« ファームウェア1.0.6 | トップページ | オリオン流星群にやられた »

2009年10月16日 (金)

白物家電

 洗濯機がストライキをしやがるorz

Aw421s

洗濯が終わってすすぎに移行しない。
脱水も同じく。
4-6万円は飛ぶなぁorz

しかし、モーターなど主要機構は動作している。
なんとなくこれが原因臭い。水位センサー。

Wl84

これの端子を短絡すると、次の仕事をするようになる。
仕方がないから、押しているときだけ短絡するようにスイッチをつけた。
Aw2

そして、水位センサーを部品でとりよせたら、意外にはやく、数日で来た。
1995円だった。
交換したら、ラッキーにも、完治した。6万円浮いた。

※が、これからわずかの日々ののち、再び不調に陥った。結局買い替えた。
今からすれば、プログラムタイマだと思う。2012/10/17記。
また、6万円もせず、2万円強であった(笑)


というわけではないが? K-xを触ってきた。
色は白。なぜかマージャン牌を思い出す。
 
 動作感触。K-mと似た感じ。少し動作音のかどが尖った感じ?はする。高級車のようなK-7の感覚は望むべくもないが、瞬発力アップの結果であるから、嫌いではない。

 ファインダー。K-mは中央重点的5点測距で、スーパーインポーズなしでもそんなに気にならなかった。
比して、K-xは*istDから見慣れたワイドなAFエリア表示である。いままでの条件反射のせいか、赤い光が出ないのは、やはりちょっと物足りない。マンマシンインターフェースはあったほうがやはりいい。

ライブビューは拡大表示しても、K20Dのような荒さはなくなり、使えるようになった。

 高感度の画質・・・わずか数コマではあるが、実際に撮影したデータを得た。K-7より、解像感とノイズのバランスが万人向けになったかな。自分としても、受け入れやすい。ISO6400を常用とした設定だが、ISO6400-では、荒さがしの目でみると、NeatImageを強めにかけたような、細部の消失感が感じられる。
ISO3200までを常用域としてISO6400-は拡張としたKiss X3と比べて特に優位とはいいがたい


※10/17追記
↑当初こう感じたが、絞りの値をみるとF40となっており、回折現象でシャープネスが損なわれたものと思われる。常識的な絞りで撮り直してみると、フィルムライクな、従来からのPENTAXのポリシーに沿った印象であった。以前よりは、より高感度で従来と同じディテールの維持が感じられる。どちらかというと色ノイズは良く押さえられている。

-------------------------------------------------------------------------

 ダークノイズもとってみたが、まるで光線漏れのようなかぶり・・・というか実際光線漏れの可能性が濃いので、評価は保留。DAL標準ズームなのか、新型キャップのせいなのか、ダーク時の光線曳きは以前(K-m評価時)も経験した。

 総じて、今となっては、微妙。昼専用でよければ、*istDを大幅に超える魅力が、自分の場合いまひとつ押してこない。これは主として、ファインダーの見え味と情報表示。しかし、高感度の画質はK-7より個人的に受け入れやすい。Kiss X3を買う前にこれが出てれば、あるいはPENTAX党のままでいたかもしれない。

 でも、いまも、Kマウントレンズ活用のボディ、シャキシャキしたのあってもいいかなと、心の隙間に付け込んでくる(笑)
 ダークノイズ、もう一回追試してみるか・・・。

※10/17ダークノイズ追記
 きちんとしたキャップのできるレンズ(DA10-17魚眼)でやってみた。
ISO1600  バルブ180secでは、一見真っ暗。おもわず「よし、合格!」と叫んでしまった。
だが、バルブに引き続き1600,3200と感度を変えて長秒時NR OFFで30secを3回目撮影したISO6400で、突然画面上半分が明るくなる。NRも含めてトータル通電7分30秒時点ということになるが。
アイピースあたりからの漏光か?(それはそれで問題だが)と疑問に思って、
もう一度3200に戻ってやってみたが、明るいままだった。
こういう撮影をしない人にはまったく問題ないが、ヘビーな星撮りには、多くを期待しないほうがいいかも┐(´д`)┌

|

« ファームウェア1.0.6 | トップページ | オリオン流星群にやられた »

コメント

偶然ですが、うちでも洗濯機が故障中です。(^^;
サービスマンコールのエラーが出ていて、全然動かない様子。
冷蔵庫などもそうなのですが、白物家電って普段あまりメンテナンスなど気にされずに使われていて、可哀想な機械だなと思うことがあります。(笑)

K-x、未だ実物は見ていません。さすがに今は購入対象にはならない感じですし。(^^;
それでもエントリー機としてはかなり気合の入った機種なので、売れて欲しいとは思いますが。

投稿: ich | 2009年10月17日 (土) 05:59

何でも直しちゃうんですねえ。すごいです。

出回り始めた作例を見ると、高感度ではK-xのセンサーの方がサムソンよりずっといいなって感じがしました。
K20とK7のサムソンのセンサーは結局失敗談じゃないかな。K7もセンサーがイマイチのせいでボディの魅力が削がれているように思えました。損してる感じ。

K-xはケーブルスイッチが省略されてるのでやはりパスしますが、あのセンサーで中級機なら、また考えるかも(K7出たばかりなのでしばらく無いでしょうけど)。

投稿: うみほし | 2009年10月17日 (土) 09:19

>ich様

 おナカマー。ってそんなこと言ってる場合ではないのでしょうがm(_ _)m

白物家電:正常に動くのが当然で、しかし車ほどは関心も持ってもらえず、黙々と働く。
いざ動かなくなると、普通、予備機はないでしょうし、本当に困るわけで(苦笑)

 K-x、個人的には、もう少し早く出ていてくれたらなぁ、と思います。
世の中一般には、エントリー機種ですから、そんなに難しい注文つけて買うようなシロモノではないのでしょう。
スタート価格もKiss X3のスタート時よりずっとお求め易いし、同列の比較もナンセンスとも思います。
でも、安くなったとはいっても、生活必需品とはいいがたく、考えさせていただきます。
今朝も初めはお店行く気満々だったのですが、やっぱそんなに焦らずにという気持ちが・・・。


>うみほし様

 もともとは、電気で動く大き目の輸送用電気機器を、本職で修繕していましたから、
電気製品は、一応ダメ元で調査をしてから、新調するようにしています。(デジタルカメラを除く・・・笑)

 K-xの高感度は、下馬評では良くなったみたいですね。今回、肝心なダーク画像、撮影失敗してしまい、保留中です。
顔みただけでこんなところまでやらせてくれるお店には、お布施したいと思います。
でも、ガラスプリズムのファインダー見ちゃうと、Kissみたいなのもう一台増えてもなァ、というのも正直なところです。
K-7のメカ部分に、今回の画像部分をさらにチューンナップして組み合わせたK-7sなりK-2なりを出してくれれば、
死に掛けたペンタファンの心を蘇らせてみたい。やっぱりそのときまで待とうかな。

投稿: 豚磨 | 2009年10月17日 (土) 10:57

今日、所用で上京したついでに秋葉のヨドバシカメラ(K-xのフェアをやっていたので)で触ってきました。>K-x
キットレンズでしたが、AFは思いのほか速いし、連射速度も小気味良い感じ。
先にこれ触ってたらK-7を購入していたかどうか?と思うほどでした。
星撮りだって、結局30秒以上はあまり使う気がしないし・・・。>K-7
その後でキタムラに寄ったら7Dが160K¥・・・えらくお買い得に感じてしまいました。(^^;

PENTAXの「次」が何時出るかは分かりませんが、確かに今は買い時じゃないと思います。
自分が買っておいて言うのもアレですが(笑)、別のセンサーの可能性が出てきた以上、星屋さんにK-7はお勧めしません。(キッパリ)

投稿: ich | 2009年10月18日 (日) 00:23

>ich様

私も再度、いじってきました。
懸命にがんばっているペンタックスを、感じ取りました。

>星屋さんにK-7はお勧めしません。(キッパリ)
実際K-7を購入された方の感想には重みがあります。

しかし・・・別のセンサーを使おうが、ダメなのではないかと。
今のペンタックスには、星屋の希望を叶える余裕はないと結論づけました。

K-x・・・長秒時は幾筋ものピンクかぶり。
数枚撮り続けると、光線漏れのように明るくなり、もはやダークとはいえません。
ダークでさえ、*istDのほうがましな場面も。
エントリーだから仕方がないのか。
ボディSRだから仕方がないのか。
他社もダメなのならば、そういういいわけもありでしょう。
銀塩時代、星撮りにペンタックスが使いやすくてペンタックスファンになった人はあきらめろと。
もう、フィルムも選べなくなってきたし、ペンタファン天文難民の救済策が必要なのでは。
まあ、私はCanonに一段と入れ込む次第です。でも本当は「仕方なく」です。

投稿: 豚磨 | 2009年10月18日 (日) 06:29

自分も当面天文は観音製で、と(渋々)決めました。
(本当に天文だけに絞るなら「冷却CCD」ですが、資金が..)
さらに、ichさん風に付け加えるなら、
星撮りをメインに考えるなら、ペンE-P1も駄目です。
(長秒時NR-off可ですが、あまりに耐えない画像でNR-on必須)
#何はともあれ、星撮りは観音1社で..、というのはあまりに寂しい。

投稿: Ken28 | 2009年10月18日 (日) 10:31

k-xも長秒時の連続撮影は苦手のようですね。
それでも高感度特性は良さそうなので星景写真30秒一本勝負のカメラかな。

投稿: うみほし | 2009年10月18日 (日) 11:36

我が家の東芝のドラム式、リコール対策しました。
液体洗剤が溢れて、電線を侵す恐れがあるそうな。
(フェイルセーフ構造になっとらん)

K-x、金曜日に触ってきました。
K-mに比べて、シャッター音がマイルドになってますが、
Nikon D300に比べると、ガサガサしてます。
Nikonのカルカルカルッという連射音はいいねえ。
CANONのは、バーッって感じで、カメラっぽくないです。

K-xで一番気になったのは、ライブビュー(LV)ONの時の、合焦速度の遅さ。
LV OFFの時は、レンズのトルク反動を感じるくらいの勢いですが、
LV ONにすると、もわぁーっと1秒くらいかけてピントが合います。
こんなので、動き続ける被写体を追えるのか、不安を感じました。

ファインダーはK-7を見てしまったら、もうダメです。
合焦時の赤ランプがないので、フォーカスエイド機能として物足りなさを感じました。

投稿: でぱいゆ | 2009年10月18日 (日) 11:45

>Ken28様

なぜ「黒く写るべきところは黒く」という基本のことが出来ないのか。
しかも、初期のDSLR並かそれ以下に退歩するとは。
それさえ直してくれたらK-xは買う気満々になるのに。
私も、Cに乗り換えは、最初は渋々でしたが、道具として黙々と要求にこたえて動作し続ける、
おのずと絆も強くなってきます。
ニコンもセンサーの大きいのは試してみたいです(が金が)。
ISO102400は誤植かと思いました(笑)
でも、PENTAX党も長くやっていたので、今しばらく気持ちをを引きずることでしょう。

>うみほし様

K-x、高感度の素性はよさそうです。
でも、長秒時を連続すると、意外にすぐに熱が原因で?かぶってきます。
30秒高感度で一発星景ならいいのかな。一こま撮ったら休憩入れるとか。
でも、30秒用のカメラとそれ以上用のカメラ別々に持っていくのも、休憩付きなのも大変なので、
私の場合、もし仮にK-x買っても、夜はKissX3を持っていくことになると思います。。。

>でばいゆ様

洗濯機リコール、ご愁傷様です。

K-xは僕がんばってる、というような音に聞こえます。
Kiss系の、キィーというような音より好きです。
K-7のヌコヌコヌコもどこか余裕みたいなものを感じていいです。
ニコンは、メカが磨かれている感じの音です。
感覚には好き嫌いはあると思いますが。
LVのAFはニコンもキヤノンも遅いです。
私は試してくるの忘れましたが、1秒なら上出来だと思います。
LVは、正確に合わせたいとき拡大してMFで追い込む用途に割り切っています。

やはりK-7との格の違いはファインダーですね。
高感度に強いK-7後継が出たら、ペンタファン復帰もありかな。
それまでは、静かにしています(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年10月19日 (月) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46503561

この記事へのトラックバック一覧です: 白物家電:

« ファームウェア1.0.6 | トップページ | オリオン流星群にやられた »