉三昧 »

2009年10月24日 (土)

自分なりのKiss X3攻略法(風景)

 長年ペンタックスに慣れたこの体?では、どうもKissX3(KissFもそうだったが)の風景での絵がもうひとつしっくりこない。
 しばらく使えば目がエージングされて慣れて来るかと思ったが、違うようだ(笑)
 以下は、あくまでも自分の主観です。

 例えば、こんな画。

Try_0135

キットレンズ広角端、Av絞りF8、評価測光、露出カメラ任せ。

 望遠側はそうでもないが、広角側は露出オーバーに転ぶ場面が多い気がする。
シャドー部のツブれを考えた思想的なものかもしれないが、Kissの素通し的なファインダーのスクリーンが影響しているかもしれない。

-2/3EV補正
Try_0137

-1EV補正
Try_0136 

いつもとは限らないのが面倒だが、思い切って-補正をかけた方がいい場面も多い。
次に、ピクチャースタイル。
与えられたままでは、帯に長し、たすきに短し。

スタンダードS↓でも、適正露出ならまずまずのことも多いが、風景ではインパクトに欠けることもある。

Try_0024s

↓風景L
Try_0024l

青が人工的で、パキパキすぎる。

そこでポートレートP↓
Try_0024p

個人的には、適度にメリハリがあって好きだが、風景にはちょっと赤っぽいか。
唐松の黄色が冴えないし。

↓ポートレートPで詳細設定をいじり、色あいを+2に振ったもの
Try_0024p2

とりあえず、こんな感じかな。
でも、うまく煮詰められないことをどこかで期待している、もう一人の自分。。。

いろいろいじくり回したけど、リサイズしたら、どれも大差ない気もするなぁorz

|

« 水ノ塔山、篭ノ登山 | トップページ | 秋葉三昧 »

コメント

やはり長年親しんだ絵の傾向はそう簡単に変わらないですよね。(笑)
機材が変わっても、結局同じような画になってしまうような気がします。

私も撮影していて、S5ProやX2の露出は少々オーバー気味に感じることが多いです。
PENTAX、というかK10やK-7が若干アンダー気味に撮れることもあるのでしょうが。
内蔵露出計で半段から2/3段くらいアンダー気味にするのがデフォルトになっています。
昔ながらの中央重点測光でマニュアルか絞り優先しか使わないからかもしれません。
本当は評価測光でカメラに任せるほうが失敗は少なそうなんですが・・・。(爆)

投稿: ich | 2009年10月24日 (土) 21:16

>ich様

>長年親しんだ絵の傾向
元をたどれば、私の場合、フィルムなのかもしれません。
風景では、コンデジのOptioW60の風景モードが自分的にはつぼにはまっています。
あの色に近いものを、設定でKissで出ないものかと思っています。
本来の忠実とは違うかもしれません。
どうも、Kissは明るく、というかしばしばだいぶオーバー気味に転びます。
色数が少ないと思っていたのは、露出の問題もあると思います。
評価測光も、何を考えているか良くわからないときがあります。
これも、使いこなしの楽しみなのでしょう。

 

投稿: 豚磨 | 2009年10月24日 (土) 22:43

こんにちは 私も快晴の19日水ノ塔山を歩いていました。紅葉がすてきでした。私はキャノン50Dに70ー200F4の軽いレンズを付けていったのですが風景のショットはすべてがオーバーで「たとえばこんな画」の例と同じでした。風景以外の画は正常露出でした。
設定はプログラムで評価測光です。X3も同じことが起こるのであればキャノンの設定に関する考え方でしょうか。
これからは補正をかけて我慢して使うかそれともオークションに出そうか迷っています。
シャッター音とシャッターの感触が気にくわないので出す方向で考えています。
ちなみに友人がK20でとっていましたが非常にきれいでした。

投稿: ヘンゼル | 2009年10月27日 (火) 17:25

>ヘンゼル様

同日、同じ山にいらっしゃったのですね。良い天気でしたね。

X3はエントリー機なので、明るめな露出をはじくのかと推測していましたが、50Dでもそのような傾向があるのですか。
だとすれば、キャノンの、露出設定に対する考えなのかも知れません。
ISOや露出補正、ピクチャースタイルが操作性の良いところに配置されているので、その気になればいじりながら追い込めますが、山登りメインで撮影は従のときはmなにかくたびれますね。
意図して補正を加えるのならともかく、機械の不安定さをフォローするような露出補正はくたびれます。
ペンタックス(K10D)は、どちらかというとアンダーに転んだので、余計混乱します。

K20Dは、風景には評判良いようですね。これで夜の風景もよければ私も使うのですが。
夜(星)にはキャノンが現状ではだいぶ有利なので、荷物を軽くするには、KissX3を調教していくしかなさそうです(笑)
私など、質感、スピードなど50Dにはあこがれるのですが・・・山はスピードはそんなに問われないので、軽いKissX3で済ませています。

投稿: 豚磨 | 2009年10月28日 (水) 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46568408

この記事へのトラックバック一覧です: 自分なりのKiss X3攻略法(風景):

« 水ノ塔山、篭ノ登山 | トップページ | 秋葉三昧 »