« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

K-mの分解

 爺様曰く、ピクトブリッジができない。
調べてみると、あわれK-mのVIDEO PC端子の内部が破損している。
向きが逆のまま、むりに挿入しようとしたらしい。
がっかりする爺様。まあ、OptioW60でもピクトブリッジはできるので、そっちを貸与。

PENTAXに聞いてみると、この修理には最大16,300円掛かるという。
この端子は、ペンタのコンデジと同じっぽい。さいわい、ジャンクのコンデジがあったので部品確保。
分解して損品と交換できれば・・・。

Km_in1

メイン基板が一枚タイプ。脱着にはハンダ付けが必要なのが少々古風。

続きを読む "K-mの分解"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

超広角域を考える

 あなたの落とした斧はこの金の斧ですか、銀の斧ですか?

Ono_kingin

いえ、私のはしょぼい大変実用的なEFS18-55 1:3.5-5.6 ISです。
正直に答えたから、両方あげましょう・・・なんてなるわけが無い。

 キ○ム○のレンタル制度を利用してEFS10-22を、一夜限りともにしよう、というわけ。
保険をいれて3,300円のはかない夢。

続きを読む "超広角域を考える"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

柿と169系(2)

 なんとなく*istDにDA40をつけてお散歩。
今日も、柿の新境地を捜し求めたが、試行錯誤のまま終わる。

Kaki_169p2

*istD/smc PENTAX-DA  1:2.8 40mm Limited/ISO200 RAW トリミング


せっかくの単焦点なのに、トリミングしたら、だめじゃん。
もう一度出直し。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

X2改の試写

 改造後、さっそく試写してみた。11/18撮影。
が、天候不安定で晴れ間が長く継続しないので、風が強く赤道儀もSPACEBOYなので追尾も長く出来ず、参考程度。

Wint

KissX2改/smc PENTAX-DA FE 1:3.5-4.5 10-17mm ED[IF]開放/ISO800  3分
ステライメージ6で、ダーク補正、色毎のレベル補正で色の偏り修正。

続きを読む "X2改の試写"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Kiss X2の天文改造

 しし座群も”終わった”のでX2の天文改造。CMOS前面のローパスフィルター(色補正フィルター)をHα透過IRカットのものに交換する。

 それには、分解。基本的に、外から見えるねじを全部外し、部位別に保管する。一箇所だけ、隠しねじがある。グリップラバーをはがすと見える。

X2kakushi

画像枚数多いので、ご注意。

続きを読む "Kiss X2の天文改造"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

*istDの分解

 ピクトブリッジなど、K-mの使いこなしが徐々に進む爺様から、我が家で最初のデジカメ、当初自分で買った*istDを返還してもらった。
 一方、息子もなにかデジカメないか、という。あとから中古で買った*istDを活用しそうな気配。

 特に具合悪いわけではないが、分解してみたくなった。自分で新品で買ったほうを分解。
(動きの悪い操作部位を清掃のつもりで)

トップカバーはずし。見えているビス全部と、電池室の一本を外すと外れる。

Istd_in1_2

軍艦部の液晶と2ダイヤルは、やっぱりいい。
完全に縁切りするには、フレキとリード線5本を半田で外す必要あり。

続きを読む "*istDの分解"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

柿と169系

 柿の季節。いよいよ冬を予感するけど、柿を見るとちょっとホッとする。
柿に169系を組み合わせてみたいのだけど、思いのほかうまく行かない。

その1
Kaki1_169
画面の整理、難しい。

続きを読む "柿と169系"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

旅先の窓辺

 数日前、中学時代の同級生と、旅に出た。

Gem_wakura

Kiss X3/smc PENTAX-FA 1:2.8 20mm

 宴会の合間、ベランダに出て月夜を撮る。海なし県人には、海はあこがれなのです。
 同室の人に「何とってるの?」と問い詰められたが、もちろん「星」と答えた。隣の旅館の覗きではないつもりだが(笑)。


 KissのIS付きレンズキットのレンズでは、どうしても月のゴーストが出てしまったが、このレンズはクリアに描写した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

通過儀式(X2を含む3兄弟のダークノイズ)

 とまあ、いろいろあって、KissF、X2、X3の3台が集結した。それぞれ比較的開発時期の近い10M、12M、15Mピクセル機ですが、無用な高画素は、かえって画質低下を招くという話もあります。
 天体をとる人のなかではKiss DXのころが一番低ノイズだという情報もあります。ダークだけではなんともいえないのですが、条件を同じにして比較しやすいので、3機のダークノイズを見てみました。

 条件:ISO1600、5分、長秒時NR OFF、高感度NR OFF RAW+JPEG
         
 気温は正確には測っていません(10℃程度)が、3機とも同じ部屋の気温になじませてあります。 

続きを読む "通過儀式(X2を含む3兄弟のダークノイズ)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

高感度の描写特性

 K-xの高感度は評判がいいようだ。KissX3の常用はISO3200までだが、K-xはISO6400を標榜している。感度を変えても露光量が変わらないように、シャッター速度を変えた。

AWB、長秒時NR OFF、高感度NR デフォルト(K-x中、KissX3標準)、JPEG最高画質撮って出し。
カスタムイメージ ナチュラル(スタンダード)
それぞれキットレンズ18-55mm ( K-x35mm域)、絞りF4.5

ISO400/20sec
K-x
K_x4_200

KissX3
Kx3_4_200

なぜか、昼よりも差が少ない。 

続きを読む "高感度の描写特性"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カスタムイメージ vs ピクチャースタイル

 K-xのカスタムイメージの傾向を確認するべく、Kiss X3の該当するピクチャースタイルとも描写を比べてみた。
 (優劣じゃなくて、自分自身のデータベースとして。)

Kx3_default
KissX3/EF-S 18-55 1:3.5-5.6IS(33mm)/  1/500sec  F8  ISO200 AEまかせ

 まず、カメラ任せAvで露出をみるとK-xに比べてKissX3のほうが1/3EVほどオーバーな露出になった。ヒストグラムで見てもK-xの1/640secのほうが適正と思われるので、両機ともMで、

・AWB  ISO200  1/640sec  F8に固定
・D-Range補正等はすべてOFF

とした。
K-xのレンズはsmc PENTAX-DAL  1:3.5-5.6 18-55mm AL (35mm)です。

続きを読む "カスタムイメージ vs ピクチャースタイル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

やっちまった。

 爺様は、最近ピクトブリッジに目覚めた。
K-mからせっせと出力している。

Kmgg

すごい時代になった、と感慨深げ。
 

続きを読む "やっちまった。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »