« 超広角域を考える | トップページ | K-mとお散歩(1) »

2009年11月30日 (月)

K-mの分解

 爺様曰く、ピクトブリッジができない。
調べてみると、あわれK-mのVIDEO PC端子の内部が破損している。
向きが逆のまま、むりに挿入しようとしたらしい。
がっかりする爺様。まあ、OptioW60でもピクトブリッジはできるので、そっちを貸与。

PENTAXに聞いてみると、この修理には最大16,300円掛かるという。
この端子は、ペンタのコンデジと同じっぽい。さいわい、ジャンクのコンデジがあったので部品確保。
分解して損品と交換できれば・・・。

Km_in1

メイン基板が一枚タイプ。脱着にはハンダ付けが必要なのが少々古風。

で、メイン基板をめくる。赤で囲った部分がVIDEO PC端子のあった場所。
Km_in2

が、すでに、パターンが剥離していて、復旧は絶望的。
メーカーだとどう治すのだろう。基板全とっかえ?
この時点で修理に出すと、社外分解品となって、さらに費用が掛かるという。
まさに「貧すれば鈍す」orz

ならば、内部見学。
ペンタのご自慢、ボディSR機構。

素子左下へ最大変位。
Km_inshift1
右上へ最大変位
Km_inshift2

きちんと計らなかったが、3-5mmは動きそう。案外と、大きく動くものだ。

上から。スーパーインポーズはどうしても入らないのだろうか。
先日X2を分解したときは、ペンタミラー稜線接眼部近くに、小さなスペースで収まっていたが。(特許の関係もあるかもしれない)
Km_in3

フロント部。観音と異なり、マウント周りの絞り制御のメカが萌える。
また、手振れセンサーがX-Y 2方向に装備されている。
Km_in4

とりあえずVIDEO PC端子が使えない以外は復旧した。
これは修理に出しても、買うほど高く掛かるので、自分で使うことにする。
代替機は、これから検討。W60けっこう気に入られてしまった(笑)
操作部材が小さいのは、年寄りにはいろいろと難しいようだが。

K-m、なぜか波長があう。
充電電池の場合、K-xより安定しているし、
日中低感度の描写も、色乗りがいい気がするし(厳密に比べたわけではないけど)
CCDとCMOSの写りの違いって、一種の都市伝説のようだけど、そんな気もするし。
長秒時NRがOFF できること、ステライメージ6に対応していることなど、いざとなれば天体にも使えるし。(天体はKiss使うことが殆どだと思うけど。)

Kissシリーズとは別の個性として、気分転換にいいかもしれない。
いまではすっかりキヤノン主力になっちゃったけど、K-mもまた捨てがたい。

|

« 超広角域を考える | トップページ | K-mとお散歩(1) »

コメント

昔、PCのキーボードの端子を無理やり逆さまに突っ込んで、
マザーボードを破壊した人がおりました。
VGA端子のピンを曲げちゃう人も何人も居たっけなあ。
こんなに力が要るのはおかしいと気が付くには、やはり経験が不可欠なんでしょうね。

我が家の給湯器も、コンデンサの劣化が原因で、寒い時点火できません。
ドライヤーで基盤を温めて、点火してますが、
基盤外してコンデンサ交換してみようかと考えています。
うまくいけば、修理代20万円くらい浮くからねえ。

投稿: でぱいゆ | 2009年11月30日 (月) 01:46

>でばいゆ様

正しいと思い込むと、つい信じて力任せにと。
自分も昔、キスデジ改造で、コネクター壊していますorz
電車の併結でも、ジャンパー栓がうまく栓受けに収まらず、レールに落としてしまうことも。
そうすると、加圧している端子はショートして、ヒューズが飛びます。
すべてを点検して、飛んでいるのを交換して・・・。
やはり挿入には経験が(以下略)

季節柄、給湯器は動いてくれないと困りますね。20万円ですか。やってみる価値ありますね。
ご健闘をお祈りします。
我が家では、10月に直したはずの洗濯機がここへきて再びストを起こします。
どうも、水位センサーそのものではなくて、そこへの配線の劣化の感じです。
線をひっぱると何も無かったかのように動き出すことも。
リード線300円ですむか、ここへきて6万円出費になるか、これから一勝負です(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年11月30日 (月) 11:27

配線劣化の件ですが、東芝の洗濯機がリコールやってます。
液体洗剤が配線の上にかかって、最悪被覆がはがれてショートするそうな。
念のため、液が付着した跡がないか、線をたどってみてはいかが?

投稿: でぱいゆ | 2009年11月30日 (月) 21:52

前の職場で、外付け汎用カードリーダにCFカードを裏返しに差して壊した女性がいました。
何か変?と思ってカードリーダをよく見ると、受け側ピンがひん曲がってました。
SDカードのような端子形状だと余り考えられない事故ですが、観音様などはつい最近まで
CF主流でしたから、カメラの受け側ピンを壊しでもしたら..と思うと、ぞっとします。
(天文用デジ一眼は観音製がメインだし、夜間使用だし、自分も気をつけないと..)

ピクトブリッジはカメラとプリンタをUSB1本で実現しているのですね。
横着したいときは、カメラからカードを取り出してプリンタへ差すだけでプリントできる?
..と、思ってました。(汗)
実は、年賀状以外はプリンタを使わないものですから、し、知らなかったのです(大汗)

我が家の爺様は、パソコンとデジカメを繋いでPC側へファイル転送しているようです。
(デジカメ用メモリカードを追加購入してないようです)
見ていると、パソコンで画像への文字記入などを施してから印刷しているので、こういう
画像加工技術は自分の方が習わないと..(苦笑)

投稿: Ken28 | 2009年11月30日 (月) 22:35

>でばいゆ様

 洗濯機、修理を試みましたが、却って駄目になりました。
制御基板の一部(コネクター付近)の腐食と思われますが、検証するには、防水の樹脂で基板がモールドされているため、壊すしかありません。
 ただでさえ、年末は物入りなのにorz

>Ken28様

物理的に、逆差しができないようなフールプルーフの構造にすればいいのに、と思います。
今回のPENTAXのこの端子は、一応、逆に差してもはまらないような形状になっています。
が、なお、強引に押してしまうと中の電極が破損してしまいます。
メーカーとしては想定外、ということでしょう。
 デジイチはコンデジほど小さくする必要は無いので、もう少し大きくはっきりした形状にすると、高齢化社会にはいいとおもいますが。

画像加工技術…熱心な方のはすごいなぁ、と毎年ながら思います。
なかなか、気が向きませんが(苦笑)

投稿: 豚磨 | 2009年12月 1日 (火) 22:33

いつもながら感心いたします。
分解の類いは自分も好きですが、家電製品など、ちゃんと動かないと困るものや、大事にしたいものは専門家に任せることにしています。
この辺りはスキルとの兼ね合いで、PC関連だと結構積極的になれるのですが。(笑)

〉CCDとCMOSの違い
都市伝説かは分かりませんが、時々K10Dを使ってみると特に暗い場面の写りは
K-7よりも好みに合う気がしています。
代替え機、K200Dなんか良さそうですが・・駄目かな?(笑)

投稿: ich | 2009年12月 2日 (水) 08:30

>ich様

洗濯機は、耐用年数7年といえばそうです。H15・1月より使用でしたから。
家人が、「これで新しいのが買える( ^ω^ )」と嬉々としているのを見ると、修理する気も失せます(苦笑)。
結局、現状と同様の新品は19,800円でした。たまたま特価放出品で、予定より安く済みました。
リサイクル料に3,000円強とられましたが。
きちんと直すには、部品の入手が不可欠ですが、ユニット交換では、新品を買うのと経済的には大差ないことも多く、
これで世の中、需要というものが循環していくのでしょう。

分解は、なかばそれが趣味なので、困りものです(笑)
防塵防滴なら、ある程度歯止めは掛かるかな。

CCDだからのかはよく調べていませんが、K-mの昼間の写りは、けっこう肌が合うような気がしています。K200D・・・同CCDで、防塵防滴もはいっていて幻の名機かも。でも爺様用ではなく、自分が欲しくなりそう(笑)

投稿: 豚磨 | 2009年12月 2日 (水) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-mの分解:

« 超広角域を考える | トップページ | K-mとお散歩(1) »