« 柿と169系(2) | トップページ | K-mの分解 »

2009年11月26日 (木)

超広角域を考える

 あなたの落とした斧はこの金の斧ですか、銀の斧ですか?

Ono_kingin

いえ、私のはしょぼい大変実用的なEFS18-55 1:3.5-5.6 ISです。
正直に答えたから、両方あげましょう・・・なんてなるわけが無い。

 キ○ム○のレンタル制度を利用してEFS10-22を、一夜限りともにしよう、というわけ。
保険をいれて3,300円のはかない夢。

 一般の使用状況を考えれば、焦点域のレンジの広さ、USMによるスムーズな駆動、KissX3なら周辺光量補正が効くなど、EFSのほうになる。
 しかし、狙いは星景。そうなると2.8通しの口径比、しかも一絞り絞れば周辺光量も十分などとトキナーのほうも捨てがたい。
 借りれるのは、EFSのほうだけ。(設定がメジャーな売れ筋しかない。ああ、K-xもレンタル制度の対象になっていれば・・・よく調べれば、K-xも借りられますね。あーあ)

 さあ、かりたはいいけど、一般の風景にさあ、どうつかったらいいのやら(笑)
10mmの圧倒的なパースに振り回されてしまう。
22mm(ライカ判換算35mm程度)が望遠のような錯覚に陥る。

Ueda_csl

紅葉も見ごろを過ぎて終わり。

Ueda_csl3

望遠端が22mmなので、トキナーATX116よりつぶしは利くけど。
さて、星を試したい夜。しかし、雲りorz
仕方が無い(?)ので、隣町のイルミネーションで。

Ilum_kashi1

5.6まで絞れば、描写の面ではどんな場面でも困るようなことはなさそう。
こうしているうちに、雲が切れて星がのぞいてきた。
工場地帯で、無粋にも星景(笑)

Win_hex_fix

KissX3/EFS10-22mm(10mm)F4.5/ISO800  30sec
冬の大六角形も楽勝に収まる画角。

さらに月も沈みちょっと市街を外れて星野。

Win_hex_guide

KissX2/EFS10-22(10mm)F3.5→F4.5に絞る/ISO800  5min
SPACEBOYで追尾

星野では、魚眼とあまり代わり映えしないかも。地上のはいった星景に使ってこそ生きる、
そんな気がする。


上記画像の左隅拡大。
細かくみていくと10mm端では、3.5開放は画面隅では三角のコマ収差がやや目立つ。すっきりさせるためには5.6まで絞りたい。

F3.5
Efs10_test35c

F4.5
Efs10test_corners

また、周辺光量落ちも10mm端開放では著しい。
KissX3周辺光量補正なし
Vig_efs10nc

補正あり
Vig_efs10c

この点は、JPEG撮ってだしでも補正ありが選べる純正の強みともいえるし、
GANREFで見る限り、トキナーは一絞り絞ればレンズそのもので周辺光量が良好なので、それはそれでよい選択だし・・・なやむ(笑)

まあ、いずれのブツにするにしても、高い買い物であるから、使いこなしを良く考えて投資することにしよう。
一夜を共にすると、そちらに情が移るのかな・・・。

|

« 柿と169系(2) | トップページ | K-mの分解 »

コメント

初めて知りました>レンタル制度
なかなか考えた制度ですね。使ってみて気に入ったら購入に至る例もあるでしょう。
1日借りるだけで3k余円払うわけですから、(購入に至らずとも)陳列棚に飾っておくだけよりは稼いでくれますしね。
それにしても、せっかくこの制度を知ったのに、出かけられないのが何とも悔しい。
とりあえず、晩秋・初冬の悪天候を表向きの言い訳にして、我慢の子です。(泣)
(#怖くてキ●ムラ店へ出かけられません)

投稿: Ken28 | 2009年11月26日 (木) 21:54

購入前のチェックができるというのは良いですよね。
ボディの方も有るようですが、人気のあるモデルは順番待ちが有りそうなのと、かなり良い値段ですね。(^^;
それでも、5DMk2とか簡単には買えないクラスの機種を試せるのは魅力があるかも。

投稿: ich | 2009年11月27日 (金) 04:30

>Ken28様

今回は、ある程度目的は絞れたのですが、先立つものがない。
こういったとき目的にあわないのに変に中途半端なものを買ってしまう、という自分の悪いクセを反省するための?
ケーススタディです。
欲しいものが、はっきりしているならストレートに買ってしまったほうが無駄が無いのですが、
このクラスのレンズは、KissX3ボディより高価なブツですので。。。意気地なし(笑)

レンタル用の個体は、専用のものを用意しているようです。
ちょっと腫れ物に触るような、気分になります。

>ich様

EOS一桁機など一泊一万円を超えるようですが、待ちになるような人気のようです。
特に天体人には、一般の評価とは違う条件、観点の性能が知りたいことも多く、活用すればいい制度だと思います。
ただ、メジャーなものに限られるのが少々残念です。
PENTAXもメーカーのレンタル制度があるようですが、地方の人間には貸し出し返却の時間、交通費を考えると事実上無理ですし。

投稿: 豚磨 | 2009年11月27日 (金) 07:26

こんにちわ。
キ○ム○にもレンタル制度があったとは初耳です。
僕はマ○プのレンタル制度を利用しています。手元に置いておいても使う回数の少ない高価なレンズは、ここぞ!というときだけレンタルできるのは喜ばしいことで・・・

僕は14mmとか超広角レンズを使ってみたいですけど。今のところ、僕のセンスでは使いこなせない(涙)

投稿: みっちゃん | 2009年11月27日 (金) 15:26

>みっちゃん様

>キ○ム○にもレンタル制度があったとは
よく調べてみたら・・・先月開始したばかりの、新しい制度のようです。
(数日で売ってしまったPENTAX K-xも・・・レンタルあったorz)

高価なレンズは、ここぞ!というときだけレンタルできる
・・・そういう使い方がうまいやりかただと思います。

フルサイズで14mmって、強烈な個性があるでしょうね。

投稿: 豚磨 | 2009年11月27日 (金) 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46863686

この記事へのトラックバック一覧です: 超広角域を考える:

« 柿と169系(2) | トップページ | K-mの分解 »