« オリオン流星群にやられた | トップページ | 自分なりのKiss X3攻略法(風景) »

2009年10月24日 (土)

水ノ塔山、篭ノ登山

 10/19登山記
 2連休なら南八ヶ岳に行きたいのだが、なかなか何かと用事が入る。
比較的近場だが行ったことのない、表題の山にした。
冬季スノーシューで行こうと目論んでいるので、無積雪期に下見を兼ねて。
高峰温泉付近の駐車場からスタート。

Mizu_0022

 実は、もうひとつ考え事がある。
夜には期待にこたえてくれるKissX3であるが、どうも風景には落ち着いたコクのある発色にならない気がする。ピクチャースタイルをL(風景)にすると、空の青の彩度が強すぎ、個人的に好きになれない。いろいろ設定をいじりながらP(ポートレート)を基本にいったほうがしっくりきそうなところまではわかってきた。

 水ノ塔山への登りから篭ノ登山を眺める。ピクチャースタイルP。空の感じは好きだが、地肌がこんなにマゼンタではない。唐松の黄色もイマイチ。

Mizu_0023

水ノ塔山を眺める。

Mizu_0026

地球の歴史的には、ついこの間まで活動していた火山だった様相の登山道。

Mizu_0031

↑フォトショップで色相を+8にしてみた。マゼンタへの偏りはなくなったが、つまらない色になったorz

Mizu_0035

↑水ノ塔山山頂。楽なようで楽でなく(笑)

Mizu_0038

山頂から見えた富士山。アンシャープマスクかけすぎの弊害の例(笑)

Mizu_0071

水ノ塔山から篭ノ登山への稜線。群馬県側を望む。

Mizu_0129

西篭ノ登山(左)を近くに、遠くに北信五岳を望む。こんな感じの写りは好きだ。

Mizu_0142

戻って、篭ノ登山から水ノ塔山方面を眺める。
石楠花の葉の緑をペンタックス的にみずみずしく表現しようと、フォトショップで色相を+にいじる。緑は良くなったが、なにか足りない色がある。

やっぱり、風景はペンタックスの得意分野というけど、それなりに説得力あるのかな。・・・と、K-xをゲットする口実を自分なりに一生懸命考えながらの登山であった。

露出補正あれやこれやと変えてみたり、ピクチャースタイル変更などと、けっこうくたびれた(笑)
この日は終日天気がよく、前エントリのオリオン群観測へと続くのでした。

 

|

« オリオン流星群にやられた | トップページ | 自分なりのKiss X3攻略法(風景) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46568243

この記事へのトラックバック一覧です: 水ノ塔山、篭ノ登山:

« オリオン流星群にやられた | トップページ | 自分なりのKiss X3攻略法(風景) »